石川県の人気&おすすめ観光スポット50選 金沢だけじゃない!絶対に行くべき石川県の観光名所

16. ヤセの断崖【羽咋】

石川県18

能登金剛の中でも人気のあるスポットがこのヤセの断崖です。

かつてこの周辺の土地がやせていたこと、
また断崖に立つとあまりの絶壁にやせる思いがするといったことから、
こう呼ばれるようになりました。

ここは松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台にもなったところで、
映画の撮影地にもなりました。

断崖に沿って遊歩道が設けられており、絶景を楽しみながら散策することができます。
かつて義経が頼朝の追手から逃れるため舟を隠したとされる「義経の舟隠し」に通じています。

『ヤセの断崖』の住所、行き方・アクセス、問い合わせ先など

住所:石川県羽咋市志賀町笹波
行き方・アクセス:のと里山海道西山IC~国道249号線経由約45分
電話番号:0767-32-1111(志賀町商工観光課)
公式サイトURL:http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=6641

17. コスモアイル羽咋【羽咋】

石川県19

未確認飛行物体「UFO」で町おこしをしている羽咋市には、
宇宙に関する科学博物館コスモアイル羽咋があります。

ここにはNASA特別協力で借り受けた月面探査車両や
実際に大気圏に突入したヴォストーク帰還用宇宙カプセルなどが展示され、
宇宙開発のプロセスを垣間見ることができます。

プラネタリウム型映画館、コスモシアターではドームスクリーンならではの迫力のある映像が楽しめます。

また、館内のショップではここでしか買えないプレミアムグッズがあり、宇宙食なども販売しています。

『宇宙科学博物館コスモアイル羽咋』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金など

住所: 石川県羽咋市鶴多町免田25
行き方・アクセス:JR羽咋駅から徒歩15分
営業時間:8:30~17:00
定休日: 火曜日(祝日の場合は翌平日)
電話番号: 0767-22-9888
料金:(展示室+シアター) 大人800円 小中学生400円
公式サイトURL:http://www.hakui.ne.jp/ufo/

18. 月うさぎの里【加賀】

石川県20

うさぎ好きにはたまらない♪うさぎを見る、遊ぶ、うさぎがメインのテーマパークです。

うさぎ広場には50羽以上の様々な種類のうさぎがおり、
ご飯をあげたり、触れたりできます。

また抱っこタイムもあり、人懐っこいうさぎさんたちに癒されます。

また園内には彫刻家薮内佐斗司の美術館もあります。
うさぎ広場でもあちこちに彼の作品が設置され、楽しむことができます。

『月うさぎの里』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所:石川県加賀市永井町43-41
行き方・アクセス:周遊バスキャンバス:バス停16月うさぎの里下車
北陸自動車道加賀IC~国道305号線経由約3分
営業時間:9:00~17:00 (12月15日~2月末 ~16:00)
定休日:年中無休
電話番号:0761-73-8116
料金:(抱っこ)200円
公式サイトURL:http://www.tsukiusaginosato.com/

19. 山中温泉【加賀】

石川県21

大聖寺川の渓谷沿いにある1300年もの歴史がある温泉地
松尾芭蕉の句「山中や菊は手折らじ湯のにほひ」でも有名な温泉で、たくさんの人々に親しまれています。

鶴仙渓の美しい自然の中で温泉宿が立ち並び、四季折々の風景を堪能しながらの温泉が楽しめます。

また山中節や山中漆器などの伝統文化が残るゆげ街道をそぞろ歩きしながら、街並みも楽しめます。

『山中温泉』の住所、行き方・アクセス、問い合わせ先など

住所:石川県加賀市山中温泉
行き方・アクセス:加賀温泉バス:バス停「山中温泉バスターミナル」下車
北陸自動車道加賀IC~国道8号線~国道364号線経由約25分
電話番号:0761-78-0330 (山中温泉観光協会)
公式サイトURL:http://www.yamanaka-spa.or.jp/index.html

