富山県の人気&おすすめ観光スポット50選 絶対に行くべき富山県の観光名所を紹介!

富山県51

富山県のおすすめ観光スポットはたくさんあります。

皆さんも知っている有名な所は、世界遺産の相倉合掌造り集落黒部ダム
大自然を感じることが出来る「雪の大谷」は世界でも有名な豪雪地帯です。

宇奈月温泉も人気で美肌効果もあり、料理が美味しいのも有名です。

見たら行きたくなる日本三名山のひとつ立山に守られ育まれている、
豊かな自然と文化のある富山の人気&おすすめ観光スポット50選を一挙にまとめてご紹介します。

1.世界遺産 相倉合掌造り集落|砺波・五箇山

富山県1

相倉合掌造り集落は、同じ五箇山の菅沼合掌造り集落、
白川郷合掌造りと共に世界遺産に登録された富山県と岐阜県にわたる二つの地域にしか見ることが出来ない、
雪深い山里で生活するための知恵が詰まった貴重な民家の形式です。

相倉合掌造り集落には、23棟の合掌造り家屋があり、多くは江戸時代から明治時代に建てられたものですが、
最も古いものは17世紀にさかのぼるとされており、庄川からやや離れた段丘上にある村には、
懐かしい日本のこころの故郷のような風景が広がっています。

足を踏み入れた瞬間、そこはもう別世界!コンクリートや機械音もなく、のどかで静かな風景がどこか非日常的。
合掌造りと呼ばれる茅葺の家は国内でもこの近辺でしか見ることができないとか!
展望エリアに向かえば集落全体が見下ろせます。

『世界遺産 相倉合掌造り集落』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所: 南砺市相倉
行き方・アクセス: ◆ JR城端線城端駅からバスで相倉口バス停から徒歩3分 ◆ JR高岡駅前から世界遺産バスで五箇山相倉口下車
◆ 東海北陸自動車道五箇山ICから車で20分(国道156号線経由)
営業時間:24時間
定休日:なし
電話番号:0763-66-2468  (五箇山観光協会)
料金: 無料
所要時間:1~3時間
オススメの時期: 通年
公式サイトURL: http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=283

2.世界遺産 菅沼合掌造り集落|砺波・五箇山

富山県2

菅沼合掌造り集落は同じ五箇山の相倉合掌造り集落より庄川の上流にあり、
庄川の右岸沿いに広がる小さな集落で、9棟の合掌造り家屋をはじめとして土蔵や板倉など伝統的な建物、
雪持林や茅場などの山林も含めた地域すべてが史跡に指定されているために、
日本の山里の原風景がそのままに現れたような集落です。

菅沼合掌造り集落内には、江戸時代の加賀藩政時代300年にわたって五箇山の主要産業だった煙硝製作を再現している「煙硝の館」や
合掌造り家屋1棟を資料館にして五箇山の暮らしを伝える生活用具約300点が収集・展示されている「五箇山民族館」があります。

いにしえの暮らしを感じ、豊かな自然に囲まれたこの場所は心身ともにリフレッシュでき、穏やかな気分になれます。
日本の原風景を堪能するだけでなく、歴史や伝統を知ることもできますよ。

季節毎にはライトアップされて幻想的な風景に変わります。

『世界遺産 菅沼合掌造り集落』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所:南砺市菅沼
行き方・アクセス: ◆ JR城端線城端駅から五箇山行バスで菅沼バス停下車 ◆ JR高岡駅前から世界遺産バスで菅沼バス停下車
◆ 東海北陸自動車道五箇山ICから車で2分
営業時間:24時間
定休日:なし
電話番号: 0763-66-2468  (五箇山観光協会)
料金: 無料
所要時間:1~3時間
オススメの時期: 通年
公式サイトURL: http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=284

3.黒部ダム|立山

富山県3

黒部ダムは、昭和38年(1963年)に7年の歳月を費やして完成した日本最大のアーチ式ダムで、
日本一の高さ186mのダムからの迫力満点の放水は、立山黒部アルペンルートの名物となっています。

黒部ダムの観光放水は、6月下旬から10月中旬の日中に行われ、
黒部ダムのえん堤やダム展望台、新展望広場、放水観覧ステージで
真上、真横、立山連峰や北アルプスの大パノラマと共になど、
様々な角度から眺めることが出来ます。

