【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】96.エディンバラ(イギリス・ヨーロッパ)【動画あり】

edinburgh_castle

一方、「新市街」は、旧市街の北側に位置しています。
1707年、イングランドとの統合以降、スコットランドにも
平和が訪れ、新しい街つくりが必要となったため造られたのです。

旧市街は、坂のある勾配の多い街なので、
新市街は湖の一部を埋め、新しい平らな土地を造成し、
道路の幅を広くして、馬車が通行しやすいようにと考えられ、造られました。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「エディンバラ(イギリス)」を訪れてみてください。

edinburgh_1

↓↓↓↓↓ イギリスの世界遺産について、こんな記事もあります!↓↓↓↓↓
▷ 【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【74】コッツウォルズ(イギリス・ヨーロッパ)
▷ 
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】70.ロンドン塔(ロンドン・イギリス)
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】69.ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院と聖マーガレット教会(ロンドン・イギリス)

知らなきゃソン!旅のヒント
ミリタリー・タトゥー』(Military Tattoo)という祭典をご存じですか?
毎年8月、エディンバラ城で開催される
軍楽隊の演奏が呼び物の祭典です。

すばらしいショーと音楽、スコットランドの伝統が結集する壮大なイベントで、
軍楽隊によるドラムとバグパイプの演奏を楽しむことができます。

タトゥー」と聞いて「???」と思った人もいらっしゃると思います。
ここで言う「タトゥー」(Tattoo)とは、野外で行われる
軍楽隊の演奏行進のことです。
行進といっても単なるパレードではなく、
分列行進をあらわします。

世界で最も豪華なタトゥーには、48ヵ国以上からの出演者が参加し、
毎年220,000人の観客が訪れています。

ワクワクするプログラムの中で、
バグパイプ隊軍楽隊によるアンサンブルが一番人気のひとつなんだとか

MilitaryTattoo

2017年8月に開催されたミリタリー・タトゥーに、
自衛隊の中央音楽隊が初参加しました

中央音楽隊が披露したのは、「」のパフォーマンス。
和太鼓ほら貝を使った演奏のほか、
日本の伝統文化を取り入れた演出を披露しました。
一糸乱れぬ動きと高い演奏技術、そして美しいパフォーマンスに
会場は拍手喝さいで、盛り上がったそうです

エディンバラ
ページ:
1

2

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る