デートにぴったり!大阪のランドマーク『梅田スカイビル』『空中庭園 展望台』ってこんなところ!

skybuild_eye

JR大阪駅や私鉄・地下鉄の各梅田駅から徒歩で約10分。
新梅田シティ」と呼ばれるエリアに、ひときわ目立つ建物があるのをご存知ですか?
2つの超高層ビルが上でつながっている独特な形状は、
一度目にしたら強烈な印象を私たちに残します。

梅田のランドマークのひとつとして、
すっかり有名になったこの建物の名前は『梅田スカイビル』です。

地上40階、地下2階、高さ約173メートルの超高層ビル2棟
(タワーイースト:東棟、タワーイースト:西棟)からなり、
頂部が円形の『空中庭園』でつながっている、大阪のシンボルです。

世界の建築トップ20に選ばれる!

2008年、『梅田スカイビル』は、イギリスの有名出版社が選ぶ
世界の建築トップ20」(TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD)に
日本で唯一ランクインしました。
他に選ばれた建物は、サグラダ・ファミリア(スペイン)や、
タージ・マハル(インド)、オペラハウス(オーストラリア)、
ブルジュ・アル・アラブ(アラブ首長国連邦)、アンコールワット(カンボジア)、
パルテノン神殿(ギリシャ)、コロッセオ(イタリア)など、
各国を代表する有名な建築物が並んでいる中での、堂々ランクインです!!

ブルジュ・アル・アラブ

ブルジュ・アル・アラブ

そのため、ずっと以前から多くの外国人が、『梅田スカイビル』を訪れていました。

梅田スカイビル』の特徴ある独特の外観は、「未来の凱旋門」と名付けられています。

skybuild_2

そう言われると、確かにちょっと凱旋門っぽいかも・・・

屋外にも出られる「空中庭園」

梅田スカイビル』に行ったら、ここに寄らないなんて!
という場所が『空中庭園』です。

空中庭園』は、高さ173メートルにありながら、
なんと屋外にも出られるのです!!
心地よい風に吹かれながら、大阪の街並みが一望できる
絶景ポイントは見逃せません

skybuild_3

下から見上げると、本当に庭園が空中に浮いているように見える『空中庭園』。
いったい、どうやって造ったんだろう??と思いますよね。
この空中庭園は、地上で組み立ててからワイヤーロープで
つり上げる「リフトアップ工法」という方法で施工されたんだそうです。
それにしても、これだけのものをワイヤーロープでつり上げるって・・・
ちょっと想像できませんよね。

地上173メートルにあるので、もちろん地震や風、振動に対する
耐性は強化されています。

空中庭園』へのエントランスは39階にありますが、
そこへ行くまでも、ワクワクドキドキの時間が過ごせます

35階までは視界360°のエレベーターで昇り、
そこで乗り換えて39階のエントランスまでは、チューブ型のシースルーエスカレーターで!
35階まで昇るだけでもなかなかできない体験なのに、
そこからシースルーのエスカレーターでさらに上まであがるなんて、
まさに”天空の世界”へ向かう気分が味わえます。
(注)2018年4月末までの期間中、工事の為一部ご利用いただけません。

skybuild_4

そして、40階の屋内展望フロアへ!

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る