【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】38.世界最大規模の原生林 オリンピック国立公園(アメリカ・北米)【動画あり】

OlympicNationalPark_eye

オリンピック国立公園(Olympic National Park) ~アメリカ~

3つの異なる土壌からなるユニークな国立公園!

『オリンピック国立公園』(Olympic National Park)は、ワシントン州、オリンピック半島(Olympic Peninsula)にあるユニークな国立公園です。公園は「太平洋の海岸線」「オリンピック山脈」「温帯雨林」の、3つの大きく異なる土壌に分けられます。

公園は高いオリンピック山脈により大陸本土から孤立した半島にあるので、オリンピックマルモット等、他では見ることができない多くのユニークな植物種、動物種が進化しています。Animal

オリンピック半島の南西の海岸線は、北米太平洋岸で最も北の氷河の無い地域で、約1万年前に終了した最後の氷河期においては、山から海岸まで今の2倍の距離がありました。それにより、植物や、野生動物にとっては一時的な避難場所的な役割となり、その後の固有生物の生息地の原因ともなっています。

また、オリンパス山(標高2428メートル)を最高峰とするオリンピック山脈の西山麓には、コケやシダが繁茂する多雨林が広がっています。木々には緑のコケが巻きつき、まるでひげのように垂れ下がります。太古のままの原生林で、その広さは世界最大規模。90キロメートル続く入り組んだ海岸線も太古のままで、森林が迫る切り立つ断崖や原始の沼など、変化に富む風景が続きます。olympic national park

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「オリンピック国立公園(アメリカ)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント

オリンピック国立公園の観光は、シアトル(Seattle)から1日で見る場合、まずポートエンジェルス(Port Angeles)の街からハリケーンリッジ・ビジターセンターを訪ずれ、高山地帯を見学、次にラプッシュ(La Push )にて海岸線を見学、最後にホー・レインフォレスト(Hoh Rainforest)を見学するとちょうど丸1日かかります。

Hoh Rainforest

もちろんこの日程だとかなりの駆け足となるので、じっくりと見学したい方はポートエンジェルスかクレセント湖(Lake Crescent)で1泊することをオススメします。

[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/watch?v=NEMQdNYbBds” style=”co-yellow” margin=”0%” url=”https://travelzaurus.com/” title=”トラベルザウルスドットコム” desc=”旅行の面白情報が満載♪興味があれば今すぐチェック!” img=”https://travelzaurus.com/wp-content/uploads/2016/11/ピンクザウルス2-1.png” adtype=”5″ colorbg=”#1e73be” colortext=”#ffffff” time=”5″]

オリンピック半島

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る