【小豆島のおすすめ観光スポット40選】人気の定番スポットから穴場まで完全ガイド

31. 醤(ひしお)の郷(さと)

小豆島は昔、製塩業が盛んでしたが、江戸時代より醤油作りを始めました。
「醤の郷」とは、昔ながらの黒い板壁の醤油蔵や佃煮工場が
軒を連ねている場所のことを呼んでいます。
沿道には佃煮の香りと醤油の香りがかすかに漂っており、
古き建物を見ながら散策も楽しめますよ。

佃煮や醤油のソフトクリーム(マルキン醤油記念館にて16:00まで)も
あるので、ぜひ味わってみては。

■ 基本情報

  • 名称:醤の郷
  • 住所:小豆郡小豆島町馬木甲1032-1(小豆島町商工会)
  • アクセス:HPにて参照。
  • 電話番号:0879-82-1011
  • 公式サイトURL: http://kelly.olive.or.jp/

32. 宝食品・京宝亭

小豆島の佃煮の製造(宝食品)・販売(京宝亭)を
行っている「宝食品・京宝亭」。
小豆島特産の醤油を使用し、瀬戸内のちりめんや
北海道の昆布・帆立、高知四万十川の海苔などの良質の原料を佃煮に炊き上げています。
おいしさの秘密が見学できる「工場見学」(要予約)が好評!

見学コースより工場内を見学後、売店での買い物も楽しめます!
しかも、お茶と約30種類程の佃煮の試食も楽しめるという嬉しいサービス付き。
無料で見学できるので気軽に予約して行ってみよう!

■ 基本情報

  • 名称:宝食品・京宝亭 
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2211番地28 
  • アクセス:バス:土庄、坂手線芦ノ浦下車すぐ。車:マルキン醤油より南へ、水車小屋が目印です。
  •  駐車場:あり(大型バス収容可能)
  • 営業時間:8:30~17:00 
  • 定休日:売店は年中無休(但し年末年始休み)※工場は土日、祝祭日休み。
  • 電話番号:0879-82-1441(代) 工場見学は予約制。
  • 見学料:無料 
  • 所要時間: 40分。
  • 受入対象:小学生以上
  • 定員:1回90名
  • 公式サイトURL: http://www.kyohotei.co.p/

33. 小豆島 手延べそうめん館

小豆島に古くから伝わる、手延そうめんの製造工程を見学ができ、
更に自分自身で「はし分け」など製造の一部を体験できる観光スポットとして、
毎年多くの観光客で賑わっています!

もちろん、でき立ての手延そうめんをその場で食べれるコーナーもあるので、
ぜひ本場の「小豆島手延そうめん」を堪能してみては。
展示販売コーナーもあるので、おみやげにもオススメ。

■ 基本情報

  • 名称:小豆島手延べそうめん館 
  • 住所:香川県小豆郡池田町室生1番地の1 
  • アクセス: 土庄港より小豆島バス「神ノ浦西行き」に乗車(20分)「ふるさと村」下車すぐ
  • 駐車場:あり
  • 営業時間: 9:00~16:30、はし分け工程体験12:30~13:30(約30分)
  • 定休日: 月曜日(1・2月は日曜)
  • 電話番号:0879-75-0044 
  • 入館料:無料。※はし分け工程体験は有料500円。 
  • 公式サイトURL:http://www.soumenkan.com/index.html

34. 小豆島 尾崎放哉記念館

大正期の俳人、尾崎放哉(おざき ほうさい)の記念館。
尾崎放哉は東大とエリートコースを歩みながら、
晩年は各所を流浪し、転々とする中で俳句を詠み才能を見事に開花。
最後にたどり着いたのが、西光寺奥の院・南郷庵です。

その南郷庵の往時のままに復元したのが記念館となっており、
館内には放哉ゆかりの文献、書簡類、直筆の短冊などが展示されています。
優れた数多くの自由律の俳句を詠んでみては。

■ 基本情報

  • 名称:小豆島 尾崎放哉記念館 
  • 住所:香川県小豆郡土庄町甲1082 
  • アクセス:各港よりバスで「土庄本町」下車。
    土庄港より5分、大部港より30分、坂手港より45分、池田港より15分、福田港より1時間、草壁港より30分、土庄本町バス停より徒歩8分
  • 駐車場:あり
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
  • 定休日:水曜(祝日の場合は翌日) 、年末年始
  • 電話番号: 0879-62-0037
  • 入館料:大人210円、小人100円 
  • 公式サイトURL:http://www2.netwave.or.jp/~hosai/

