一度は行ってみたい!旅情あふれるヨーロッパの古城20選

古城 ノイシュバンシュタイン城3

ヨーロッパ各国に様々な古城が残っていますが、 今回はその中でも特に魅力的なお城をまとめてみました!
どれも多くの人が「いつか行ってみたい!」と心惹かれるような、歴史的価値の高いお城です。

1.ノイシュヴァンシュタイン城 (ドイツ)

古城 ノイシュバンシュタイン城1

アメリカやパリ、香港にあるディズニーランドの眠れる森の美女の城のモデルになっているのではないか、と言われているのが「ノイシュヴァンシュタイン城」です。

白亜の白鳥を思わせるような外観は壮麗で、日本からも多くの観光客が訪れます。
駅からはバスが出ていますが、3~4人で行くならばタクシーの方が早いのでオススメです。

山の中にひっそりと佇む、メルヘンチックな美しいお城です。

古城 ノイシュバンシュタイン城2

『ノイシュヴァンシュタイン城 Neuschwanstein Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:
    SCHLOSSVERWALTUNG NEUSCHWANSTEIN, NEUSCHWANSTEIN STR.20 87645
    SCHWANGAU, GERMANY
  • アクセス:ドイツ/鉄道 「フュッセン(FUESSEN BAHNHOF)駅」からタクシーで10分
  • 営業時間:8:00~17:00(4/1~10/7)、9:00~15:00(10/8~3/31)
  • 定休日:1/1、12/24、12/25、12/31
  • 電話番号:(08362)939880
  • 料金:大人12.00ユーロ / 子供18歳未満無料
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:2時間
  • オススメの時期:夏
  • 公式サイトURL:http://www.neuschwanstein.de/englisch/tourist/index.htm

2.シュヴェリーン城 (ドイツ)

castle_2

シュヴェリーン城は、湖の中に建つ城です。
城内は博物館になっており、歴史的な部屋や玉座の間などが見学でき、コンサートも開かれています。 フリードリヒ・フランツ2世が、王家の権勢を印象づけるシンボルとして1857年までに改築しました。

castle_2.2

『シュヴェリーン城 Schwerin Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:LENNE STRASSE 1, 19053 SCHWERIN, GERMANY
  • アクセス:トラム マリエンプラッツ(MARIENPLATZ)停留所から1km、徒歩15分
  • 営業時間:10:00~18:00(4/15~10/14)、10:00~17:00(10/15~4/14)
  • 定休日:月曜、12月24日
  • 料金:大人6ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:1時間
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.schwerin.com/en/attractions-and-sights/schwerin-castle/

3.ダノター城 (イギリス)

castle_3

北海に突き出すようにそびえる古城が「ダノター城」です。
13世紀頃に建造された城で、ディズニー映画『メリダとおそろしの森』に登場する城のモデルとなった、とも言われています。
歴史を感じることができる、勇壮な城です。ロケーションが最高、海の中の巨大な岩の上にお城が建っているように見えます。

castle_3.2

『 ダノター城 Dunnottar Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Stonehaven, Aberdeenshire AB39 2TL イギリス
  • アクセス:イギリス/Kineffのバス停から徒歩数分
  • 営業時間:
    ☆4/1~9/30・・・9:00~18:00
    ☆10/1~3/31・・・10:00~17:00
    ※9/22は11:30~
  • 定休日:12/25・26、1/2
  • 電話番号:+44 1569 762173
  • 料金:大人6ポンド、子供2ポンド
    ※1ポンド=約143円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.dunnottarcastle.co.uk/

4.シャンボール城 (フランス)

castle_4

二重のらせん階段が有名な城が「シャンボール城」。
フランスの中部、ロワール川のほとりにたたずむ優美な古城です。城館中央の二重式螺旋階段、上る人と下る人がすれ違わない様な構造になっています。

castle_4.2

城の設計にはレオナルド・ダ・ヴィンチも携わったといわれており、城自体が芸術品のようです。

castle_4.3

『シャンボール城 Chateau de Chambord』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:MAISON DES REFRACTAIRES, 41250 CHAMBORD, FRANCE
  • アクセス:フランス/「ブロワ(BLOIS)駅」から約10km、バスで約40分
  • 営業時間:10:00~17:00(10/1~3/31)、9:00~18:00(4/1~9/30)
  • 定休日:1/1、12/25
  • 料金:大人 9.50ユーロ / 子供 無料 / 団体 8.00ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:2時間
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:https://www.chambord.org/en

