【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【63】グラスゴーのポリッジ(スコットランド・ヨーロッパ)

porridge_eye

風変わりな甘いお粥の朝食! ~スコットランド~

一度食べるとやみつきに!

スコットランドで『ポリッジ』(porridge)とは、「オートミール」を意味します。
水や牛乳で煮てお粥のようにし、朝食としてよく食べられているのですが、砂糖やジャム、はちみつやメープルシロップをかけたりすることも。
日本のお粥に砂糖などの甘味を加えるのと同じようなものなので、最初は違和感を覚える人も少なくありません。

オートミール」(oatmeal)ってよく聞きますが、私は「オートミール」についてほとんど知識がありませんでした。
そこで、ここでちょっと「オートミール」についてのお勉強を。

oatmeal

最近、健康食品として注目されている「オートミール」。
この「オートミール」、和名は「燕麦」(えんばく)と言います。その他、日本では、オート麦カラス麦とも呼ばれています。

これまた、健康食品として熱い注目を浴びている「グラノーラ」
実は、このグラノーラオートミールからできているのです。
オートミールに砂糖や蜂蜜などの甘味料と植物油をからめてオーブンで焼けば、「グラノーラ」のできあがり。
また、オートミールを水または牛乳でふやかし、果物やナッツを混ぜたシリアル食品が「ミューズリー」です。

う~ん、またまた新しい言葉です、「ミューズリー」。
これは一体・・・??

グラノーラ」がオーブンで焼いたものであるのに対し、「ミューズリー」は非加熱のシリアル食品。
発祥の地はスイスだそうです。医師であったマクシミリアン・ビルヒャー=ベンナーが、アルプス山脈の山岳放牧の牧童の間に伝わる伝統的な食事から発想を得て、自身が経営するサナトリウムの患者のために考案したのが始まりだそうです。

granola

さて、ポリッジに話題を戻しましょう。

スコットランドで食べられるポリッジは塩味が濃いのですが、基本的に何にでも合う食材です。
砂糖やジャム、はちみつやメープルシロップをかけることもありますが、ドライフルーツやナッツなどと一緒に食べてもGood

お粥に甘味
ということで、最初は塩味だけで食べる人も多いのですが、牛乳を注いで、砂糖をかけて食べてみると、何と不思議!
とろりとして、これがなかなか美味しいのです。

腸内環境を良くする働きがあり、日本でもヘルシーフードとして注目されています。

porridge

こんなグルメが楽しめる、スコットランド(Scotland)(ヨーロッパ)をぜひ訪れてみてください。

プチ情報
今回ご紹介した「ポリッジ」が、朝食としてよく食べられるスコットランド第一の都市「グラスゴー」(Glasgow)をご紹介しましょう。

世界的な芸術や伝統、建築を堪能できるスタイリッシュな都市、それがグラスゴーです。
グラスゴーは、スコットランドの首都「エジンバラ」から列車で約1時間。
都市から離れて、現代文化を体験したい方にオススメの街です。
受賞歴のあるバレル・コレクション、壮大なケルビングローブ博物館・美術館、先鋭的なデザインのリバーサイド博物館ではグラスゴーの交通の歴史が展示されていて、街中に20以上の博物館や美術館があります。

Glasgow

バレル・コレクション』(The Burrell Collection)は、ポロック・カントリーパーク(グラスゴーの中心部から電車で10分ほど)内に位置する博物館。
ベリーニの聖母子像をはじめ、絵画、彫刻、ステンドグラスなど、海運王ウィリアム・バレル卿が世界中から収集した8000点以上の美術品を所蔵しています。

Burrell Collection

ケルビングローブ博物館・美術館』(Kelvingrove Art Gallery and Museum)は、英国最大級の無料の博物館のひとつで、22の展示室に8,000点以上の豊富な美術品や歴史の遺物が展示されています。
ヴィクトリア様式の建築で、グラスゴーでもっとも美しい建物といわれています。

Kelvingrove

リバーサイド博物館』(Riverside Museum)は、馬車から初期の自動車、機関車、スコットランドの初期のバスや路面電車まで、興味深い乗り物の歴史の旅が楽しめる「交通博物館」。コレクションは120年以上にも渡り、その中には世界に数台しか残っていない珍しいクラシックカーなどもあり、多くのファンが訪れています。
この博物館は、「ザハ・ハディド」(Zaha Hadid)女史の設計によるもの。
そうです、東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場の最初の設計案が採用された方です。
外観の写真を見てみると、納得ですね。

riverside museum

↓↓↓↓↓ ポリッジの本場グラスゴー スコットランド(Scotland)(ヨーロッパ↓↓↓↓↓

グラスゴー

関連記事

  1. cruise_eye

    2018-1-23

    淡路島からうずしお観光!『うずしおクルーズ』(兵庫県)

    渦の大きさでは、世界でも最大規模といわれる 『鳴門の渦潮』(なると の うずしお)。これは、徳島県鳴…
  2. meta_eye

    2018-1-22

    これこそ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  3. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…

ピックアップ記事

  1. cruise_eye
  2. meta_eye
  3. fushimiinari_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る