35. 土庄鹿島海水浴場

遠浅で波が静かなので、小さなお子様から年配の人まで
安心して利用できる白浜の海水浴場です。
徒歩圏内にはスーパーや飲食店、温泉施設、ジェットスライダーを備えた公園などもあり、
いろいろと遊べてなにかと便利ですよ。
ぜひ、家族や仲間同士などで海水浴や温泉などを楽しんでみてはいかが。

■ 基本情報

  • 名称:土庄鹿島海水浴場 
  • 住所:香川県小豆郡土庄町鹿島 
  • アクセス:小豆島土庄港からバス・西浦線乗車(約15分)「鹿島海水浴場」下車、徒歩すぐ。
    車:土庄港より約5分。池田港より約10分。草壁港より約25分。坂手港より約35分。大部港より約25分。福田港より約50分。
  • 駐車場:あり(120台有料)
  • 営業期間:7月中旬~8月下旬 (予定)
  • 公衆トイレ:あり(無料)
  • 電話番号:0879-62-0492 (ビーチサイドホテル 鹿島荘) ※鹿島海水浴場が目の前。
  • オススメの時期:夏 

36.美しの原高原

四季折々の自然の姿を満喫できる、小豆島唯一の美しい高原!
周辺にはその名の通りに、季節ながらの美しい花々が彩り、
寒霞渓へと続いていく壮大な渓谷を観ることできます。

360度の大パノラマが楽しめる四方指展望台からは
瀬戸内海、四国の山並み、寒霞渓、瀬戸大橋などを望むことができる絶景ポイント!
ぜひ、足を運んでみて。
もちろん高原なので、ハイキングや散策も楽します。

■ 基本情報

  • 名称: 美しの原高原
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町神懸嶮岨山乙1117
  • アクセス:小豆島土庄港より車で約35分。
  • 駐車場:あり(普通車20台、無料)
  • 電話番号: 0879-82-7007 (小豆島町商工観光課)、0879-82-1775(小豆島観光協会)
  • 公式サイトURL: http://www.my-kagawa.jp/point/point.php?id=264

37. 小豆島ふるさと村

広大な敷地内にある、様々な施設で楽しめる滞在型・参加型の観光レジャー施設です。

小豆島ふるさと村には、「日本夕陽百選」に認定された夕陽が自慢の宿、
ファミリーロッジなどの宿泊施設をはじめ、
テニスコート、ファミリープール、オートキャンプ場、いちご農園、
体験教室(カヤック・ヨット教室、手打ちうどんや陶芸教室)など、
様々な体験を楽しめるので子供から大人まで1日中遊べます!

美しい夕陽を眺めながら、散歩をするだけでも気分爽快ですよ。

■ 基本情報

  • 名称:小豆島ふるさと村 
  • 住所: 香川県小豆郡小豆島町室生2084-1
  • アクセス:小豆島池田港より神ノ浦西行きバス(約4分)乗車「ふるさと村」下車、徒歩すぐ。
    小豆島池田港から県道250号経由で約5分。
  • 営業時間:8:30~17:30 
  • 定休日:なし 
  • 電話番号:0879-75-2266 (ふるさと村総合管理事務所) 
  • 料金:各自により異なる。イチゴ園入場料大人1290円、小人860円など。
  • 公式サイトURL:http://www.shodoshima.jp/index.html

38. 小豆島オートビレッジYOSHIDA

小豆島の大自然が凝縮され、全国でも数少ない
天然温泉付きのオートキャンプ場!
大自然の中でキャンプやバーベキューをはじめ、遠浅で海水浴や潮干狩り、
岩肌でロッククライミング、疲れた体を癒す天然温泉など、
いろんな楽しみかたができます。

季節によっては満天の星空を見ることができますよ。

ぜひ、山と海、天然温泉を満喫しよう!

■ 基本情報

  • 名称:小豆島オートビレッジYOSHIDA
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町吉田甲302-1(管理事務局)
  • アクセス:福田港より車で約5分。
  • 駐車場:あり
  • 開設期間:通年※予約は6ヶ月前から受付。
  • 利用時間:チェックイン15:00~、チェックアウト10:00まで。天然温泉(15:00~20:00)
  • 定休日:温泉のみ火曜日、年末休み。 
  • 電話番号:0879-61-7007 (管理事務局9:00~17:00)
  • 入場料(1日または1泊):大人300円、小・中学生150円。※ 施設使用料金などは別。
  • 公式サイトURL:http://www.olive-pk.jp/accomm/auto.html

39. 湯船の水(ゆぶねのみず)

湯船山(標高約400m)中腹にある、
小豆島八十八ヶ所霊場の1つである「蓮華寺」境内に湧き出るお水です。
昔、小豆島では水不足で悩まされており、
ここから湧き出る約400t の水が貴重な水源となっていました。

