ドイツ旅行で絶対に見たい世界遺産!中世ドイツ文化の栄華を感じるケルン大聖堂や城・教会・街並み

7

ヨーロッパを代表する国家の一つ、ドイツ。

その長い歴史と発展してきた文化にふさわしく、
宮殿や大聖堂、公園に至るまで多彩な文化遺産があります。
その中から、中世ドイツを連想させられる世界遺産を6つ選びました。

ger_heritage_top

1. 博物館島(ムゼウムスインゼル)

ger_heritage_1.1

私のオススメ度 ★★★★

実際には島ではないのですが、
「博物館島(ムゼウムスインゼル)」と呼ばれるスポットです。
地理的に言えば、南北に流れるシュプレー川の中州から、
ブランデンブルク門から東に伸びる
ウンター・デン・リンデン街を境とする、北半分の地区を指しています。

旧博物館、新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館、
ベルリン美術館を構成する5つの博物館・美術館が集まっていて、
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

ger_heritage_1.2

“一日券で全ての博物館を巡れるのが良い”

一日券で全ての博物館を巡れるのが良かった。
旧ナショナルギャラリーで開催されている特別展が、
日本とは飾り方などのセンスが違い大変良かったです。
天気も良く快適でした。

■ 基本情報

  • 名称:ムゼウムスインゼル (博物館島)
  • 住所:Bodestraße 1-3, Berlin, Deutschland
  • 電話番号:+49-30-209050
  • 公式サイトURL:http://www.smb.museum/home.html

2. ケルン大聖堂

7

私のオススメ度★★★★★

圧倒されるほど大きい、そして威厳に満ちた大聖堂です。
ドイツのケルンにあるゴシック様式の大聖堂で、
正式名称は、「ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂」。
これは、「Dom St. Peter und Maria。聖ペトロとマリア大聖堂」という意味です。

大聖堂の南に位置する窓のステンドグラスは、
2007年8月26日よりドイツの芸術家ゲルハルト・リヒターの
デザインによるものが公開されています。
かつて存在していたステンドグラスは、戦争で破壊されました。

ger_heritage_2.2

“とても大きな大聖堂です”

大聖堂前の広場は小さいのですが、大聖堂は圧巻です。
中のステンドグラスもとてもきれいでした。
上にも登れるようでしたが、体力的に難しそうだったので止めました。
大聖堂前には巡礼者用の休憩所があり、誰でも利用できます。
地下にトイレもあって便利でした。

■ 基本情報

3. ライヒェナウ島

ger_heritage_3.1

私のオススメ度 ★★★

ライヒェナウ島は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州の
コンスタンツ湖に浮かぶ島です。
コンスタンツ市のほぼ西側にあり、島は人工の道で本土とつながっています。
2000年に、ユネスコの世界遺産に登録された。

島には、聖母マリアと聖マルコに捧げられた
ライヒェナウ修道院があります。
また、この島は新鮮な野菜とおいしいワインで有名です。

ger_heritage_3.2

“野菜や花が美しい”

僧院の前の畑のレタスの色の鮮やかさに驚きました。
花も大きく、色鮮やかで、生命力に満ち溢れている感じでした。
他では見られない光景でした。

■ 基本情報

  • 名称:ライヒェナウ島
  • 住所:Klosterinsel Reichenau
  • アクセス:
    コンスタンツ駅からSBBで8分のライヒェナウ(バーデン)駅で7372番のバスに乗り換え。
    聖ゲオルク教会へはReichenau Oberzell Kreuz下車
  • 公式サイトURL:http://south-germany.jp/ac/2011/09/post-151.html

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. shikoku_eye
  2. iseshima_eye

注目記事

  1. tokyotower_eye

    2021-6-3

    【東京タワーを独り占めできるホテル7選】特別な日にはちょっぴり贅沢を🗼

  2. tokyo_lunch_eye

    2021-5-21

    【東京グルメ完全版】東京都内の “極上ランチ” 30選

おすすめ記事

  1. tokyo_hanabi_eye
  2. hwi_eye
ページ上部へ戻る