地中海の楽園・マルタ島でしたい7つのこと!お祭りやイベントまとめ

5.イムディーナクラシック グランプリ

9

古都イムディーナで開催される、クラシックカーグランプリ。
1910年から1975年にかけて造られた2人乗りスポーツカーや、
1930年から1960年代に造られた1人乗りレーシングカーなども多く参加します。
有名な女優が、表彰式に参加したこともあるイベントです。

■ 基本情報

  • 名称:イムディーナクラシック グランプリ
  • 住所:古都イムディーナ
  • アクセス:ヴァレッタからはバス80、81、18番など
  • 開催日:2015年10月8日~11日
  • 電話番号:+356 21339165
  • 料金:VIPクラブエリアの入場料は一人Euro 135
  • 公式サイトURL:http://www.mtajapan.com/mdinagp.html

6.ビルグフェスティバル

10

ヴァレッタの対岸にある、
ビルグもしくはヴットリオーザの名で知られている町。
中世の町が、そのまま現代に受け継がれてきたような趣のある町です。
そんな町が、一年でもっとも幻想的に美しく
彩られるイベント、「ビルグフェスティバル」。
町からキャンドル以外の明かりが消えて、幻想的な雰囲気を醸し出します。

■ 基本情報

  • 名称: ビルグフェスティバル
  • 住所: ビルグ
  • アクセス: バスナンバー1、2、4 、6
  • 開催日: 2015年10月9日~11日 19:00~23:00
  • 公式サイトURL: http://www.eve.com.mt/events/birgu-fest-2015/

7.マルタのクリスマス

malta_todo_7.1

町では至る所でクリスマスの飾り付けが目につき、
クリスマスモード一色となります。
マルタはカトリックの国なので、22時~23時頃、
盛装した人々が続々と教会に集まり、23時頃から聖歌とミサが始まります。
そしてクリスマス当日を迎える0時になると、
マルタ中がキリスト生誕を祝うムードに包まれるんですよ!

■ 基本情報

  • 名称: The Carmelite Church カーマライト教会
  • 住所: ヴァレッタ
  • アクセス: ヴァレッタバスターミナルから10分程度
  • 電話番号: +356 21245350
  • 参考サイトURL: http://www.visitmalta.com/en/info/carmelitecrch
ページ:
1

2

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. cns_eye

    2020-7-13

    【ケアンズおすすめ観光スポット7選】山と海の世界遺産を楽しもう😃

    南半球にあるオーストラリアで、一番人気の都市『ケアンズ』。 これからケアンズ旅行を考えている方も、多…
  2. lon_eye

    2020-7-8

    【2020年最新!】『ロンドン』の定番観光スポット14選

    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
  3. gift_eye

    2020-7-3

    これで迷わない!【台湾のお土産8選】パイナップルケーキだけじゃない🍍

    日本からも近く、海外旅行先としても人気を集める『台湾』。 気軽に行け、ご飯もとってもおいしい台湾は、…
  4. hotel_eye

    2020-7-1

    【2020年最新版】一度は泊まってみたい世界最高峰 海外ホテル10選!

    旅行といえば、観光やグルメはもちろんですが、 どんなホテルに泊まるかということも楽しみの1つですよね…
  5. nz_eye

    2020-6-29

    【ニュージーランド】が日本人におすすめな6つの理由✨こんなに魅力がいっぱい!

    南半球にある「ニュージーランド」。 昨年のラグビーワールドカップでも注目されましたよね。 日本人の旅…

ピックアップ記事

  1. hoshizora_eye
  2. hoshino_eye

注目記事

  1. kakurega_eye

    2020-7-14

    【1日限定5組以下の隠れ家宿7選】密を避けておこもりステイ🎵

  2. suzutabi_eye

    2020-7-10

    【夏のひんやり日帰り小旅行🎒】絶対行きたい13のスポット!

おすすめ記事

  1. cns_eye
    南半球にあるオーストラリアで、一番人気の都市『ケアンズ』。 これからケアンズ旅行を考えている方も、多…
  2. lon_eye
    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
ページ上部へ戻る