GWがベスト!一度は行きたい国内の絶景スポットまとめ10選 ②立山黒部アルペンルート(富山県)

黒部立山アルペンルート2

2.立山黒部アルペンルート(富山県)

黒部立山アルペンルート3

立山黒部アルペンルートは、富山県の立山駅と長野県の扇沢駅を結ぶ山岳観光ルートです。

積もった雪を除雪してできるのが、この巨大な雪の壁で、
4月中旬から6月中旬までは、雪の大谷を歩くことができるんです。

高さ20mにもおよぶ雪の壁の間を歩くことができる「雪の大谷ウォーク」は、
この時期しかできない人気の観光です。見上げるほどの高さの雪の壁は圧巻です!

立山黒部アルペンルート(富山県) 「雪の大谷」の場所、行き方・アクセス

立山黒部アルペンルート「雪の大谷」への行き方・アクセス:

下記のような行き方で長野県側あるいは富山県側から「雪の大谷」へ行きます。

扇沢駅-バス-黒部ダム-黒部湖-ケーブルカー-ロープウェイ-トンネルバス-室堂(雪の大谷)-バス-美女平-ケーブルカー-立山駅

(長野県側からの行き方)

立山の出発地点の扇沢までは、マイカーやバスで行きます。
マイカーで行く場合、扇沢の最寄の高速道路のインターチェンジ(IC)は、長野自動車道の安曇野ICです。
安曇野ICで降りたら後は道路標識の「大町」「黒部ダム」にしたがって、
ひたすら走っていると長野側からの玄関口の扇沢に着きます。

ここからが立山旅行の始まりです!

扇沢駅―トロリーバス16分―黒部ダム(見学30~60分)―徒歩10分―黒部湖駅―地下ケーブル5分―黒部平駅・乗換15分―ロープウェイ10分ー大観峰駅―トロリーバス10分―室堂駅

といろいろと計4本3回乗り換えてやっと室堂駅に到着です。
そして、その室堂駅の周りが雪だらけで、富山側に向けての道路で、雪の大谷ウォーキングが楽しめます。

雪の大谷を楽しんだ後は、長野側に帰る場合は、着た道を帰っていきます。

雪の大谷」をバスで楽しみたい方は

室堂駅―高原バス60分―美女平駅―ケーブル7分―立山駅―富山地方鉄道(特急)約60分―地鉄富山駅

と富山側へ抜けて帰ります。

 

(富山県側からの行き方)

立山駅ここが富山側から立山(室堂)に入る始まりです。

マイカーで行く場合、立山の最寄りの高速道路のインターチェンジ(IC)は北陸自動車道の立山ICか富山ICです。

東京方面からの場合は立山IC、大阪、名古屋方面からの場合は富山ICが最寄りになります。

インターチェンジを降りたら後は道路標識の「国立公園 立山」にしたがって
ひたすら走っていると富山側からの玄関口の立山に着きます。

地鉄富山駅―富山地方鉄道(特急)約60分―立山駅―ケーブル7分―美女平駅―高原バス60分―室堂駅

立山駅からは、計2本1回乗り換えで室堂に到着です。

 

こちらのルートは高原バス60分に乗っている間、

バスよりも高い「雪の大谷」を楽しみながら室堂へ向かうので

個人的には、富山県側から立山に行くのがおすすめです。

 

今回は、個人で行きたいという方向けに書きましたが、ツアーで行くか個人で行くかを
悩んでいる方は、こちらの記事を参考にして、お出掛けください。
電話番号:076-431-3331 (立山黒部貫光㈱営業推進部)
公式サイトURL:http://www.alpen-route.com/

関連記事

  1. meal_2.1

    2018-4-23

    寿司・餃子・肉…ぜんぶ0円!?本当に「タダ飯」できちゃうお店まとめ

    ぜ〜んぶタダ! 無料で楽しめるスポット特集遊びに行きたいけれどお財布がピンチ! できればレジャーには…
  2. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  3. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る