5.アイリーンドナン城 (スコットランド)

castle_5

世界で最も写真に撮られることが多い城として、有名なのが「アイリーンドナン城」です。
スコットランド、ハイランド地方屈指の城でもあり、川沿いに佇む優美な姿を見ることができます。 小島に浮かぶ美しい古城。TV、映画の題材としても頻繁に登場する場所だそうです。

castle_5.2

ここを訪れると、昔のスコットランドにタイムスリップしたような不思議な気持ちになれるそうです。

castle_5.3

『アイリーンドナン城 Eilean Donan Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Dornie, Kyle of Lochalsh IV40 8DX
  • アクセス:スコットランド/「Kyle of Lochalsh駅」からタクシーで15分、8.5マイル
  • 営業時間:
    ☆2/1~10/25・・・10:00~18:00
    ☆10/26~12/31・・・10:00~16:00
  • 定休日:11/1、11/2、11/24、12/25、12/26
  • 電話番号:+44 1599 555202
  • 料金:大人6.50ポンド / 学生・シニア5.50ポンド / 5歳以下は無料
    ※1ポンド=約143円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:日中の時間が長い6月~8月
  • 公式サイトURL:http://www.eileandonancastle.com/

6.ブラン城 (ルーマニア)

castle_6

ドラキュラ伯爵が住む城のモデルになった城として、有名なのが「ブラン城」です。
確かにミステリアスな雰囲気が漂っていますね。 ルーマニア南部のトランシルヴァニア地方にある古城で、14世紀頃に造られたといわれています。

castle_6.2

2016年10月現在、所有者の高齢化に伴い、お城の売却を検討しているそうです。

castle_6.3

『ブラン城 Bran Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:TRAIAN MOSOIU STR 24, BRAN 507025 ROMANIA
  • アクセス:ルーマニア/ブラショフ市街から車で30分
  • 営業時間:9:00~18:00(5/1~9/30)、9:00~16:00(10/1~4/30)
  • 定休日:なし
  • 電話番号:(0268)237700
  • 料金:大人25.00レウ / シニア15.00レウ
    ※1レウ=約27円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.bran-castle.com/

7.カステル・デル・モンテ (イタリア)

castle_7

その不思議な形から、1ユーロセントの裏側に描かれている城が「カステル・デル・モンテ」です。
イタリア南部プーリア州にあり、交通の便はあまり良くありませんが、 非常に多くの観光客が訪れることで知られています。 八角形を象徴的に取り入れた設計になっており、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

castle_7.2

世界遺産が多いイタリアの中でも、特に神秘的な歴史的建造物と言われています。

castle_7.3

『カステル・デル・モンテ Castel del Monte』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:ANDRIA, BARI, ITALY
  • アクセス:イタリア/「バルレッタ(BARLETTA)駅」からバスで10分
  • 営業時間:10:15~19:45(4/1~9/30)、9:00~18:30(10/1~3/31)
  • 定休日:1/1、12/25
  • 電話番号:(080)5286237
  • 料金:大人3.00ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年

8.プラハ城 (チェコ)

castle_8

ギネスブックに「もっとも大きく、もっとも古い城」として記録されているのが、「プラハ城」です。
その壮麗で優美な姿から、チェコのシンボル的存在でもあります。castle_8.2

『プラハ城 Prague Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Prague11908,Czech Republic(Praha 1)
  • アクセス:
    チェコ/地下鉄(A線)「マロストランスカー(MALOSTRANSKA)駅」から徒歩20分
  • 営業時間:5:00~24:00(4/1~10/31)、6:00~23:00(11/1~3/31)
  • 定休日:12/24
  • 電話番号:224373368
  • 料金:大人 CZK(チェココルナ)250
    ※1CZK=約5円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:ライトアップされる夜間
  • 公式サイトURL:https://www.hrad.cz/en

