【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】66.スコータイ(タイ・アジア)【動画あり】

Sukhothai_eye

スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町(Historic Town of Sukhothai and Associated Historic Towns) ~タイ~

城壁に囲まれた都・スコータイ

バンコクから北へ約440キロメートル、タイ北部の南端に位置する古都『スコータイ』(Sukhothai)。
スコータイ』は、1238年に築かれたタイ最初の王朝の都。200ほどの遺跡群は、3重の城壁で囲まれています。
ここから、「幸福の夜明け」を意味するその名のとおり、タイの歴史の幕開けといえる時代がはじまりました。

仏塔が林立する「ワット・マハタート」(Wat Phra Mahathat)は王室の寺院。歩く姿をした遊行仏は、スコータイ美術独特のものです。

そんな当時の栄華を偲ばせる荘厳で美しい遺跡群は、東南アジアで最も価値のある史跡のひとつと言われています。

Sukhothai_2

三重の城壁に囲まれたスコータイ旧市街とその周辺には、大小200以上の遺跡が点在し、歴史公園として整備されています。
広い歴史公園をゆっくり見て回るには、レンタサイクルがオススメです
夜間のライトアップは幻想的で、昼間とはまた違う美しさを楽しむことができます。

Sukhothai_1

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「スコータイ(タイ)」を訪れてみてください。

↓↓↓↓↓タイの観光スポットに関連する記事はコチラ!↓↓↓↓↓
タイ旅行の人気&おすすめ観光スポット30選!絶対に行くべきタイ旅行の観光名所を紹介!

知らなきゃソン!旅のヒント
スコータイ
へは、バンコク(Bangkok)から飛行機・バス・鉄道などで行くことができます。

飛行機
スワンナプーム国際空港からバンコク・エアウェイズ(PG)直行便で毎日約3便。所要時間は約1時間15分。
・バンコク・エアウェイズ公式サイトURLhttp://www.bangkokair.com/full/en(英語)

鉄道
バンコクのフアランポーン駅(Hua Lamphong Station)発ピッサヌローク駅(Phitsanulok Station)、またはサワンカローク駅(Sawankhalok Stastion)下車。所要時間は約7時間。駅から路線バスでスコータイまで約1時間。
・SRT(State Railway of Thailand)公式サイトURLhttp://www.railway.co.th/home/(英語)

バス
バンコクの北バスターミナル(モーチット2)からノンエアコン、エアコンバスが8:00~22:30の間、毎日運行されています。
公営のほか私営バスも運行されていて、所要時間は約7時間。
・Transport.co.th(公営バス予約サイトhttp://www.pns-allthai.com/transport/en/index.php
・Win Tour(ウィン・ツアー)※私営バス http://sukhothaiwintour.com/index.html
・Phitsanulok Tour(ピッサヌローク・ツアー)※私営バス 
バスの運行時間は07:00~21:30の間1日3本(7:00、12:30、21:30)

スコータイ

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る