青森旅行でしたい25のこと。青森観光のおすすめプラン・モデルコース!美しき四季の景観に触れよう♪

2

青森の観光スポットたくさんありすぎて、どこ行こう?
って思ってる方は、ぜひ行く前にチェックして、
日程と相談して計画してみてください。

八甲田山のすばらしい紅葉など、
雄大な自然と豊かな風土に恵まれた青森県は、
四季折々に変化する美しい景観が魅力的です。
また、三方を海に囲まれ海の幸も豊富です。
りんごの名産でも有名です。

また、青森の豊かな自然の魅力だけでなく、
いにしえを思う歴史散策や伝統芸能の奥深さを堪能したり、
古くからの温泉郷で、ゆったり過ごすプランなどもいかがでしょう?
水族館・美術館や芸術文化に関わる観光施設も充実しており、
まさに見所満載!

そんな中から、おすすめスポットを25カ所、紹介していきます。

aomori_todo_top

■ 目次


  1. 八甲田山
  2. 十和田湖・奥入瀬渓流
  3. ねぶたの家 ワ・ラッセ
  4. 青森県営浅虫水族館
  5. 白神山地
  6. 青森県観光物産館アスパム
  7. 弘前城跡(弘前公園)
  8. 青森県立美術館
  9. 三内丸山遺跡 縄文時遊館
  10. 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
  11. 青森県立三沢航空科学館
  12. 津軽三味線会館
  13. 八食センター
  14. 八戸公園(こどもの国・植物園)
  15. グリランド十和田湖ボートアドベンチャー
  16. 酸ヶ湯温泉
  17. 恐山霊場
  18. 岩木山神社
  19. 棟方志功記念館
  20. 太宰治記念館「斜陽館」
  21. 津軽こけし館
  22. 龍飛崎
  23. 大間崎
  24. 龍馬山義経寺
  25. 南部縦貫鉄道レールバス(旧七戸駅)

1. 八甲田山でロープウェーと散策で四季を満喫する

aomori_todo_1.1

八甲田山は南八甲田、北八甲田両連峰の総称をいいます。
ブナやミズナラの天然林は新緑、紅葉が美しく必見です。
八甲田ロープウェーを利用して、冬、春にはスキーや樹氷見物ができます。
初夏から秋にかけては散策をしながら八甲田だけでなく、
陸奥湾、津軽・下北両半島や津軽平野、そして岩木山と360度のパノラマが楽しめます。
火山のなごりとして、地獄沼などの噴気孔跡や温泉も数多くありますよ♪

高いところが苦手な人も、一度はこの絶景を見ていただきたい程、
とてもオススメな絶景スポットです。
季節問わず景色が美しく、どの時期に行っても楽しめるのは素敵ですね。
美しい景色が見えるよう、ロープウェイの窓際を確保出来るよう頑張りましょう。

■ 基本情報

  • 名称:八甲田山
  • 住所:青森県青森市八甲田山
  • アクセス:
    【公共交通】JR青森駅→JRバスみずうみ号十和田湖行き(夏期1日5~6本、冬期1日2~3本)で1時間15分、
    バス停:八甲田ロープウェイ駅前下車、徒歩すぐでロープウェイ乗場
    【車】 青森道青森中央ICから国道103号経由20km40分
  • 営業時間:散策自由(ロープウェイ9時~16時20分(11月中旬~2月は~15時40分))
  • 定休日:年中無休(ロープウェイは春・秋に点検のため各1週間)
  • 電話番号:017-738-0343(八甲田ロープウェー株式会社)
  • 料金:散策自由(ロープウェイ往復1850円、片道1180円)
  • オススメの時期:年中
  • 公式サイトURL:http://www.hakkoda-ropeway.jp/

2. 十和田湖・奥入瀬渓流でマイナスイオンを体中に浴びる

aomori_todo_2.1

十和田湖は、青森・秋田の両県にまたがる
北の景勝地として名高い湖です。
周りの景色を全て映し込む鏡のように美しい水面と、
開放的な大パノラマは、何度訪れても感動に包まれます。
周りを取り囲む景色が、四季を通して常に変化し、
違う表情を見せてくれます。

