【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】3.フマユーン廟(インド・アジア)【動画あり】

HumayunTomb_eye

フマユーン廟(Humayun’s Tomb) ~インド ~

妃が最愛の帝のために建てた、タージマハルの原型!

中央アジアからインドにやって来て、のちに大帝国となるムガール朝を創始したのは、心優しい文人皇帝バーブルで、その息子が第2代皇帝フマユーンです。
反乱を起こされたフマユーンはいったんペルシャに落ちのびるのですが、15年後にペルシャの大軍の援助のもとに帰還し、ムガール朝を再建しました。しかしながら、この皇帝は再建の翌年、宮廷の図書館の階段から落ち、あっけなく死んでしまったのです。

フマユーン帝の王妃ハージ・ベグムが帝の死を嘆き悲しみ、彼女は亡き皇帝の思い出のために、帝国で最も壮麗な廟をヤムナー河の近くに、9年もの年月をかけて建設させました。それが、第2代フマユーンの霊廟です。HumayunTomb_evening

王妃の出身地であるペルシャ様式とインドの伝統建築を融合した最初のムガール様式建築で、白、黒、黄の3色の大理石がはめ込まれています。

また、赤砂岩で縁取りした建物の上には、高さ38メートルの白大理石造りのドームがそびえます。

この愛が込められたフマユーン廟は、「タージ・マハル」の原型となった美しい廟なのです。

ぜひ、世界遺産の「フマユーン廟(インド)」を訪れてみてください。

タージマハル

タージマハル

知らなきゃソン!旅のヒント
デリー(Delhi)、ジャイプール(Jaipur)、アグラ(Agra)は、ムガール帝国の夢の跡をたどることができる「ゴールデントライアングル」です。6日~8日あれば、各都市にあるムガール帝国時代の世界遺産を巡ることができます。
また、あと2日ほど時間があれば、カジュラホ(Khajuraho)、サーンチー(Sanchi)の世界遺産巡りもできます。

 

Humayun's Tomb

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. cns_eye

    2020-7-13

    【ケアンズおすすめ観光スポット7選】山と海の世界遺産を楽しもう😃

    南半球にあるオーストラリアで、一番人気の都市『ケアンズ』。 これからケアンズ旅行を考えている方も、多…
  2. lon_eye

    2020-7-8

    【2020年最新!】『ロンドン』の定番観光スポット14選

    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
  3. gift_eye

    2020-7-3

    これで迷わない!【台湾のお土産8選】パイナップルケーキだけじゃない🍍

    日本からも近く、海外旅行先としても人気を集める『台湾』。 気軽に行け、ご飯もとってもおいしい台湾は、…
  4. hotel_eye

    2020-7-1

    【2020年最新版】一度は泊まってみたい世界最高峰 海外ホテル10選!

    旅行といえば、観光やグルメはもちろんですが、 どんなホテルに泊まるかということも楽しみの1つですよね…
  5. nz_eye

    2020-6-29

    【ニュージーランド】が日本人におすすめな6つの理由✨こんなに魅力がいっぱい!

    南半球にある「ニュージーランド」。 昨年のラグビーワールドカップでも注目されましたよね。 日本人の旅…

ピックアップ記事

  1. hoshizora_eye
  2. hoshino_eye

注目記事

  1. kakurega_eye

    2020-7-14

    【1日限定5組以下の隠れ家宿7選】密を避けておこもりステイ🎵

  2. suzutabi_eye

    2020-7-10

    【夏のひんやり日帰り小旅行🎒】絶対行きたい13のスポット!

おすすめ記事

  1. cns_eye
    南半球にあるオーストラリアで、一番人気の都市『ケアンズ』。 これからケアンズ旅行を考えている方も、多…
  2. lon_eye
    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
ページ上部へ戻る