●こおろぎ橋

鶴仙渓に架かる総ひのきの風情ある橋です。
かつては極めて危険という意味で「行路危」と呼ばれたという説と、
昆虫のコオロギに由来するという説もあります。

四季折々の渓谷の自然と相まって、日本情緒が感じられる景勝地にもなっています。

『こおろぎ橋』の住所、行き方・アクセス、問い合わせ先など

住所: 石川県加賀市山中温泉こおろぎ町
行き方・アクセス:加賀温泉バス:バス停「山中温泉バスターミナル」下車
北陸自動車道加賀IC~国道8号線~国道364号線経由約25分
電話番号:0761-78-0330 (山中温泉観光協会)
公式サイトURL: http://www.yamanaka-spa.or.jp/

20. 鶴仙渓遊歩道【加賀】

大聖寺川の風光明媚な渓谷、鶴仙渓の上流のこおろぎ橋から黒谷橋までの約1キロの区間には
遊歩道が整備され、木立の中をのんびり散策することができます。

途中奇岩怪石が見られるポイントや滝などの風景も楽しめます。

また4月から10月まで川床がオープンし、水の流れる音や野鳥のさえずりを聞きながら、
道場六三郎レシピの川床ロールや冷製抹茶しるこがいただけます。

『鶴仙渓遊歩道』の住所、行き方・アクセス、営業時間、問い合わせ先、料金など

住所:石川県加賀市山中温泉東町1丁目
行き方・アクセス:加賀温泉バス:バス停「山中温泉バスターミナル」下車徒歩約1分
北陸自動車道加賀IC~国道8号線~国道364号線経由約25分
営業時間: (川床)9:30~16:00
電話番号:0761-78-0330(山中温泉観光協会)
料金:(川床席料)大人300円 小学生500円
所要時間:
オススメの時期:
公式サイトURL:http://www.yamanaka-spa.or.jp/welcome/index.html

21. あやとりはし【加賀】

石川県23

鶴仙渓に架かるユニークなデザインの橋です。
華道草月流三代目勅使河原宏氏がデザインしたもので、
あやとりを模したモダンな紅紫のS字型橋は、周囲の渓谷の自然の中、目を惹きつけます。

夜にはライトアップされ、幻想的な景観を見せてくれます。

『あやとりはし』の住所、行き方・アクセスなど

住所:石川県加賀市山中温泉河鹿町
行き方・アクセス:加賀温泉バス:バス停「山中バスターミナル」下車徒歩約5分
北陸自動車道加賀IC~国道8号線~国道364号線経由約25分
電話番号:0761-78-0330
公式サイトURL:http://www.yamanaka-spa.or.jp/

22. 御菓子城加賀藩 加賀藩文化村【加賀】

石川県24

広大な庭園のある敷地に、お城の店構え
加賀の伝統文化を受け継ぐ老舗として加賀福や加賀藩の月など、
常時300種類以上の加賀を代表する創作銘菓を取り揃えています。

試食もできるので、たくさんの御菓子の中からお気に入りの商品を買うことができます。

また、加賀藩文化村では、
日本折紙博物館・百万石城下町・加賀伝統工芸館・そば処古九谷・庭園喫茶洞夢があり、
加賀に伝わる伝統文化や食を伝えてくれるテーマパークになっています。

『御菓子城加賀藩 加賀藩文化村』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所:石川県加賀市加茂町ハ90-1
行き方・アクセス:加賀周遊バスキャンバス山まわり:バス停「12御菓子城加賀藩」下車
営業時間: 8:15~17:00
定休日:年末年始(12月30日、31日)
電話番号: 0761-77-0100
料金:無料
公式サイトURL: http://www.kagahan.co.jp/

23. 加賀フルーツランド【加賀】

石川県25

1年中フルーツ狩りが楽しめる25万坪もの広大な果樹園
1~5月はいちご、6月はさくらんぼ、6~7月はブルーベリー、7~11月はぶどう、
10~12月はりんごといつ訪れてもフルーツ狩りが楽しめます。

また土日祝日にはフルーツバイキングも行われており、様々なフルーツが食べ放題です。

また準備不要のバーベキューの施設やパークゴルフで遊ぶこともでき、
家族連れやグループ旅行にも人気があります。

『加賀フルーツランド』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 石川県加賀市豊町イ59-1
行き方・アクセス: 加賀周遊バスキャンバス海まわり:バス停「18加賀フルーツランド」下車すぐ
北陸自動車道加賀IC~県道61号線~県道140号線経由約15分
営業時間:9:00~17:00
定休日: 火曜日(12~2月) 年末年始(12月28日~1月3日)
電話番号:0761-72-1800
料金:入場無料 フルーツ狩りは種類時期により異なります
公式サイトURL: http://www.furulan.com/

