旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ⑤バウアー イル パラッツォ(イタリア ベネチア)【永久保存版】

%e3%83%90%e3%82%a6%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a9%ef%bc%91

バウアー イル パラッツォ Bauer Il Palazzo

「水の都」や「アドリア海の真珠」などと呼ばれ、
その美しい景観で世界中の人々を魅了し続けるイタリアのベネチア。

「バウアー イル パラッツォ」は、街の中心であるサンマルコ広場のほど近く、
最も大きな運河「グランド・カナル」沿いにあり、
ゴシック調の重厚な外観と真っ赤な日よけが目印です。
%e3%83%90%e3%82%a6%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a9%ef%bc%94
18世紀の邸宅を改装した建物に一歩足を踏み入れると、
美術館さながらの調度品の数々が目に飛び込んできます。
壁や床、照明をはじめ小さな金具に至るまで、かなり凝っているので、
館内を細かく見て回るだけでも楽しめます。

美術の精通していたオーナーであるポサッティ女史が地元の職人たちと再現した工芸品の数々が、
このホテルに他のホテルとは違った味わいを加えています。
%e3%83%90%e3%82%a6%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a9%ef%bc%92
館内はとにかく豪華ですが、客室も例外ではなく、部屋によって趣きが異なりますが、
どの部屋も品の良い家具やファブリックでまとめられています。

メインレストラン「デ・ピシス」では、本格的なイタリアンはもちろん、
地中海料理やアジア料理のエッセンスを加えた多彩なメニューを取り揃えています。
%e3%83%90%e3%82%a6%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a9%ef%bc%93
屋上にある「セッティモ・シエロ・ラウンジ」は、ベネチアで最も高い所にあるレストラン。
行き交う船や豪華客船を見ながら、爽やかに朝食をとることができます。
特に、本場のカプチーノはコーヒー好きには堪りません。
%e3%83%90%e3%82%a6%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a9%ef%bc%95
また、スパ用屋外ジャグジーやサウナ、スチームサウナがあり、
マッサージやボディトリートメントなどを受けることができ、
観光で疲れた体をリフレッシュすることができます。

San Marco, 1413/d, 30124 Venezia

(「バウアー イル パラッツォ」 への行き方・アクセス)

日本~ベネチアへの直行便はないので、ミラノへ直行便または乗継便で行き、
ミラノから鉄道(ユーロスターシティ)でベネチアのサンタルチア駅まで約2時間30分。
駅からホテルまでは、水上バスでも徒歩でも約30~40分。

または、日本から空路ヨーロッパ各都市で乗り継いで、ベネチア空港へ。
空港からホテルへは、陸路と水路がありますが、
陸路だとベネチア本島は車の乗り入れが制限されており、
ローマ広場までしか行けないので、ローマ広場まで約20~30分。
ホテルまで徒歩または水上バスで約30分。
水路の場合は、水上バスでサンマルコ広場まで(所要時間約90分)
または水上タクシーでサンタルチア駅まで(所要時間約20分)

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る