淡路島からうずしお観光!『うずしおクルーズ』(兵庫県)

クルーズ時間は1時間
うずしおはもちろんですが、四季を通じて
五感で感じるさまざまな楽しみがあります。

うずしおの旬は春と秋

渦潮観光は一年を通して楽しめますが、
うずしおの旬」と言われているのは、春や秋の大潮時。
鳴門海峡では、春と秋の大潮の頃には潮の流れが時速20キロメートルにもなり、
最大直径20メートルにもおよぶ、年間でも特に大きな大迫力の渦潮が観られます。
すさまじい轟音をたてて、渦潮が交錯しながら流れていくさまは
“壮観”の一言につきます。

また、夏にはオープンデッキで乾杯したり、スイーツを楽しんだり、
自然と一体になった感覚で、全身で風を感じながらクルーズが楽しめます。

冬クルーズの風物詩として、カモメがあります。
たくさんのかわいいカモメたちと一緒になってのクルーズは
冬だけのお楽しみです。

渦ができるのは、満潮時には淡路側、干潮時には鳴門側です。
観潮船は、渦潮のできるところへ移動するので、間近で渦潮を見ることができます。

uzushio_5

うずしおクルーズの基本情報

  • 所在地:兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
  • 電話番号:0799-52-0054(9:00~17:00(年中無休))
  • アクセス:
    【車で】
    ※ 神戸淡路鳴門道・西淡三原IC、県道31号線を福良港まで約15分
    【公共交通機関で】
    ※ 洲本高速バスセンターからバスでファームパーク下車(福良行き路線バスで約30分)。従歩約1分。
  • 休業日:なし(ただし、荒天時運休)
  • 運航時間:時期により異なります。詳しくは、公式ホームページでご確認ください。
  • 料金:大人 2,000円、小人(小学生)1,000円、幼児 大人1名につき1名無料
  • 駐車場:無料駐車場(300台)
  • 公式ホームページ:うずしおクルーズ

渦潮ってどうしてできるの?

鳴門の渦潮は、瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、
激しい潮流が発生することによりできる「自然現象」です。

↓↓↓↓↓ドローンでの空撮動画↓↓↓↓↓

ページ:
1

2

3

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. weekend_eye

    2020-3-21

    【日本全国のおすすめ&話題の絶景スポット22選】週末にサクッと出かけよう!

    日本は、全国に美しい絶景が溢れています。 でも、わざわざ計画を立てて旅行に行くのは面倒。。。 そんな…
  2. Yakushima_eye

    2020-3-19

    【屋久島のおすすめ観光スポット17選】日本最大のパワースポットで癒されよう♪

    『屋久島』は世界遺産にも登録されている、 知る人ぞ知る日本最大のパワースポット 屋久島へのア…
  3. roten_eye

    2020-3-17

    【決定版】関東近郊の客室露天風呂付ホテル&観光スポット10選!大切な人との特別な日に♡

    誕生日に記念日・・・ 大切な人との大切な日、 アナタはどこで過ごしますか? 特別な日には…
  4. sendai_cafeeye

    2020-3-15

    【仙台のおしゃれカフェ13選】実は巡りたくなるカフェの宝庫なんです!

    仙台には、おしゃれで居心地の良いカフェが たくさんあります。 旅行先として大人気の仙台なので、 観光…
  5. Kyoto_eye

    2020-3-10

    【京都のインスタ映えスポット&グルメ10選】女子旅はやっぱり京都でしょ♡

    女子旅と言ったらやはり京都でしょう。 京都にはパワースポットがたくさんあり、 寺社巡りがとても楽しめ…

ピックアップ記事

  1. miyajima_eye
  2. okinawa_eye
  3. drive_eye

注目記事

  1. saga_eye

    2020-3-26

    【佐賀県の人気おすすめお土産ランキングTOP15】これを買えばハズレなし!

  2. toyama_eye

    2020-3-23

    【富山県土産はこれで決まり!】喜ばれること間違いなしの人気おすすめお土産ランキングTOP20

  3. ginzan_eye

    2020-3-18

    【大人女子必見♡】いつか泊まりたい銀山温泉宿特集 ~冬の絶景は温泉で~

ページ上部へ戻る