9.クロンボー城 (デンマーク)

castle_9

シェークスピアの名作「ハムレット」の舞台となった城「エルシノア城」として、世界中に知られている城が「クロンボー城」です。世界文化遺産に指定されています。
デンマークのシェラン島北東部のヘルシンゲルに位置し、バルト海に面した海岸線沿いに建っています。16世紀のデンマーク国王フレゼリク2世によって完成された、北欧ルネサンスを代表する傑作です。

castle_9.2

『クロンボー城/Kronborg Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Kronborg 2 C, Helsingoer3000, Denmark
  • アクセス:
    デンマーク/「コペンハーゲン中央駅」から鉄道で約50分
    エルシノア(ELSINORE)駅」から徒歩15分
  • 営業時間:11:00~16:00、10:00~17:30(6/1~8/31)
  • 定休日:月曜(1~3月、11~12月)、12/24、25、31、1/1
  • 電話番号:49213078
  • 料金:大人 DKK(デンマーククローネ)75.00 / 子供 DKK30.00 / 団体 DKK65.00
    ※1DKK=約17円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:営業時間の長い夏季
  • 公式サイトURL:http://www.visitdenmark.com/north-zealand/attractions/kronborg-castle-home-shakespeares-hamlet

10.マルボルク城 (ポーランド)

castle_10

赤レンガの強固な外観を特徴とする、中世ヨーロッパ最大級の城郭が「マルボルク城」です。
世界遺産にも指定されているこの城は、王族の居城ではなく兵士たちの駐屯所として使われていました。

castle_10.2

『マルボルク城 Malbork Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:ul. StaroScinska 1, Malbork82-200, Poland
  • アクセス:ポーランド/「マルボルク駅」から徒歩10分
  • 営業時間:
    ☆4/15~9/15・・・9:00~19:00
    ☆4/1~4/15、9/16~9/30・・・10:00~17:00
    ☆10/1~3/31・・・10:00~15:00
  • 定休日:なし
  • 電話番号:+48 55 647 08 00
  • 料金:25PLN(ポーランドズロチ)
    ※1PLN=約30円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:営業時間の長い春から夏にかけて
  • 公式サイトURL:http://www.zamek.malbork.pl/index.php?lang=en

11.ホーエンザルツブルク城 (オーストリア)

castle_11

約7世紀にわたり、増築を重ねてきたお城が「ホーエンザルツブルク城」です。
ザルツブルグの街を見下ろす丘上に建っており、徒歩でも登れますが、ケーブルカーで登るのがオススメ。

castle_11.2

城の頂上からは、ザルツブルグの美しい景色を見渡すことができます。お城から見えるザルツブルグの街並みも素敵ですね。

castle_11.3

『ホーエンザルツブルク城 Salzburg Fortress』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Monchsberg 34,Salzburg5020,Austria
  • アクセス:オーストリア/鉄道 「ザルツブルグ中央(SALZBURG)駅」からバス10分
  • 営業時間:
    ☆5/1~9/30・・・9:00~19:00
    ☆10/1~4/30・・・9:30~17:00
    ※待降節とイースターの期間は9:00~18:00
  • 定休日:なし
  • 電話番号:(0662)84243011
  • 料金:大人 11.00ユーロ / 子供 6.30ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.salzburg-burgen.at/en/hohensalzburg/index.htm

12.シュノンソー城 (フランス)

castle_12

シュノンソー城」は、ロワール川に面した優雅な佇まいから、 フランスで最も観光客が訪れる人気の城の一つと言われています。 歴代の王妃によって所有され、接待などが行われてきた華麗で荘厳な城です。

castle_12.2

『シュノンソー城 Château de Chenonceau』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:37150 Chenonceaux, France
  • アクセス:鉄道「シュノンソー(CHENONCEAUX)駅」から0.5km、徒歩5分
  • 営業時間:
    ☆1/1~2/21・・・9:30~17:00
    ☆2/22~3/29・・・9:30~17:30
    ☆3/30~5/31・・・9:00~19:00
    ☆6/1~6/30・・・9:00~19:30
    ☆7/1~8/31・・・9:00~20:00
    ☆9/1~9/30・・・9:00~19:30
    ☆10/1~10/24・・・9:00~18:30
    ☆10/25~11/11・・・9:00~18:00
    ☆11/12~12/31・・・9:30~17:00
  • 定休日:なし
  • 電話番号:+33 2 47 23 90 07
  • 料金:大人 11.00ユーロ / 子供 8.50ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:https://www.chenonceau.com/en

