必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】14. パイナップルの宿 ~The Pineapple・スコットランド~

pineapple_eye

今回ご紹介するホテルは、
スコットランドのスターリング(Stirling)から
南東に11キロメートル行ったところにあります。

その名もずばり『The Pineapple』(パイナップルの宿)!
名前の由来は、外観を見ればわかりますよね。

ユーモアあふれる石の芸術

重厚な鉄の門扉を開けるとまっすぐな道がのび、
その先に緑の草原が広がっています。
左右対称に配置された木々と、手入れの行き届いた芝生。
石の芸術“は、この美しい庭園の中央にそびえています。

濃い緑の森に囲まれ、長い年月を耐えて
古びた高壁に守られて、巨大な石のパイナップルが鎮座しているのです。

pineapple_1

どこから見ても本物そっくりの精巧な造りは、
見事!」の一言に尽きます。
圧倒される存在感にはやり過ぎの感も漂いますが、
そこはかとないユーモアが嫌味を打ち消しています。
上流階級にだけに許された、贅沢な道楽としての建築です。

パイナップルは地位の象徴だった!

この建物は、1776年に帰国したバージニア植民地(現在のアメリカ)総督、
ダンモア伯ジョン・マレー4世によって造られました。
当時のイギリスではパイナップルは珍しく、地位の象徴とされていました。
マレー卿は大きな温室を作ってパイナップルを育て、北国のスコットランドに
ありながら、月に2度、友人たちに穫れたての貴重な果物を贈ったそうです。

温暖なバージニアでは、パイナップルは日常的に食べられていました。
また水兵たちが任務から帰ると、家の入口にパイナップルを置いて、
帰還を祝う習わしがあったといいます。

おそらくマレー卿は、この慣習が気に入っていたのでしょう。
故郷に戻った彼は、生のパイナップルではなく、
高さ50メートルの巨大な石のパイナップルでお客様をもてなしました。

pineapple_2

細部まで洗練されたデザイン!

1973年から建物は、
ランドマーク・トラスト」(The Landmark Trust)
(建造物保存を目的とする慈善団体)が管理し、
現在は貸別荘として利用されています。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. osaka_gourmet_eye
  2. cheaphotel_eye

注目記事

  1. ichigo_eye

    2021-3-2

    【都道府県別いちご狩り&おでかけスポットまとめ】今年はドライブで!🚘

  2. couple_eye

    2021-2-25

    大切な人と泊まりたい💛【日本全国のお洒落なホテル・旅館13選】

おすすめ記事

  1. glamping_eye
  2. girls_eye
ページ上部へ戻る