【福島県の人気&おすすめ観光スポット25選】ハワイアンなど定番観光地から穴場スポットまで完全ガイド!

3

福島県の観光地、皆さんはいくつご存知でしょうか。

東北地方の玄関口に位置する、この県。
実は、東京から新幹線で1時間30分という好立地であること、
知っていましたか?
アクセスがよいと、週末を利用した旅行にも便利ですよね。
県内には、自然豊かな景勝地や史跡などが数多く点在しています。

そこで今回はこの地を訪れる方のために、
選りすぐりのスポットをまとめてみました。
25カ所ご紹介しますので、是非最後までご覧ください。
歴史ある街並みからハワイアンまで、盛りだくさんですよ。

1. 鶴ヶ城(若松城)

fukushima_spot_1.1

難攻不落の名城とうたわれた鶴ヶ城は、
戌辰の戦役の中でも落ちなかった名城。
春は満開の桜、冬は城につもる雪と絶景が見られる、人気のお城です。
3月には、プロジェクションマッピングもやっています。

国の史跡に、指定されています。
若松城の歴史は、室町時代に蘆名(あしな)氏第7代当主・蘆名 直盛が、
前身となる東黒川館を建てたのが始まりと言われています。
たびたび城主が変わり、明治時代に廃城とされました。

■ 基本情報

  • 名称:鶴ヶ城(若松城)
  • 住所:〒965-0873 会津若松市追手町1-1
  • アクセス:会津若松駅下車、まちなか周遊バス「ハイカラさん」「御薬園」下車
    (御薬園まで徒歩3分)
  • 営業時間:午前8時30分~午後5時まで(入城締め切りは4時30分)
  • 定休日:無休
  • 電話番号:0242-27-4005
  • 料金:共通券(大人)510円、大人410円、小人150円
  • 公式サイトURL:http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html

2. 大内宿

fukushima_spot_2.1

昭和56年に、重要伝統的建造物群の指定されました。
茅葺き屋根の民家は、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として、
重要な役割を果たしてきたことで有名です。
通年を通して120万人の観光橋が訪れ、江戸時代の町並みを堪能しています。

また、ここに訪れたらぜひ食べて頂きたいのが、「ねぎそば」です。
お椀にそばとダシつゆが入っており、
薬味がトッピングされた至って普通のそばなのですが、
なんと、太い白ネギをお箸のかわりにして食べるんです。

■ 基本情報

  • 名称:大内宿
  • 住所:〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内
  • アクセス:会津鉄道「湯野上温泉駅」よりタクシーで約10分
  • 営業時間:9:00-17:00頃(店舗により異なる)
  • 定休日:
  • 電話番号:0241-68-3611
  • 公式サイトURL:http://ouchi-juku.com/

3. スパリゾートハワイアンズ

fukushima_spot_3.1

雨や雪の時にも楽しめるレジャー施設。

fukushima_spot_3.2

イベントやフラガールのショー、プールや温泉など楽しみ方は無限大。

大人から子供まで、1日じゅう遊びつくせるスポットとして非常に人気です。
ちなみに、前身・常磐ハワイアンセンターは、
施設の誕生から成功へのサクセスストーリーを描いた、
映画「フラガール」で話題になりました。

■ 基本情報

  • 名称:スパリゾートハワイアンズ
  • 住所:〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
  • アクセス:路線バス新常磐交通「ハワイアンズ行」で約13分、タクシーで約10分
  • 営業時間:9:30~22:15
  • 電話番号:0246-43-3191(代表)
  • 料金:入場料大人3,240円(税込)小人2,060円(税込)
  • 公式サイトURL:http://www.hawaiians.co.jp/

4. いわき市石炭・化石館ほるる

fukushima_spot_4.1

いわき市内で発掘された、化石などを展示しています。
貴重な化石が展示されているので、化石や歴史がすきな方には特におすすめ。

また化石のみならず、戊辰戦争の終戦直後に発見され、
19世紀後半から20世紀前半にかけて開発された、
炭坑・常磐炭田の歴史や炭鉱夫の生活に関する資料、
地球誕生の歴史を裏付ける国内外の化石なども、展示されています。

■ 基本情報

  • 名称:いわき市石炭・化石館ほるる
  • 住所:〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
  • アクセス:湯本駅から徒歩10分
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:第三火曜日、1月1日
  • 電話番号:0246-42-3155
  • 料金:
    一般  650円(580円)
    中学生・高校生・大学生  430円(390円)小学生  320円(290円)
  • 公式サイトURL:http://www.sekitankasekikan.or.jp/index.html

5. 五色沼

fukushima_spot_5.1

約3.6キロに点在する湖沼群。
色とりどりの沼があるのが特徴です。
お土産屋さんやちょっとした食べ物屋もあり。

の辺りには、毘沙門沼・弁天沼・青沼・赤沼・深泥沼を始めとする、
大小あわせて数十にも及ぶ、沼が点在しています。
これらの沼が、緑・赤・青など様々な色合いになっているのは、
水生植物や藻、流入してくる火山性の水の影響なのだそう。

■ 基本情報

  • 名称:五色沼
  • 住所:〒966-0401  福島県耶麻郡北塩原村
  • アクセス:猪苗代駅から「五色沼入口」で下車、バスにて35分
  • 電話番号:0241-32-2511
  • 公式サイトURL:http://www.urabandai-inf.com/urabandai/goshiki.html

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. taiwan_eye

    2019-5-22

    台湾に行ったら絶対に食べたい!名物の美味しい小籠包の人気&おすすめのお店5選

    台湾といえば小龍包です。 たくさんの小龍包のお店が並んでいて、 どこに行ったらいいか迷う…という方も…
  2. stngift_eye

    2019-5-21

    東京駅構内で買える人気お土産ランキングベスト10

    東京駅構内で購入できる人気のお土産を 勝手にランキングしてみました時間がない乗り換えの途中でも、パパ…
  3. saitama_eye

    2019-5-21

    都心からすぐに行けるダサくない埼玉 埼玉県の人気&おすすめのデートスポット10選

    都心から1時間圏内で移動できる埼玉県には、 素敵なデートスポットがたくさん今回は、特にカップルにオス…
  4. kyosera_eye

    2019-5-20

    これでコンサートもバッチリ! 京セラドーム大阪の座席表と見え方

    京セラドーム大阪で行われるコンサート、ライブなどのチケットを見て 「座席がどの辺なのか色々調べてもわ…
  5. shiranone_yadoeye

    2019-5-18

    白骨温泉の人気&おすすめの宿10選

    白骨温泉は、乗鞍岳の東側山腹、樹林に囲まれた湯川渓谷にある秘境の温泉です多くの文人・墨客に愛され、中…

ピックアップ記事

  1. powerspot_eye
  2. hamburger_eye
  3. gum_resteye

注目記事

  1. station_eye

    2019-5-23

    ここはホントに駅ですか?日本全国にあるちょっと変わったユニークな駅15選

  2. sanurcafe_eye

    2019-5-21

    バリ島 サヌール周辺の人気カフェ&レストランまとめ

  3. fukdome_eye

    2019-5-20

    これでコンサートもバッチリ! 福岡ドーム(ヤフオク!ドーム)の座席表と見え方

ページ上部へ戻る