13.カルカソンヌ城 (フランス)

castle_13

フランス南西部にある、三重の厚い城壁に囲まれた城が「カルカソンヌ城」です。
フランスを代表する観光スポット「モン・サン=ミシェル」に続き、 年間来訪者数2位を誇る観光スポットでもあります。その壮大な姿から、「カルカソンヌを見ずして死ぬな」とも言われています。

castle_13.2

『カルカソンヌ城 Castle and Ramparts of Carcassonne』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Château et remparts de la cité de Carcassonne 1, rue Viollet-le-Duc
  • アクセス:フランス/カルカソンヌ(CARCASSONNE)行きTGVで1時間50分
  • 営業時間:10:00~18:30(4月~9月)、9:30~17:00(10月~3月)
  • 定休日:1月1日、5月1日、11月1日、11月11日、12月25日
  • 電話番号:(33) (0)4 68 11 70 76
  • 料金:大人8.5ユーロ / 18歳未満無料
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.remparts-carcassonne.fr/en/

14.リーズ城 (イギリス)

castle_14

歴代の王妃が住んだことから、「貴婦人の館」の敬称で知られているのが「リーズ城」です。
イギリスで最も美しい城と称されることもあります。 現在は、その城の美しさに加え、手入れが行き届いた庭園の美しさでも人気を集めています。

castle_14.2

緑の生垣で仕切られた迷路もあります。

castle_14.3

『リーズ城 Leeds Castle』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Penfold Hill|Leeds, MaidstoneME17 1PL, England
  • アクセス:
    イギリス/鉄道「BEARSTED駅」から有料シャトルバス
    (3~10月のみ、5.00英ポンド) 約15分
  • 営業時間:
    ☆10:30~18:00(4/1~9/30)
    ☆10:30~17:00(10/1~3/31)
  • 定休日:11/3~4、12/25
  • 電話番号:+44 1622 765400
  • 料金:大人19.75ポンド、 子供12.50ポンド
    ※1ポンド=約143円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://jp.leeds-castle.com/

15.アルカサル (スペイン)

castle_15

スペインのセゴビア旧市街の西端、トレドの高台にそびえる城が「アルカサル」です。
ディズニー映画「白雪姫」の白雪姫城のモデルとなった城の一つともいわれており、 メルヘンチックな城内を見学することができます。 城内には甲冑や武器などが展示されており、中世ヨーロッパの文化に触れられます。

castle_15.2

『アルカサル Alcazar』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Plaza de la Reina Victoria Eugenia, 40003Segovia, Spain
  • アクセス:スペイン/カテドラル(Catedral)から徒歩3分
  • 営業時間:
    ☆月~土・・・10:00~19:00
    ☆10月の日曜〜木曜日、11月~3月・・・10:00~17:00
  • 定休日:1/1、1/6、12/25
  • 電話番号:+34 954 50 23 24
  • 料金:4.5ユーロ(塔は別途2.0ユーロ)
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.alcazarsevilla.org/

16.ユッセ城 (フランス)

castle_16

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなった城の一つであるのが、「ユッセ城」です。
童話「眠りの森の美女」の舞台をイメージした城でもあります。現在も城内に持ち主が住んでいるため、城内の全てを見学できるわけではありませんが、 優雅でメルヘンチックな雰囲気を楽しむことができます。

castle_16.2

『ユッセ城 Chateau d’Usse』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Rigny-Usse, 37420, France
  • アクセス:フランス/ソミュールから車で40分
  • 営業時間:
    ☆10:00~18:00(2/16~3/31・10/1~11/11)
    ☆10:00~19:00(4/1~9/30)
  • 定休日:11/12~2/15
  • 電話番号:+33 2 47 95 54 05
  • 料金:大人14ユーロ / 子供4ユーロ
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート)
  • 所要時間:半日
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.chateaudusse.fr/?lang=en

17.シヨン城 (スイス)

castle_17

シヨン城」は、スイス連邦ヴォー州のモントルー近郊のレマン湖畔にある城です。
イギリスの詩人バイロンの詩、「シヨンの囚人」「シヨン城詩」の舞台として知られています。シヨン城は、レマン湖と遠くに臨むアルプスの山並みに抱かれた「建物の宝石」と歌われ、千年の昔から多くの芸術家たちの想像力をかきたててきました。

castle_17.2

『シヨン城 Château de Chillon』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:AVENUE DE CHILLON 21, VEYTAUX
  • アクセス:
    モントルー(Montreux)駅またはビルヌーブ(Villeneuve)から201番バスで5~15分
    シヨン(CHILLON)停留所下車
  • 営業時間:
    ☆1月・2月・11月・12月・・・10:00~17:00(入場は16:00まで)
    ☆3月・10月・・・9:30~18:00(入場は17:00まで)
    ☆4月から9月・・・9:00~19:00(入場は18:00まで)
  • 電話番号:+41 (0)21 966 89 10
  • 料金:大人 CHF(スイスフラン)12.00 / 子供 CHF6.00 / 家族 CHF28.00
    ※1CHF=約115円(2017年6月1日のレート)
  • 休業日:無休(12月25日と1月1日を除く)
  • 公式サイトURL:http://www.chillon.ch/en/

