【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【47】オーストラリアの伝説のステーキ(オーストラリア・オセアニア)

Carpetabg Steak_eye

かなり斬新なステーキ ~オーストラリア~

シルエットがカバンに似ているからこの名前!

今回ご紹介するのは、『カーペットバッグステーキ』(carpetbag steak)。
1950年代~1960年代にオーストラリア全土で爆発的に流行した、伝説のステーキ料理です。最初はイギリス系のアメリカ移民が作ったもので、その後、海を渡ってオーストラリアで流行したそうです。

Carpetabg Steak

特徴は、スバリ
ステーキに牡蠣が挟んであるんです!
う~ん、かなり斬新な料理ですよね

厚みのある肉を焼きながら、同時に塩とコショウを振りかけた牡蠣を、鉄板の上でフツフツしているたっぷりのバターにのせてさっと焼き、白ワインを振りかけます。
火が通ったら、焼いていたステーキを横に切って、袋状にし、そこに焼いた牡蠣を詰めて、それから好みに具合に焼いてもらうのです。
お店によっては、生の牡蠣を詰めて、それからステーキを焼くとこもあるようです。でも、ちょっとこれって、怖い

CarpetbagSteak

カーペットバッグ ステーキ』という名前は、ステーキのシルエットがカーペット地で作られたカバンに似ていることから付けられたのだとか。

一緒に飲むワインは、白?赤?
牡蠣はシーフードだから白・・・でも、ステーキは赤・・・
やっぱりここは赤かな

こんなグルメが楽しめる、オーストラリア(Australia)(オセアニア)をぜひ訪れてみてください。

プチ情報
オーストラリアでは、いろいろなお肉を食べることができます。
「これも食べられるの?」と驚きのお肉をご紹介しましょう♪

《ワニ》Crocodile

ワニ肉は、オーストラリアの先住民であるアボリジニ(Aborigine)が、昔から食物としてきた肉です。肉質は鳥のささみのような食感で、高たんぱく低脂肪でカロリーも低く、とても体に良い食材なのです

《カンガルー》Kangaroo

実は、オーストラリア固有の動物の中でも、食用としてポピュラーなのがカンガルーなんです
カンガルーのお肉は「ルーミート」(roomeat)とも呼ばれていて、野性味のある香りと低脂肪、低カロリーが特徴です。鶏肉と比べても、高タンパクでヘルシーなのです。

roomeat

《エミュー》Emu

エミューは、ダチョウと同じく、飛べない鳥。肉質は鶏肉とは全く異なり、赤身でおいしいといわれています。また、高タンパクながら低カロリー、低コレステロール、低脂肪です。
ソーセージのように燻製にして食べるのがお勧めです

↓↓↓↓↓ こんな斬新なステーキが食べられるオーストラリアの人気都市シドニー(Sydnety)(オーストラリア)↓↓↓↓↓

シドニー

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る