まるで鏡のように、くっきり綺麗に反射する湖面に心を奪われてしまいます。
天候が良い日が狙い目ですので、観光の予定を立てる際は、
天気予報をしっかり注目しておきましょう。
雪がかかった景色も美しいですので、大変おすすめです!

aomori_todo_2.2

また、十和田湖から焼山に向かい14kmに渡って流れ出る、
奥入瀬渓流の散策もおすすめです。
大小いくつもの滝と、複雑な流れによって作られた
奇岩怪石の景観も魅力です。
渓流沿いには散策路が整備され、レンタサイクルもあるので、
森の中でマイナスイオンを浴びながら気軽に、
「阿修羅の流れ」や「銚子大滝」など、渓流の名所を訪れることができます。

■ 基本情報

  • 名称:十和田湖・奥入瀬渓流
  • 住所:青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486(国立公園協会総合案内所)
  • アクセス:
    【電車】JR八戸駅よりJRバス東北「十和田湖」行で約135分「十和田湖駅」下車すぐ
    【車】 東北自動車道・十和田ICより約60分
  • 営業時間:8:00~17:00(国立公園協会総合案内所)
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:0176-75-2425 国立公園協会総合案内所
  • オススメの時期:春~秋
  • 公式サイトURL:http://www.towadako.or.jp/

3. ねぶたの家 ワ・ラッセで「ねぶた祭り」の歴史を知る

4

青森市文化観光交流施設として、2011年にオープンしました。
ねぶた祭の歴史や魅力を紹介し、体感することができるようになっています。

1階の「ねぶたミュージアム・ねぶたホール」は、
2階まで吹き抜けになった広大なスペースに、
毎年、祭本番に出陣した5台の大型ねぶたが常設展示されています。
実際に、ねぶたのパーツに触れる展示もあります。

2階の「ねぶたミュージアム」では、ねぶた祭の歴史をが紹介され、
ねぶたの制作技術や作風、題材の移り変わりなどが展示されており、
ねぶた祭りをより深く楽しめるような解説がされています。
お食事処、お土産ショップなども併設されています。

青森の歴史にはかかせない、ねぶた祭。
青森について知るには、絶対に外せない観光スポットです。
ねぶた祭がどのように親しまれてきたのかを知ることで、
より青森を好きになると思います。
実際に、このねぶた祭にも参加してみたいですね。

■ 基本情報

  • 名称:ねぶたの家 ワ・ラッセ
  • 住所:青森県青森市安方1-1-1
  • アクセス:【公共交通】JR青森駅→徒歩1分【車】 青森道青森中央ICから15分
  • 営業時間:ねぶたホール・ねぶたミュージアム 9~18時(5~8月は~19時)
  • 定休日:メンテナンス休館あり(8月9・10日)
  • 電話番号:017-752-1311
  • 料金:入館無料。ねぶたホール・ねぶたミュージアムは入場600円
  • オススメの時期:年中
  • 公式サイトURL:http://www.nebuta.or.jp/warasse/

4. 本州最北端の水族館「県営浅虫水族館」に行く

aomori_todo_4.1

東北地方第一の規模を誇る水族館です。
青森湾のすぐそばにあり、青森県のみならず、
世界の珍しい水生動物を約514種、1万1千点展示しています。
頭上を魚の群が泳ぐ姿を楽しめる海洋大水槽(トンネル水槽)や、
屋内プールでのバンドウイルカのショーが人気です。
また海獣館では、ラッコ、ペンギン、ゴマフアザラシなどが
泳ぎまわる姿を間近で見られます。
海の生き物に触れるタッチコーナー、映像シアターなど、
様々な体験を通して楽しむことができる施設です。

子供から大人まで楽しめる、大人気の水族館です。
可愛い水生動物や素敵なショーで、癒されること間違いなし!
お土産コーナーにいる、ぬいぐるみになった生き物たちを
ついつい家に連れて帰ってしまう方も、多くおられるのではないでしょうか?