トロリーバスで黒部ダム駅に到着するとコースが2つに分かれています。
右は220段の階段で、黒部ダムを一望できる展望台に。
左は直接ダムの堰堤に行くことができます。

どちらのルートを通っても繋がっているので行き来できますよ。

30分かけて黒部湖を一周する遊覧船「ガルベ」もおすすめです。

『黒部ダム』の住所、行き方・アクセス、見学可能時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所: 中新川郡立山町芦峅寺
行き方・アクセス: 黒部ケーブルカー黒部湖駅から徒歩すぐ
見学可能時間: 4月16日~11月3日|7:30~17:35、11月4日~11月30日|8:30~16:35
定休日: 12月1日~4月9日
電話番号: 0261-22-0804(くろよん総合予約センター)
料金: 無料
所要時間: 1~3時間
オススメの時期: 6月下旬から10月中旬(観光放水の期間)
公式サイトURL: http://www.kurobe-dam.com/

4.高岡大仏|高岡・氷見

富山県4

高岡大仏日本三大仏と称されている銅造阿弥陀如来坐像で、
大火で繰り返し焼失された大仏が再び焼けることの無いようにと、
明治40年(1907年)から26年もの歳月をかけて、銅器製造の産地高岡の工人・職人の手で造られた大作で、
日本一美男な大仏さまと言われ高岡のシンボルとなっています。

大仏さまのコンクリートの台座内は巡回が出来るようになっており、
回廊には13種類の仏画や明治33年の大火の際に類焼を免れた二代目大仏のご尊顔が安置されています。

高岡市の代表的な観光スポットでもあり、高岡市指定有形文化財に指定されています。
日本一美男とされる由縁として、歌人である与謝野晶子が高岡市に訪れた際
鎌倉大仏より一段と美男」と評したものが伝わっています。

しかしじっくりと見てみればその端正な顔立ちはまさしく美男と呼ぶに相応しいです。

『高岡大仏』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金、所要時間、おすすめの時期など

住所: 高岡市大手町11-29
行き方・アクセス: ◆ あいの風とやま鉄道高岡駅から徒歩10分 ◆ 能越自動車道高岡ICから車で10分
営業時間: 6:00〜18:00(大仏台座回廊)
定休日:無休
電話番号: 0766-23-9156
料金:無料(志納)
所要時間:30分~1時間
オススメの時期:通年
公式サイトURL: http://www.takaokadaibutsu.xyz/

5.みくりが池|立山

富山県5

みくりが池は標高2,405mにある立山火山の火山湖で、
深さ10m、周囲631mの紺碧の湖水をたたえる立山黒部アルペンルートと室堂を代表する景観スポットとなっています。

みくりが池は6月までは雪に覆われており、7月から10月にかけて立山の姿と青い空とを美しく映し、
運が良ければ周囲に生えているハイマツの中にいる、
特別天然記念物で富山県の県鳥になっているライチョウに出会えることもあります。

国土地理院の地形図や看板などにはカタカナ表記で「ミクリガ池」となっています。
はるやまの残雪時期には池は完全に凍ってしまい、夏山シーズンになっても氷結が見られることも。

紅葉の時期には立山三山の紅葉を水面に映し、素晴らしい景観となっています。

『みくりが池』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間、おすすめの時期など

住所: 中新川郡立山町芦峅寺
行き方・アクセス: 立山黒部アルペンルート 室堂ターミナルから徒歩約10分
営業時間:24時間 ※冬季立山黒部アルペンルート閉鎖
定休日:なし
電話番号:076-462-9971  (立山町商工観光課)
料金: 無料
所要時間:1~2時間
オススメの時期:春から秋
公式サイトURL: http://www.alpen-route.com/

6.立山・雪の大谷ウォーク|立山

富山県6

立山黒部アルペンルートに春が来て全面開通すると、
室堂ターミナル周辺の道路を除雪して出来た約500mの雪の壁を「雪の大谷」と呼んで、
世界的にも有名な観光ウォーキングスポットとなっており、
毎年4月中旬から6月下旬まで「雪の大谷ウォーク」が開催されます。

