必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

Kolarbyn_eye

ここはまるで、森のこびとの国のようです。
針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。
ところどころ岩石が顔を出す地面に、やわらかな木漏れ日が
射し込んでいます。木々の間にぽつぽつと点在するのは、
思いのままに草木の生えた12個の塚。

今回、ご紹介する”炭焼夫の小屋“『Kolarbyn』(コラルビン)は、
スウェーデンの森の中にあります。

原始の自然とのふれあい

よく見ると、塚には木の扉があり、
小さな煙突が突き出ています。
入口の脇にバケツと炭が置かれているだけで、
他には何もありません。
これこそが『コラルビン』(Kolarbyn)なのです。

Kolarbyn_3

現役の炭焼小屋だった!

小屋の歴史は、人々が木を切り出して燃し、
炭づくりを始めた17世紀にさかのぼります。
このあたりでも1960年代までは現役でしたが、
近代化が進むにつれ、だんだんと姿を消していきました。
伝統を次世代に伝えようと地域の炭焼夫たちが
1996年にこれら12の炭焼夫小屋をつくったのですが、
やがてそれも捨て置かれ、荒れ果てていました。

そこへ、2003年ひとりの若者が現れます。
彼は、この素朴な炭焼夫の小屋と
人里離れた立地を一目で気に入ったのです。

固定ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. nolimit_eye
  2. uniquehotel_eye

注目記事

  1. shima_eye

    2021-5-18

    新しい旅先の選択肢!リフレッシュで行きたい【全国の島巡り7選】

  2. kyoto_eye

    2021-5-6

    【大人の京都一人旅】おすすめスポット11選!京都が私を呼んでいる(=^・^=)

おすすめ記事

  1. osaka_sweets_eye
  2. japan_zekkei_eye
ページ上部へ戻る