【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】3.フマユーン廟(インド・アジア)【動画あり】

HumayunTomb_eye

フマユーン廟(Humayun’s Tomb) ~インド ~

妃が最愛の帝のために建てた、タージマハルの原型!

中央アジアからインドにやって来て、のちに大帝国となるムガール朝を創始したのは、心優しい文人皇帝バーブルで、その息子が第2代皇帝フマユーンです。
反乱を起こされたフマユーンはいったんペルシャに落ちのびるのですが、15年後にペルシャの大軍の援助のもとに帰還し、ムガール朝を再建しました。しかしながら、この皇帝は再建の翌年、宮廷の図書館の階段から落ち、あっけなく死んでしまったのです。

フマユーン帝の王妃ハージ・ベグムが帝の死を嘆き悲しみ、彼女は亡き皇帝の思い出のために、帝国で最も壮麗な廟をヤムナー河の近くに、9年もの年月をかけて建設させました。それが、第2代フマユーンの霊廟です。HumayunTomb_evening

王妃の出身地であるペルシャ様式とインドの伝統建築を融合した最初のムガール様式建築で、白、黒、黄の3色の大理石がはめ込まれています。

また、赤砂岩で縁取りした建物の上には、高さ38メートルの白大理石造りのドームがそびえます。

この愛が込められたフマユーン廟は、「タージ・マハル」の原型となった美しい廟なのです。

ぜひ、世界遺産の「フマユーン廟(インド)」を訪れてみてください。

タージマハル

タージマハル

知らなきゃソン!旅のヒント
デリー(Delhi)、ジャイプール(Jaipur)、アグラ(Agra)は、ムガール帝国の夢の跡をたどることができる「ゴールデントライアングル」です。6日~8日あれば、各都市にあるムガール帝国時代の世界遺産を巡ることができます。
また、あと2日ほど時間があれば、カジュラホ(Khajuraho)、サーンチー(Sanchi)の世界遺産巡りもできます。

 

Humayun's Tomb

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. shibuya_cafeeye

    2019-5-30

    渋谷で人気&おすすめのお洒落カフェ19選 雰囲気バツグンでゆったり過ごせる!

    渋谷に行ったら行きたい、お洒落カフェ 渋谷にはオシャレなカフェはもちろん、 オーナーこだわり…
  2. matsuri_eye

    2019-5-29

    ユネスコ無形文化遺産へも提案された!絢爛豪華な地域の祭30選

    ユネスコ無形文化遺産に提案されたほどの、 豪華絢爛伝統文化の祭を31ツ紹介していきます! …
  3. enoshima_eye

    2019-5-26

    江ノ島の人気&おすすめ観光スポット10選

    神奈川県の定番の観光スポットであり、定番のデートスポットでもある「江ノ島」。 海も好きだし、カッコイ…
  4. taiwan_eye

    2019-5-22

    台湾に行ったら絶対に食べたい!名物の美味しい小籠包の人気&おすすめのお店5選

    台湾といえば小龍包です。 たくさんの小龍包のお店が並んでいて、 どこに行ったらいいか迷う…という方も…
  5. stngift_eye

    2019-5-21

    東京駅構内で買える人気お土産ランキングベスト10

    東京駅構内で購入できる人気のお土産を 勝手にランキングしてみました時間がない乗り換えの途中でも、パパ…

ピックアップ記事

  1. yukimi_eye
  2. nagano_spoteye
  3. hito_eye

注目記事

  1. shirahone_gourmeteye

    2019-5-30

    白骨温泉で絶対に行きたいグルメスポット7選

  2. rest_eye

    2019-5-29

    360度パノラマビューと美味しい食事が楽しめる回転レストラン10選 特別な日はこんな場所で食事したい!

  3. station_eye

    2019-5-23

    ここはホントに駅ですか?日本全国にあるちょっと変わったユニークな駅15選

ページ上部へ戻る