雪の大谷ウォークの期間では、雪の壁は最大20mにもなっており、
周辺も春とはいえまだ一面の銀世界で、自然の雄大さを存分に楽しむことが出来ます。

ここまでの壮大な雪の壁をつくるには一ヶ月かかるそうですよ!
雪に埋もれた道をブルドーザーで掘り進んでいきます。
道の位置確認はGPS
大谷ウォークを少し進んだところには除雪でできた雪の山があり、雪遊び広場になっています。

また、途中にあるメッセージエリアでは雪壁にメッセージを刻むこともできます。

『立山・雪の大谷ウォーク』の住所、行き方・アクセス、開催期間、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所: 中新川郡立山町芦峅寺室堂
行き方・アクセス: 立山黒部アルペンルート 室堂ターミナルから徒歩3分
開催期間: 2015年4月16日~6月22日(予定)
毎年立山黒部アルペンルート全線開通と同時に開催予定
営業時間: 平日|10:00~15:15(入場は15:00まで)、土・日・祝日| 9:30~15:15(入場は15:00まで)
定休日: なし
電話番号: 076-431-3331  (立山黒部貫光(株)営業推進部 宣伝センター)
料金: 無料
所要時間 1~3時間
公式サイトURL: http://www.alpen-route.com/

7.室堂平|立山

富山県7

室堂平は立山直下の溶岩台地で標高2,450mにあり、
室堂ターミナルがある立山黒部アルペンルートの中心的な場所で、
観光の拠点ともなっています。

室堂平からは剱岳や雄山、大汝山、富士ノ折立の立山三山が見渡せ、
立山の火山湖で日本アルプスで一番深いみくりが池や夏にはお花畑になる雷鳥沢があり、
時にはライチョウと出会うこともあります。

みくりが池みどりが池雷鳥沢をまわる約1時間ほどの散策が楽しめます。
温泉もあって、のんびりできます。

素晴らしい景色が望める室堂平は観光地としての人気が高く、繁忙期には乗車券のチケットが取れないことも!
予約するのがおすすめですよ。

『室堂平』の住所、行き方・アクセス、開催期間、営業時間・定休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所: 中新川郡立山町芦峅寺室堂
行き方・アクセス:立山黒部アルペンルート 室堂ターミナルからすぐ
営業時間: 24時間 ※冬季立山黒部アルペンルート閉鎖
定休日: なし
電話番号: 076-432-2819(立山黒部アルペンルート)
料金: 無料
所要時間: 1~4時間
公式サイトURL: http://www.alpen-route.com/

8.黒部峡谷鉄道|黒部・宇奈月

富山県8

黒部峡谷鉄道は、日本一深いV字谷の黒部峡谷に沿って宇奈月から欅平まで20.1kmを走る観光トロッコ鉄道ですが、
元々は電力会社の資材運搬用の鉄道で、
現在も黒部峡谷の美しい景色を楽しむためのトロッコ電車だけでなく、
資材運搬のための貨物列車や作業員輸送列車も走っています。

黒部峡谷鉄道は、冬季は全面運休となり春に入って運行が始まり、
美しい新緑の黒部峡谷の景色をトロッコ電車に乗って楽しめ、
トロッコ電車の旅は紅葉が美しい季節まで楽しむことが出来ます。

このトロッコ電車に乗って周囲を見渡せば手付かずの大自然に触れることができます。
春は緑が眩しい新緑、夏は透明な清流と爽やかな風を感じ、秋は美しいコントラストの紅葉を楽しめますよ。
自然に囲まれた露天風呂や手軽に楽しめる足湯などもあります。

『黒部峡谷鉄道』の住所、行き方・アクセス、予約方法、営業時間・運休日、問い合わせ先、料金、所要時間など

住所: 富山県黒部市黒部峡谷口11番地
行き方・アクセス: 富山地方鉄道 宇奈月駅から徒歩3分、230m
利用方法:全列車定員制
予約方法:電話、インターネット予約、旅行会社等より
営業時間: 宇奈月駅窓口午前6時50分~(当日乗車券販売)
運休日: 冬季運休 ※例年12月から4月中旬まで全面運休
電話番号: 0765-62-1011(黒部峡谷鉄道営業センター・9:10~17:00)
料金: 全線片道・1,710円(特別車両は別途料金必要、往復割引等あり)
所要時間: 1日(乗車時間は、全線片道1時間18分)
公式サイトURL: http://www.kurotetu.co.jp

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る