【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】23.トロピカルな異国情緒ある雰囲気 レユニオン(フランス領・アフリカ)【動画あり】

Reunion_eye

レユニオン島(Reunion) ~フランス領~

まるでインド洋に寝そべっているかのような火山島!

『レユニオン島』(Reunion)は、インド洋の真ん中、マダガスカル島の東約800キロメートル、モーリシャスの南西約200キロメートルにあるマスカリン諸島の1つで、「火山の島」(面積2512平方キロメートル)として知られています。中央にそびえる標高3069メートルのピトン・デ・ネージュ(Piton des Neiges)では、カール(圏谷)地形が生んだ起伏に富み、絶壁、断崖を流れ落ちる落差数100メートルの滝などの絶景が見られます。

Reunion

また、標高2631メートルのピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ(Piton de la Fournaise Volcane)は、世界で最も活発な火山のひとつとして知られています。通称「ル・ヴォカン(火山)」と呼ばれていて、登山口からそう遠くない場所に、火口「フォーマイカ・レオ」(Formica Leo)を見ることができます。

EruptionVolcan

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「レユニオン(フランス領)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
レユニオン島は、フランスの世界中に4つある、海外県の1つで、南半球にある唯一のヨーロッパ領土です。

他の3つは、マルティニーク(Martinique)、グアドループ(Guadeloupe)、そしてフランス領ギアナ(Guyane)で、いずれもカリブ海、もしくは大西洋に面しています。その他、フランスには、海外領土、特別自治体として、ニューカレドニア(New Caledonia)、マイヨット(Mayotte)、サン・ピエール・エ・ミクロン(Saint Pierre and Miquelon)、ワリス・エ・フトゥナ(Wallis and Futuna)、フランス領ポリネシア(French Polynesia)(タヒチとして知られています)、フランス領南方・南極地域(French Southern and Antarctic Lands)があります。

 

レユニオン

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る