24. 加賀山代温泉【加賀】

石川県26

1300年以上も愛され続けている名湯
かつて高僧・行基が鳥が湧き水で傷を癒しているのを見て、温泉を見つけたと言われ、
からすの湯」と呼ばれ親しまれてきました。

江戸時代に共同浴場である総湯が作られ、ここを中心に「湯の曲輪」という街並みができました。

古総湯」は明治時代の総湯を復元したもので、
外観や内装だけでなく、当時の入浴方法を再現した共同浴場になっています。

『山代温泉』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金など

住所:石川県加賀市山代温泉
行き方・アクセス:加賀周遊バスキャンバス山まわり:バス停「3山代温泉」下車
北陸自動車道加賀IC~約15分
営業時間:(古総湯)6:00~22:00
定休日: (古総湯)毎月第4水曜日6:00~12:00
電話番号:0761-77-1144
0761-76-0144(古総湯)
料金:(古総湯)大人(12歳以上)500円 中人(6歳以上12歳未満)200円  小人(3歳以上6歳未満)100円 3歳未満無料
公式サイトURL:http://www.yamashiro-spa.or.jp/

25. 柴山潟【加賀】

石川県27

加賀三湖の一つ、柴山潟は白山連峰をバックに素晴らしい眺望を見せてくれる美しい湖です。

ほぼ中央にはシンボルにもなっている大噴水があり、70mの高さまで水を吹きあげます。
1日に13回水を吹きあげ、夜にはライトアップされ、また幻想的な光景になります。

春から秋にかけては湖を遊覧する屋形船もあり、噴水のすぐ近くまで行くことができます。

『柴山潟』の住所、行き方・アクセスなど

住所: 石川県加賀市片山津温泉
行き方・アクセス:加賀周遊バスキャンバス海まわり:バス停「26片山津温泉」下車
北陸自動車道片山津IC~県道29号線~県道39号線経由約10分
電話番号:0761-74-1123
公式サイトURL:http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5536

26. 加賀片山津温泉【加賀】

石川県28

柴山潟湖畔にある風光明媚な温泉郷
江戸時代、この地を治めていた藩主・前田利明公が鹿狩りの際、
水面に水鳥が群れていたことから、湖底の温泉を発見したと伝えられています。

日帰り温泉が楽しめる総湯は2012年にオープン、建築家谷口吉生氏設計のモダンな建物になっています。

外観は全面ガラス張りで、白山連峰を背景に柴山潟の美しい眺望が楽しめます。

『片山津温泉』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金など

住所:石川県加賀市片山津温泉
行き方・アクセス:加賀周遊バスキャンバス海まわり:バス停「26a片山津温泉総湯」下車
北陸自動車道片山津IC~県道29号線~県道39号線経由約10分
営業時間:(片山津総湯)6:00~22:00
定休日:(片山津総湯)臨時休館あり
電話番号:0761-74-1123
0761-74-0550(片山津総湯)
料金:大人(12歳以上)440円 中人(6歳以上12歳未満)130円 小人(3歳以上6歳未満)50円
公式サイトURL: http://sou-yu.net/

27. のとじま水族館【七尾】

石川県29

能登半島近海に棲む魚を中心に約500種4万点を飼育しています。

中でも日本海側では最大となる「ジンベエザメ館青の世界」は見応えがあります。

また、様々なショーや体験コーナーも人気があり、イルカショーやアシカショー、
ペンギンのお散歩タイムやアザラシ・ラッコ・カワウソのお食事タイムは見ていてとても癒されます。

イルカやアザラシと触れ合えるコーナーもあり、貴重な体験ができます。

『のとじま臨界公園水族館』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金など

住所:石川県七尾市能登島曲町15-40
行き方・アクセス:北陸鉄道能登バス:バス停「のとじま臨界公園」下車
能越自動車道七尾IC~県道47号線経由約1時間
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) (12月1日~3月19日 ~16:30)
定休日:12月29日~12月31日
電話番号:0767-84-1271
料金:一般1850円 小人(3歳以上中学生以下)510円 3歳未満無料
公式サイトURL:http://www.notoaqua.jp/

固定ページ:
1 2

3

4 5 6

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る