【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】21. 一夜限りの儚い花(西表島・沖縄県)

sagaribana_eye

一夜だけ咲く幻の花!

ピンクや白色をした花たちは、音もなくゆっくりと流れてきます。
早朝の光がキラキラと後良川(しいらがわ)の川面に映えて、美しく幻想的な光景が目の前に広がります。

沖縄県の西表島(いりおもてじま)では、サガリバナの季節がくると、あちらこちらの川では
カヌーやカヤック、クルーズなどにより「サガリバナの鑑賞ツアー」が行われます。

サガリバナとは、実に不思議な花です。
夜になると咲き始め、朝を迎えると花は次から次へと落ちてしまいます。

浮かんでいるのはすべて雄しべで、雌しべは木に残り、しっかりと実をつけます。

一夜限りの儚い花とは、なんだか心に残る話ですよね。
まさに「幻の花」ですね。

sagaribana_2

サガリバナ」は、東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、
日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生しマングローブの後背地や川沿いの湿地に生育する植物です。
特に、日本では沖縄の西表島のサガリバナが有名です。
サガリバナは正式名称を「サワフジ」というのですが、花が垂れさがり咲くことから「サガリバナ」と
呼ばれることが一般的となっています。

サガリバナの咲く季節は、初夏の一時期だけ(6月下旬~7月下旬)。
この時期だけ、サガリバナは夕方から夜にかけてバニラのように甘~い香りを放ちながら開花し、
明け方には川面にポタポタと落ちていく様子、そして川面をゆっくりと流れる様子を
眺めることができるのです。
川面に落ちた花が、川を流れていく姿はなんとも言えず優雅で、幻想的な風景です。
まるで、川面が一面の花のじゅうたんのようで、思わず息をのんでしまうことでしょう。

sagaribana_3

サガリバナの季節になると、西表島ではいろいろな鑑賞ツアーが催行されています。
サガリバナの鑑賞だけでなく、近くの滝を訪れたり、トレッキングをしたり、と
内容もバラエティに富んでいますので、みなさんのご希望に沿ったツアーを見つけて
参加してくださいね。

サガリバナ」の花言葉をご存知ですか?
幸運が訪れる
初夏の西表島を訪れて、幻の花ともいわれる「サガリバナ」を鑑賞し、
ぜひ幸運を引き寄せてみてください。
sagaribana_1

★『西表島』へのアクセス

西表島に空港はありません。
まず、日本各地から「石垣島」に飛行機で行き、空港から離島ターミナルへ移動、そこから高速船もしくはフェリーで西表島まで移動します。
石垣島と西表島を結ぶ航路は2つあるので、ご注意ください。
2つの港(上原港大原港)は、約35キロメートル離れていて、車では約50分かかります。
観光の時間や到着後の予定、宿泊場所などを考慮し、どちらの港へ行くのがいいか、
事前にきちんと計画をたてるようにしてくださいね。

参考サイト:沖縄 西表島の総合情報サイト iriomote.com

西表島

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る