梅雨にこそ行きたい鎌倉の紫陽花(あじさい)の名所まとめ

4. 縁切り寺としても有名な「東慶寺」

7

北鎌倉にある「東慶寺」は縁切り寺としても有名ですが、
どの時期に訪れても花が咲いている、「花の寺」としても有名です。
5月下旬頃からヤマアジサイが色づきはじめ、
6月に入ると様々なあじさいが見頃を迎えてきます。

ajisai_4.2

「東慶寺」にはあじさいがあちこちで見られますが、
山門に続いている石段のあじさいが一番美しいかもしれません。
見頃の時期になると見事に青や赤に彩られ、
石段の下から見上げると、茅葺き屋根の山門とあじさいの風景が
鮮やかで、感動すら覚えます。

■ 基本情報

  • 名称:東慶寺 
  • 住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1367
  • アクセス:JR北鎌倉駅から徒歩10分
  • 拝観時間:8:30~17:00 ※冬季は~16:00
  • 電話番号:0467-33-5100
  • 公式サイトURL:http://www.tokeiji.com/

5.可憐なヤマアジサイを鑑賞できる「光則寺」

8

「光則寺」には、全国各地から集められたたくさんの種類の
「ヤマアジサイ」があり、5月下旬から6月上旬にかけて、見頃を迎えます。
「ヤマアジサイ」は、普通のあじさいと比べると
花や葉が小さくとても可憐なのが特徴です。

8

「ヤマアジサイの光則寺」とも言われるほど品種が豊富で、
大きさも色も違う「ヤマアジサイ」が咲き乱れます。
よく見ると花の形が種類によって違い、
ガクが四角いもの、丸いもの、葉っぱのようなものなど様々で、
日毎に色が変わる、華奢な花の魅力に引き込まれていくはずです。

■ 基本情報

6. 江ノ電とコラボショットが可能な「御霊神社」

10

「御霊神社」は、目の前に江ノ電が走る神社として有名です。
江ノ電の線路沿いにもあじさいが植えられており、
見頃になると江ノ電とあじさいのコラボショットを撮ろうという
ファンが集まります。
もちろん、江ノ電に乗りながらもあじさい鑑賞を楽しむことができます。

9

社殿の裏手には「紫陽花小道」というものがあり、
様々なあじさいが植えられています。
見頃は6月中旬で、たくさんのあじさいを見ることができます。
狭い小さな小道ですが、あじさいの時期になると、ここにもたくさんの人が訪れます。

■ 基本情報

  • 名称:御霊神社 
  • 住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9 
  • アクセス:長谷駅から徒歩5分
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 電話番号:0467-22-3251
  • 参考サイトURL:http://www.enoshima-navi.com/goryoujinjya.html

あえて雨の日に行ってみない?

梅雨の時期は憂鬱になり、家にこもりがちですが、
あじさいは湿度が高いと色が濃くなる特徴があり、
最も美しく見られるのは雨上がりかもしれません。

しっとりとした情緒あふれる景色を見に、
思い切って雨の日に出かけてみませんか。

固定ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る