梅雨にこそ行きたい鎌倉の紫陽花(あじさい)の名所まとめ

1

5月も下旬になると、鎌倉ではあじさいが色づき始めます。

あじさいには華奢で可憐な可愛い花から、
見ごたえたっぷりな大きなゴージャスなものまであるのが、
人気のポイントかもしれません。

鎌倉にはたくさんのあじさいの見れるスポットがあり、
おすすめの6選を紹介します。

1. 40種2500株ものあじさいがある「長谷寺」

ajisai_1.1

「長谷寺」のあじさいは、明月院、成就院とともに
「アジサイの三大名所」と言われています。

ここで見られるあじさいは40種2500株といわれており、
6月中旬頃には綺麗に色づきます。

山の頂に向かって登る散策路はかなり傾斜があり、
運動不足の身にはかなりきついのですが、
天気が良ければ、上段からはあじさいと一緒に
由比ヶ浜の海も見ることができます。
あじさいは上段から見頃を迎え、
徐々に下段が見頃となるので、長い間楽しむことができます。

■ 基本情報

  • 名称:長谷寺 
  • 住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
  • アクセス:長谷駅から徒歩5分
  • 拝観時間:8:00~17:00(10~2月は~16:30)
  • 電話番号:0467-22-6300 
  • 拝観料:大人300円 小学生100円 
  • 公式サイトURL: http://www.hasedera.jp/

2. ガクアジサイが見られる「浄智寺」

4

「浄智寺」では、6月中旬頃から「ガクアジサイ」が見られます。
「ガクアジサイ」はその名の通り、中心の花を飾る額縁のように、
周りにだけ大きな花を咲かせる個性的で、
よく見る丸いあじさいよりも好きだという方も多い品種です。

ajisai_2.2

「浄智寺」は、裏山の岩肌に群落して咲く「イワタバコ」の花も見事なんです。
「イワタバコ」は、鎌倉に自生する植物で、
小さな星型の紫色の花がとてもきれいです。
心和む可愛くて美しい花ですから、
こちらも忘れずに見ることをおすすめします。

■ 基本情報

3. 同色の統一感が美しい「明月院」

5

北鎌倉の「明月院」は、別名「あじさい寺」ともいい、
ヒメアジサイという鮮やかな青が特徴的な、あじさいスポット。
この青いあじさいは日を追うごとに青さを増すので、
鮮やかな青を見たいなら、6月中旬以降に行くことをおすすめします。

6

あじさいと同時期に見頃を迎えるのが、
本堂裏手の庭園に咲く「花菖蒲」です。
庭園は、この時期と紅葉の時期のみ、特別公開されます。
「花菖蒲」もあじさいに負けないくらい鮮やかな紫色で、
「明月院」を訪れたなら、是非一緒に鑑賞することをおすすめします。
丸窓からの景色も見逃せません。

■ 基本情報

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. uniquehotel_eye
  2. kansai_hotel_15

注目記事

  1. kyoto_eye

    2021-5-6

    【大人の京都一人旅】おすすめスポット11選!京都が私を呼んでいる(=^・^=)

  2. japan_staba_eye

    2021-4-19

    日本全国【大人お洒落なスターバックスコーヒー10選】旅の目的はスタバ!☕

おすすめ記事

  1. osaka_sweets_eye
  2. japan_zekkei_eye
ページ上部へ戻る