必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】2. 氷のホテル ~Icehotel Sweden~

Icehotel_eye

今回、ご紹介する『アイスホテル』(Icehotel Sweden)は、
北極線を超えて約200キロ、ラップランドの奥深くの
小さな村ユッカスヤルビ(Jukkajarvi)にあります。

幻想的な光のアートに包まれて

キルナ(Kiruna)から車で約30分。
ユッカスヤルビでは、毎年冬を迎えると
凍てついたトーネ(Torne)川の河口岸に『アイスホテル』が出現します。

村には、小さなスーパーマーケットとレストラン、お土産屋さん、
スウェーデン最古の木造教会があるだけで、人口よりも犬の数の方が
多かったのです。
今でこそ、アイスホテルは各地で見られるようになりましたが、
始まりはこの小さな村でした。

Icehotel_1

世界最大のアイスホテル!

ユッカスヤルビの『アイスホテル』は、約5,500平方メートルと世界最大です。

氷のフロント、氷の柱廊、氷の客室、そして無数の氷の彫刻。
氷のチャペルでは、ミサや結婚式が行われ、ストックホルムの姉妹店と
ライブ映像でつながった氷のバー、シェークスピア劇を上演する
氷の劇場まであります。

一冬だけの夢空間

秋が終わり11月になると、凍結したトーネ川から
大きな透明の氷のブロックの切り出しが始まります。
そこを積み上げて、建築していくのですが、
ひと冬ごとに異なるアーティストが新しくデザインし、
毎年その姿を変えるのが、『アイスホテル』の特徴です。

ホテルに必要な氷は、
気温がマイナス10℃前後のときが最高品質なのだそうです。
冷たければ冷たいほどいい、というわけではなく、
マイナス10℃以下になると、逆に冷えすぎて、氷に亀裂が入ってしまうんだとか。
通常、12月初旬にはホテルの一部だけが完成、1月には全館整い、宿泊客を迎えます。

Icehotel_2

世界中からくる彫刻家によって彫られた氷の客室は、
ひとつとして同じものはありません。

それでも、氷と雪でつくった建物は、春になると溶けてなくなり、
自然に戻っていきます。
まさに「一冬だけの夢空間」なのです。

トナカイの皮を敷いた氷のベッドで寝る

館内は、マイナス5℃からマイナス9℃ほどに保たれています。
宿泊客には、フロントで毛皮の帽子、スキーウェア、防寒ブーツ、
分厚い寝袋が渡されます。

氷のベッドにはトナカイの皮が敷かれています。
寝袋にもぐり込み、氷のベッドで眠るなんて、
ここでしかできない体験です。
毛皮は氷の冷たさを遮断してくれるのですが、
それでも翌朝のうれしいサービスが待ちきれないかも。

ページ:

1

2

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る