■ 基本情報

  • 名称:県営浅虫水族館
  • 住所:青森県青森市浅虫字馬場山1-25
  • アクセス:
    【電車】 青い森鉄道浅虫温泉駅より徒歩10分
    【車】 青森自動車道・青森東ICより約15分
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:017-752-3377
  • 料金:大人・高校生1000円 小・中学生500円
  • 所要時間:約2時間30分
  • オススメの時期:年中
  • 公式サイトURL:http://www.asamushi-aqua.com

5. 白神山地で手つかずの世界自然遺産に触れる

aomori_todo_5.1

白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる、
広大な山地帯の総称となっています。
このうち、原生的なブナ林で占められている区域が、
平成5年に日本初の世界自然遺産に登録されました。
世界遺産地域は、最も良く原生状態が保たれており、
その価値は、地球的に見ても極めて重要であると評価されています。

2

白神山地を一望するなら、
「風車の丘白神展望台」「アオーネ白神十二湖」「津軽峠」がおすすめ。
散策するなら。「ミニ白神」、遊歩道や広大なブナの森に点在する
湖沼群「十二湖」周辺の散策がおすすめです。
特に、青インクを流したような神秘的な色合いを放つ、「青池」は必見です。
ビジターセンターのHPでも、いろいろな散策コースが紹介されています。

まさに、絵画のような自然です。
こんなにくっきりとした色合いの景色は、
他の地域ではほとんどお目にかかれない情景です。
この景色がずっと美しいまま保たれるよう、
散策される際はゴミを捨てたりなどのマナー違反は、絶対に辞めましょうね。

■ 基本情報

  • 名称:白神山地
  • 住所:青森県中津軽郡西目屋村
  • アクセス:
    【公共交通】 JR弘前駅→車で40分
    【車】 東北道大鰐弘前ICから1時間
  • 営業時間:散策自由
  • 定休日:11月上旬頃~4月下旬頃まで冬期閉鎖
  • 電話番号:0172-85-2810
  • 料金:散策自由
  • オススメの時期:春~秋
  • 公式サイトURL:http://www.shirakami-visitor.jp/index.html

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. 8

    2018-8-31

    一度は見ておきたい!東北の冬の絶景30選

    今回は、東北地方ならではの冬の絶景をまとめました。日本の景色とは思えない幻想的なものから、 自然の雄…
  2. 3

    2018-8-28

    米沢ラーメンの人気&おすすめの名店20選 細打ち縮れ麺とあっさりスープが旨い!

    米沢ラーメンは、山形県の置賜地方(おきたまちほう・おいたまちほう)で 人気のご当地グルメです。 …
  3. 2

    2018-8-27

    【青森県の人気&おすすめ観光スポット40選】定番観光地から穴場スポットまで完全ガイド!

    青森には、観光地がたくさんあります。世界遺産に登録された白神山地をはじめとした、 豊かな自然と神秘的…
  4. 3

    2018-8-25

    山形の絶品グルメ! 山形で行ったら絶対に食べたい名物料理やご当地グルメ15選

    山形のグルメといえば最上川と鳥海山、日本海の自然に恵まれていて、 四季を通じて美味しい食べ物を楽しむ…
  5. 1

    2018-8-23

    岐阜県 絶品グルメ!岐阜の人気&おすすめランチカフェ25選

    岐阜のおすすめカフェランチ情報をご紹介します。岐阜のランチ、どこで何を食べるか迷っている皆様のために…

ピックアップ記事

  1. takeda_eye
  2. fondue_eye
  3. koyasan_eye

注目記事

  1. 1

    2018-8-31

    関西おすすめドライブスポットまとめ 日帰りや夜のドライブデートにピッタリ!

  2. 3

    2018-8-31

    【岐阜県のお土産】岐阜県の人気&おすすめお土産30選 名物や老舗の銘菓を買って帰りたい!

  3. 2

    2018-8-30

    【山形県の人気&おすすめ観光スポット50選】定番観光地から穴場スポットまで完全ガイド!

ページ上部へ戻る