【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【1】ナミブ砂漠(ナミビア・アフリカ)

namibdesert_eye

ナミブ砂漠 ~ナミビア~

世界最古の砂漠は、まるで「砂の惑星」!

アフリカ大陸の南西部に位置するナミビア共和国。その大西洋岸にある『ナミブ砂漠』は、北はアンゴラ、南は南アフリカ共和国との国境付近まで、南北約1300キロメートルも続く広大な砂漠です。約8000万年前に誕生したと言われ、世界最古の砂漠だと考えられています。

砂漠に足を踏み入れると、山のように高いオレンジ色の砂丘がいくつも連なり、地球とは思えないような光景が目の前に広がります。砂が積みあがってできる砂丘は、大きなもので高さ300メートルにもなり、見上げた姿は圧巻!いくつもの砂丘が連なり荒野を形成していますが、砂丘の上から見る景色は「砂の惑星」のようです。

namibdesert3サハラ砂漠ではその広さに驚かされますが、ここナミブ砂漠では立体感のある砂丘の美しい形に感動すること、間違いなしです。

大砂丘の日の出を堪能!

ナミブ砂漠でぜひ押さえていただきたいものは、「砂漠の日の出」です。見学ポイントは『デューン45』(デューンは砂丘、45は公園の入口からの距離)。世界最大ともいわれる300メートル級の砂丘の中でも、形がもっとも美しいことで世界的に有名なスポットです。

namibdesertただし、注意していただきたい点が!
公園の開門時間の関係で、日の出を見るためには公園内に泊まる必要があるのです。砂漠内にロッジもありますが、ベッド数はわずかしかありません。

では、どうするか?

公園内でキャンプをするのがオススメなのです。
現地ガイドを手配して、テントに1泊。翌朝、夜明け前にデューン45を目指して、いざ出発!
日の出とともに赤褐色に染まる砂丘は、言葉では言い表せないほどの美しさ。ご来光を浴び、しっかりパワーチャージしたら、大砂丘の麓での「デザート・ブレックファースト」を体験してください。ドーナツやマフィン、インスタントコーヒーといった簡単なものですが、大自然の中での食事はまた格別です!

時間に余裕があれば、砂漠の最深部「ソッサスフレイ」にも足を伸ばしてみて。そこにはデッドフレイ(死の谷)と呼ばれる、ひび割れた干ばつ地が姿を現します。500年前までは湖だった場所で、さまざまな種類の枯れた立ち木がミイラのように散在する様子は、まさに異空間。地球の営みの深さを体感することと思います。

ワンポイントアドバイス
他の砂漠と同じく、紫外線対策の長袖、長ズボン、日焼け止め、砂ぼこり対策のマスク、スカーフ、目薬などをお忘れなく!
テントで夜を過ごす場合は、防寒着、ミネラルウォーター、トイレットペーパー、ウエットティッシュが必需品です。


ナミブ砂漠への行き方
まず南アフリカのヨハネスブルグへ。
日本からの直行便はないため、アジアかヨーロッパの都市で乗り継ぎます。

ヨハネスブルグから更に空路でナミビアの首都ウィントフックへ。
東京から香港乗り継ぎの場合、乗継ぎ時間をあわせた所要時間は約25時間~。

ウィントフックからは車で約4時間。現地のツアーか車をチャーターして向かいます。

Namib-Naukluft National Park

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る