時代劇の世界を体験!『東映太秦映画村』みどころ総まとめ(京都府)

Uzumasa_eye

東映太秦映画村』(うずまさ えいがむら)は、
京都にある映画の町・太秦に日本で初めて時代劇撮影を見学し、
時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて
体験できるテーマパークとして誕生しました。

ここでは、『東映太秦映画村』のみどころをまとめてご紹介します。
もちろん、アクセスや営業時間などの情報も満載です!

Uzumasa_1

東映太秦映画村の基本情報

  • 住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
  • 電話番号:0570-064349(ナビダイヤル)
  • 入村料:大人 2,200円、中・高生 1,300円、子供(3歳以上)1,100円
  • アクセス:
    ※ 嵐電嵐山本線太秦広隆寺駅より徒歩約5分
    ※ JR嵯峨野線太秦駅より徒歩約5分
    ※ 京都地下鉄東西線太秦天神川駅より徒歩約15分
    ※ 名神高速道路京都南ICより約15キロメートル
  • 営業時間(2018年):
    [1月] 平日 9:30~16:30、土日祝 9:30~17:00
    [2月] 平日 9:30~16:30、土日祝 9:30~17:00
    [3月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00
    [4月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00
    [5月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00、ただし3日~5日は8:30~20:00
    [6月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00
    [7月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00
    [8月] 毎日 9:00~18:00
    [9月] 平日 9:00~17:00、土日祝 9:00~18:00
    [10月] 毎日 9:00~17:00
    [11月] 毎日 9:00~17:00
    [12月] 平日 9:30~16:30、土日祝 9:30~17:00
    ※ 入村は営業終了の60分前まで
    ※ ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みは時間延長あり
  • 休村日:2019年1月21日~1月25日
  • 駐車場:700台
  • 駐車料金:普通乗用車1台1,500円(終日)
  • 公式ホームページ:東映太秦映画村

Uzumasa_2

日本のハリウッド

京都・太秦(うずまさ)は、アメリカ・ハリウッドが「世界の映画の都」と
呼ばれているのにちなんで、「日本のハリウッド」と呼ばれてきた
日本映画のふるさと」ともいえる映画の町です。

その太秦にある『東映太秦映画村』は、
東映京都撮影所の一部を分離・一般公開した
映画のテーマパーク」で、日本映画や江戸時代が再現されています。
いわば、ここは「映画文化の情報発信基地」なのです。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る