【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【73】スイスのチーズフォンデュ(スイス・ヨーロッパ)

fondue_eye

とろとろチーズフォンデュでポカポカに! ~スイス~

実はとても簡素な料理!

スイスの名物料理である『チーズフォンデュ』(cheese fondue)は
質素な食べ物です。
いかにも堅実なスイス人らしい料理ともいえます。

溶けたチーズに小さく切ったパンを長い柄の串に刺し、
くるくると回しチーズに絡めて食べます。
この最も一般的なチーズフォンデュは、
「フォンデュ・ヌシャテロワーズ」(ヌシャテル風フォンデュ)と
呼ばれています。

このチーズフォンデュで使用されるのは、
エメンタールチーズとグリュイエールチーズの2種類で、
加えるお酒類は白ワインとキルシュだけ、
香りづけにレモン果汁やナツメグは加えますが、
他、野菜等の具はチーズに加えないという、簡素なチーズフォンデュです。
fondue_1

土鍋、あるいは厚手の銅鍋に、
香りづけとして最初からニンニクのかけらをこすりつけて、
食卓でコンロを使って調理しながら、日本の鍋料理のように
大勢で囲んでワイワイおしゃべりしながら食べます。

しか~し!
スイスでは、串に刺したパンを鍋の中のチーズに落とすと
罰ゲームが課せられるそう。
ところによっては、女性は食卓を囲んでいる人たちみんなにキスを、
男性は白ワインを一杯ずつ奢らなければならないのだとか・・・

fondue_2

スイス人が考案した素晴らしいチーズ料理!

もう1つ、スイスのチーズ料理として有名なのが
ラクレット』(raclette)。

グリュイエールやエメンタールというチーズを
暖炉の火にかざし、溶けてきたところをヘラのようなもので削り、
茹でたジャガイモの上に落としていきます。

「ラクレット」とは、フランス語で「削るもの」「引っかくもの」を
意味するところから、この名前がつきました。

raclette_3

とろとろと流れ落ちていくチーズを眺めていると、
暖炉の暖かさもあって、だんだん体が温まってきます。
茹でたジャガイモと熱々のチーズを「フウフウ」吹きながら口にし、
スイスの白ワインを飲みながら、
つい何回もお代わりのお皿をだしてしまいます・・・

レストランでは、お皿の底に数字があって、
何回お代わりしたかがわかるようになっているそうです。

人気のテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」の中でも、
暖炉にかざしてチーズを溶かして食べる食事の場面で、
メニューとして登場してるんですよ!

raclette_5

こんなチーズフォンデュやラクレットが楽しめる、
スイス(Swiss)(ヨーロッパ)をぜひ訪れてみてください。

↓↓↓↓↓ スイスの絶景やグルメについて、こんな記事もあります!↓↓↓↓↓
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】22.スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ(スイス)
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【45】ヨーロッパの国々でデザート三昧 - スイス・フランス・ベルギー・ポルトガル編(ヨーロッパ)
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【68】ヨーロッパのチーズ(フランス/イタリア/スイス/オランダ/イギリス・ヨーロッパ)

プチ情報

記事の中で紹介した、「チーズフォンデュ」や「ラクレット」以外で
スイスの名物料理といわれているものについて、ご説明しましょう。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. uniquehotel_eye
  2. kansai_hotel_15

注目記事

  1. kyoto_eye

    2021-5-6

    【大人の京都一人旅】おすすめスポット11選!京都が私を呼んでいる(=^・^=)

  2. japan_staba_eye

    2021-4-19

    日本全国【大人お洒落なスターバックスコーヒー10選】旅の目的はスタバ!☕

おすすめ記事

  1. osaka_sweets_eye
  2. japan_zekkei_eye
ページ上部へ戻る