18.ホーエンツォレルン城 (ドイツ)

castle_18

標高900mの場所に建つ「ホーエンツォレルン城」は、11世紀にシュヴァーベンに建造されました。
現在も、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム二世の子孫が所有していますが、観光は可能です。雲海の中に浮かぶ城は、ファンタジー世界の天空の城のようですね。

castle_18.2

『ホーエンツォレルン城 Burg Hohenzollern』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:72379 BURG HOHENZOLLERN, GERMANY
  • アクセス:
    ☆ヘッヒンゲン駅からは城の駐車場行きのバスが出ています、下記リンクをご覧下さい
    http://www.burg-hohenzollern.com/driving-directions.html
    ☆駐車場からは城行きのシャトルバスが出ています、下記リンクよりご確認下さい
    http://www.burg-hohenzollern.com/shuttle-bus.html
  • 営業時間:
    ☆3/16~10/31・・・10:00~17:30
    ☆11/1~3/15・・・10:00~16:30
  • 定休日:12月24日
  • 電話番号:+49 7471 2428
  • 料金: 大人5ユーロ / 子供4ユーロ(2015年3月16日~大人7ユーロ / 子供5ユーロ)
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート))
  • 所要時間:3時間
  • オススメの時期:通年
  • 公式サイトURL:http://www.burg-hohenzollern.com/startpage.html

19.リヒテンシュタイン城 (ドイツ)

castle_19

サン・レーオと並び、ジブリ映画「ルパン三世カリオストロの城」のモデルとなった城が 「リヒテンシュタイン城」です。
12世紀に建てられ、廃城になっていた砦を19世紀に、小説「リヒテンシュタイン」に感動した大公が、物語に登場する城に作り替えたと言われています。

castle_19.2

『リヒテンシュタイン城 Schloss Lichtenstein』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Schlossveraltung Lichtenstein 72805
  • アクセス:
    ☆シュトゥットガルト中央駅からロイトリンゲン中央駅までIRE、REで約40分
    ☆ロイトリンゲン中央駅からエングスティンゲン行きバスで38分、トライフェルベルク停留所下車、徒歩約30分
    またはエングスティンゲン行きバスで35分のホーナウ停留所下車、タクシーで10分
  • 開館時間:
    ☆4月~10月・・・9:00~17:30
    ☆2月~3月・11月・・・10:00~16:00
  • 休館日:4~10月は無休、2・3・11月の月~金曜(祝日除く)
  • 電話番号:+49 7129 4102
  • 料金:
    ☆中庭のみの入場料・・・大人2ユーロ / 子供2ユーロ
    ☆ガイド付きツアー・・・6ユーロ~
    ※1ユーロ=約124円(2017年6月1日のレート))
  • 所要時間:2時間
  • オススメの時期:4月~10月
  • 公式サイトURL:https://www.schloss-lichtenstein.de/en/

20. グアイタ城  (イタリア)

古城 グアイタ城1

サンタマリノ共和国にある、3つの砦の一つであるグアイタ城
11世紀に建てられたグアイタ城は、3つの砦の内、最も古い歴史を持つお城です。断崖絶壁のティターノ山の頂上に建てられているこの城は、15世紀からは牢獄としても使われていました。

サンタマリノ共和国は、国土の大部分を世界遺産に登録されている歴史地区が占めているので、ほとんどの国民は世界遺産の中に住んでいることになります。断崖絶壁の上に建つ、グアイタ城からの景色はまさに絶景。
サンタマリノの街を一望でき、その向こうには青々と輝くアドリア海をとらえることができます。

数百年の間、このグアイタ城は敵に侵攻されることもなく、自然災害によって崩れることなく、今もティターノ山の頂上にあり続けています。

『グアイタ城 Torre Guaita』の住所、営業時間、料金、所要時間、おすすめの時期など

  • 住所:Salita alla Rocca, 47890 Città di San Marino
  • 営業時間・開場時間 8:00-20:00(夏期)、9:00-17:00(冬期)
  • 入場料:大人4.50ユーロ、子供3.50ユーロ
  • 所要時間:3時間
  • オススメの時期:通年  

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る