【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】38. ヤマタノオロチあらわる!(奥出雲・島根県)

orochi_eye

風を感じるトロッコ列車で神話の地へ!

最近は、豪華列車での旅が大変人気で、「列車」が注目されていますが、
今回は「トロッコ列車」をご紹介します。

ヤマタノオロチ伝説で知られる出雲神話の舞台、奥出雲
奥出雲おろち号』は、奥出雲の山あいを走り抜けるトロッコ列車です。
平成10年4月から運転を開始、JR木次(きすき)線の木次(きすき)駅~備後落合駅間を走ります。

2両からなる観光列車で、青色と白色に塗り分けられた車体に星を散りばめたデザイン。
車内には不燃化木材が使用されています。

orochi_1

車内はガラスや壁がなく、解放感がハンパありません!
木製の座席やランプ風の照明などレトロな内装が施された車内に
さわやかな風が通り抜け、爽快感抜群です!!
そんな車内から眺める奥出雲の風景は、また一味違います。
ただし、悪天候時や寒くなり始める季節には、雨具や防寒具は必須なのでご注意ください 

新緑の季節や絶景の紅葉風景を求めて乗車される観光客の方はもちろん、
特徴のある車両やレトロな駅舎スイッチバックなど他にも話題はたくさんあり、
景観・内装ともに見ごたえのある観光トロッコ列車として、鉄道好きの方からも毎年人気となっています。
なんと、トンネルを走行中には、車内のおろちのイルミネーションが点灯するんです
観光列車だけあって、見どころ満載ですね。

orochi_3

奥出雲には神話にちなんだ観光スポットも多くあるので、
木次(きすき)駅から三井野原(みいのはら)駅までは、
各駅に『古事記』や『日本書紀』に登場する人物名や地名が愛称としてついています。
たとえば、出発駅である木次駅の愛称は「八岐大蛇(やまたのおろち)」、
日登(ひのぼり)駅の愛称は「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」などなど・・・

また、「出雲横田駅」(愛称:奇稲田姫(くしいなだひめ))の駅舎は、
縁結びの最強スポットとしても知られている『出雲大社』を模したものです。
さすが、神話の里を走る沿線の駅舎ですね。

出雲横田駅

出雲横田駅

また、「出雲八代駅」(愛称:手摩乳(てなづち))の駅舎は、
レトロな雰囲気が特徴的な駅で、映画「砂の器」(1974年)のロケに使われたそうです。

出雲八代駅

出雲八代駅

出雲坂根駅(愛称:天真名井(あめのまない))から三井野原駅(愛称:高天原(たかまがはら))へ行く途中には、
列車が進行方向を二転する「三段式スイッチバック」があります。
この2駅の標高差は約160メートルもあるため、一旦バックで折り返すように坂を登り、
更に途中でもう一度折り返して、ジグザグに登っていきます。
この三段式スイッチバックは全国的にもとても珍しいのだそうです。
木次線以外には、箱根登山鉄道もこの「三段式スイッチバック」で有名です。

急こう配を登って緑豊かな森を抜けると、ヤマタノオロチ伝説を思わせる
巨大な「奥出雲おろちループ」が姿を現します。

おろちループ」は、大小11の橋と3つのトンネルからなる日本最大規模の二重ループ方式道路
とぐろを巻く「ヤマタノオロチ」をイメージして造られました。
さすが、日本神話の里ですね。
近くには「道の駅 奥出雲おろちループ」や「奥出雲鉄の彫刻美術館」があります。

orochi_loop

そして、ようやく「三井野原駅」に到着
この駅は、標高726メートルにあり、JR西日本の駅の中で
標高が一番高い駅なんだそうです。

奥出雲おろち号」そのものも、もちろん魅力的ですが、
日本神話の地、奥出雲には観光名所やおいしいものなどもたくさんあります。
また車内販売で、奥出雲和牛焼肉弁当笹ずしスイーツなどを食べることができます。
予約が必要なものもあるので、ホームページで確認してみてくださいね。

このように、美しい自然が満喫でき、古に思いをはせることのできる奥出雲を、ぜひ訪れてみてください。

orochi_2

★『トロッコ列車 奥出雲おろち号』の運行時期、公式ホームページなど

  • 問い合わせ先:JR西日本 木次駅
  • 住所:島根県雲南市木次町里方26
  • 運行時期:
    ※平成29年4月1日~平成29年11月26日までの金・土・日・祝日
    ※ゴールデンウイーク・夏休み・紅葉の期間の平日は毎日
  • 運転区間:JR木次線/木次駅~備後落合駅間(60.8キロメートル)・1日1往復
  • 料金:乗車券の他に指定席券が必要(詳細はJR西日本の窓口にお問合せください)
    ※指定席券(通常期片道)は、大人520円、こども260円
  • 公式ホームページ:トロッコ列車「奥出雲おろち号」(出雲の國・斐伊川サミット事務局 )
木次駅

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る