【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】31.誰もが魅了される ブルーマウンテンズ(オーストラリア・オセアニア)【動画あり】

Blue_Mountains_eye

グレーター ブルー マウンテンズ地域(Greater Blue Mountains) ~オーストラリア~

オーストラリアのグランドキャニオンは青い!

ユーカリ樹に覆われた標高1000メートルほどの山々が、ユーカリの葉から蒸発する油によってブルーにかすんで見えることから名付けられたのが、『ブルー マウンテンズ』(Blue Mountains)です。

100万ヘクタールにおよぶ巨木の森林、砂岩の絶壁、渓谷、滝と原生林。世界遺産のブルー・マウンテンズは、青みがかったユーカリの霧に包まれ、その美しさには誰もが魅了されるはずです。

BlueMountains

『グレーター・ブルー・マウンテンズ地域』(Greater Blue Mountains)は、オーストラリア最大の都市シドニー(Sydney)から西へわずか100キロ、車で約1時間で行ける場所にあり、広大な中に8つの国立公園を有しています。

ScenicRailway

展望台からは、眼下に青紫色の山並みと大樹海の大パノラマが広がっています。標高差207メートルの谷底へは、世界一急勾配のシーニック・レイルウェーで降りられます。屋根と四囲が金網だけのこの乗り物で、谷底へ真っ逆さまに落ちて行く感じを楽しんでください

特に有名な観光スポットは、3つの岩が並んでいる「スリー シスターズ」(Three sisters)と呼ばれる奇岩です。
名前の由来は、オーストラリアの先住民アボリジニの伝説で、3つの岩は3人の美しい娘を悪魔から守るために父親が魔法で娘を岩にした、あるいは魔法をかけられて岩にされたなどの言い伝えから来ています。

ThreeSisters

その他にも300メートルもある断崖絶壁などオーストラリアのグランドキャニオンと言われる壮大な景観が広がっています。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「ブルーマウンテンズ(オーストラリア)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域には、コアラの好物であるユーカリの木が種類にして90種以上、量にして全世界のユーカリの約8分の1があると言われています。
約90種の内、12種はこの周辺のみに自生しているユーカリです。

animal

また、この地域だけに育っているその他の固有植物が132種あり、その豊富な自然下には絶滅危惧種を含む動植物が多く生息しています。それ以外にも、地質学的にオーストラリア大陸が一つの大陸として分離していない時の太古の痕跡を残しているなどの理由から、2000年に世界遺産に指定されました。

Blue Mountains National Park

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る