現在では、山腹に広がる日本の棚田百選指定の「千枚田」や
農作物、地域の水道の水源や共同洗場などにも利用されています。
水源である湯船山は天然記念物指定、
湯船の水は環境庁「日本の名水百選」「さぬきの名水」に認定されています。
ぜひ、絶景の千枚田と共に訪れてみては。

■ 基本情報

  • 名称:湯船の水 
  • 住所:香川県小豆郡 小豆島町中山
  • アクセス:土庄港よりバス(大鈬線)に乗車「春日神社前」下車、徒歩約20分。
    小豆島池田港より車で約10分(県道上庄池田線をとおり殿川橋を通過してすぐ右折、
    湯船山への案内看板がある場所で左折、湯船山駐車場下車。バスは通れません)
  • 電話番号:0879-75-0555(池田町役場)
  • 料金:無料
  • オススメの時期: 6月中旬。田植えが終了した頃見ごろです。
  • 公式サイトURL:https://www2.env.go.jp/water-pub/mizu-site/meisui/data/index.asp?info=76

40. 常光寺

小豆島八十八ヶ所霊場 第8番札所「常光寺」。
本堂には美しい天井画をはじめ、大日如来、不動明王、弘法大師が配置されており、
他にも毎年「除夜の鐘」が楽しめる鐘楼門、石造りの橋「極楽橋」などがあります。

春には小豆島にしかない品種の「ジョウコウジザクラ」をはじめ
「河津桜」「ソメイヨシノ」が見事に花開き、
また違った美しい景色が楽しめますよ。

常光寺から山に登って行くと、
浪切不動明王様がいらしゃる第2番札所「碁石山」があります。
まさに小豆島のパワースポットです!

■ 基本情報

  • 名称:常光寺 
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1529 
  • アクセス:オリーブバス坂手線・苗羽停留所より徒歩約10分。 
  • 駐車場:あり(大型バス駐車可能)
  • 参拝時間:開門7:00〜閉門17:00 
  • 電話番号:0879-82-2180 
  • 公式サイトURL:http://joukouji.org/

いかがですか?
小豆島の観光地は、これで予習できましたか?
小豆島町にある定番の場所から穴場まで、たくさんご紹介しました。

1日で全てを回りきるのは難しいと思いますので、
日程や体力と相談しながら、特に気になっている場所をピックアップして、
散策してみてはいかがでしょうか。

また、宿泊施設もありますので、時間がある方は泊りがけで遊びにいって、
綺麗な景色で心を潤し、お風呂に浸かって身体を癒して、
海の幸、山の幸をふんだん使った地元料理でお腹を満たしてくださいね。

固定ページ:
1 2 3 4 5

6

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. awajishima_eye

    2020-11-26

    今、注目の旅行先は淡路島!【淡路島の観光&グルメスポット10】

    兵庫県にある『淡路島』。 瀬戸内海に浮かぶ淡路島は、 今注目されている旅行先のひとつです。そこで、今…
  2. winter_hotel_eye

    2020-11-20

    【厳選!全国の旅館・ホテル7選】今年の冬に泊まりたい!⛄

    季節はどんどん冬に近づいていますね。 今年の冬の旅行先は、もう決まりましたか? 冬といえば、イルミネ…
  3. joshi_onsen_eye

    2020-11-17

    女子旅で行きたいおすすめ温泉10選 ~東日本編~ 温泉女子旅に出かけよう♨

    季節は一気に冬へと進んでいます 冬旅行の計画は、 そろそろ立て始めましたか?寒い冬にはやっぱり温泉で…
  4. sendaigift_eye

    2020-11-6

    【仙台空港の人気お土産ランキングTOP15】もうこれで迷わない!

    仙台に旅行に行って、 お土産を買う最後のチャンスが 仙台空港という人も多いのでは? 飛行機の時間はせ…
  5. weekend_eye

    2020-11-2

    【週末旅行】におすすめプラン9選!会社を休まず1泊2日の旅を (*^-^*)

    社会人になると、 お金に余裕があっても なかなか休みが取れない・・・ そんな悩みを抱えている人も い…

ピックアップ記事

  1. shikoku_girls_eye
  2. sweets_eye

注目記事

  1. couple_zekkei_eye

    2020-11-27

    【冬の現実逃避旅で行きたい国内スポット12選】大切な人と一緒に絶景の世界へ✨

  2. drive_eye

    2020-11-24

    目的は絶品グルメ!【おすすめ日帰りドライブプラン10】

おすすめ記事

  1. awajishima_eye
    兵庫県にある『淡路島』。 瀬戸内海に浮かぶ淡路島は、 今注目されている旅行先のひとつです。そこで、今…
  2. winter_hotel_eye
    季節はどんどん冬に近づいていますね。 今年の冬の旅行先は、もう決まりましたか? 冬といえば、イルミネ…
ページ上部へ戻る