【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】23.アントニ・ガウディの作品群(バルセロナ/スペイン)

Sagrada Familia

みなさんの中には、『ガウディ』作品の写真を目にした方も多いと思います。
見る人に強烈な印象を与える建築家の『アントニ・ガウディ』(1852~1926)の作品は、奇抜な造形と色彩が特徴で、曲線を多用しています。また、細部の装飾にもこだわっています。
Gaudi
代表作の『サグラダ・ファミリア』(日本語での正式名称は『聖家族贖罪教会』)は、31歳の時に建造を引き継いだ未完の大聖堂です。
ガウディが制作したのはファサードや尖塔の一部だけで、18本の尖塔からなる全体が完成するまで、あと20年かかると言われています。9代目設計責任者のジョルディ・ファウリは、ガウディの没後100年にあたる2026年に完成予定と発表しているのですが、どうなることやら・・・

完成予想3D映像


展望台に上ると、市街が一望できます。

ドローン撮影したサグラダファミリア(2015年)

動物園や怪物をリアルに描くなど、自由な発想力とオリジナリティがセラミックやタイル、ガラス、鉄などで造られたベンチに表現された『グエル公園』や『カサ・バトリョ』、『グエル邸』も見逃せません。
Casa Batllo

バルセロナ

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る