【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【5】イスファハン(イラン・中近東)

isfahan

イスファハン ~イラン~

世界遺産でペルシア文化の粋を満喫!

meidan-emam_eyeイラン高原最大の川、ザーヤンデ川の中流に位置する『イスファハン』。「イランの真珠」とも称えられる美しい古都です。

その栄華の始まりは400年以上前にさかのぼります。シルクロード貿易の要衝として重要な位置にあった『イスファハン』に、1597年、サファヴィー朝の王「アッバース大帝(1世)」が遷都を行いました。
大帝は自らの基本設計のもとに都市計画を推進し、政治、経済、宗教、文化などを集中した王都を構築。「エマーム広場」を中心に宮殿や寺院、バザール、橋など今でも残る壮大な街並みができあがりました。

meidan-emam2

ここで絶対に見逃せないのが、世界遺産の『エマーム広場』。南北512メートル、東西159メートルの長方形の広場は、ロマンチックで美しく、1日中いても飽きることがないほどです。広場の四辺にはそれぞれモニュメンタルな建築物が配置されていますが、なかでもイスラム建築を代表する傑作として名高い「マスジュデエマーム」(南辺)、タイルのアラベスクが格別に美しい「シェイフロトフォッラーモスク」(東辺)は必見です。

水タバコをくゆらせてみよう!

water-pipe
北にある大バザール(市場)は、イラン人の日常が垣間見られる雑多な路地が広がっています。美しい手仕事の工芸品を売る店、食材店、雑貨屋などあらゆる店が集まり、散策はワクワクの連続!
有名な水タバコが体験できるチャイハネ(カフェ)には、ぜひ行ってみてください。

イランは親日家が多いことも特徴のひとつ。日本人を見ると、カタコトの日本語で話しかけてくる人も少なくありません。

si_o_seh_pol「エマーム広場」の他にも、33のアーチをもつ壮大な「シー・オ・セ橋」など、時間があればあるほど楽しめる街、イスファハン。できれば、3日くらい滞在できると満喫できますよ。

イスファハンに関する記事は↓↓↓にもあります!
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】14.イスファハンのイマーム広場(イラン)
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】15.イスファハンのマスジェデ・ジャーメ(イラン)
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】16.ペルシャ式庭園(シラーズ・イスファハン/イラン)

ワンポイントアドバイス
イランはイスラムの戒律がとても厳しい国のひとつ。酒類の持ち込みや飲酒は固く禁じられています。また、女性は観光客であっても頭髪を含む肌の露出は禁止されているので、長袖、パンツ、スカーフ、ストールなどを忘れずに持って行くようにしてください。

イスファハンへの行き方
シラーズ(イラン)まで飛行機、東京から中近東やヨーロッパ経由で12~13時間が目安です。
通常、シラーズからイスファハンへはヤズド経由でバスでの移動となります。シラーズからヤズドは、バスで約5時間30分、ヤズドからイスファハンまでは約4時間かかります。

イスファハーン

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る