フィンランド おすすめのお土産 人気ランキングTOP10 【絶対に喜ばれる海外旅行のお土産特集】

フィンランド1

サンタクロースやムーミンの故郷フィンランドは、豊かな自然に恵まれ、
夏は白夜、冬はオーロラと一年中を通して楽しめる魅力的な旅行先です。

そんなフィンランドの定番のお土産って何があるの?ムーミン以外は何が有名なの?

実はフィンランドはお土産には困らない国!

今回はフィンランドで特にオススメのお土産人気ランキングをご紹介します。

第1位. ムーミングッズ
フィンランド9

なんと言っても、まずはムーミンのグッズ!これは絶対にはずせません。

作者トーベ・ヤンソンが生み出した、フィンランドの国民的キャラクターで、世界中で愛されているムーミン
誕生以来、不動の人気を誇り、そのキャラクターグッズは、フィンランド土産の定番です。

公式ショップである「ムーミン ショップ フォーラム」はショッピングセンター・フォーラムの2階にあります。

品揃えではムーミン公式ショップが充実していますが、スーパーでもムーミングッズのコーナーを設けているお店が多いので、手軽に探せるのがうれしいところです。

また、北欧デザインブランドのアラビア(Arabia)やフィンレイソン(Finlayson)、フィンランドチョコレートのファッツェル(fazer)などが、ムーミンとのコラボ商品を発売し、大人にも喜ばれるデザインが数多くあります。

Moomin Shop Forum(ムーミン ショップ フォーラム)公式ホームページ

 

ムーミン好きなら必す訪れたい!ムーミンワールド
フィンランド10

ムーミン好きなら一度は訪れたいムーミンワールド
島ひとつまるごとがムーミン谷を再現し、ムーミンの世界を存分に楽しむことができます。

ヘルシンキからムーミンワールドの最寄り駅・トゥルク(Turku)まで鉄道で約2時間。
ムーミンワールドでしか買えない限定グッズも数多くあります。

ムーミンワールド(Moomimaailma)公式サイト(英語)

 

第2位. マリメッコのウニッコ
フィンランド7

フィンランドのお土産で外せないのが最近日本でも大人気のテキスタイルブランドのマリメッコ

実はフィンランドのブランドだって知ってましたか?

フィンランド語で「マリちゃんのドレス」を意味し、けしの花がデザインされたウニッコ柄に代表される鮮やかな色づかい・個性的なデザインはおしゃれ女子に大人気です。

ワンピースなど洋服から雑貨やペーパータオルなど、様々なものがあります。
女性へのお土産に喜ばれること間違いなし!

マリメッコ(marimekko)公式ホームページ(日本語)

 

ヘルシンキ市内にはマリメッコの直営店がいくつかあり、エスプラナーディ通りに本店があります。
フィンランド国内最大級の広さを誇り、日本語の話せるスタッフもいるようです。

マリメッコアウトレット 社員食堂も大人気!

そしてもう一つ、ぜひ訪れたいのが、ヘルシンキ郊外のヘルットニエミ(Herttoniemi)にあるマリメッコ・アウトレット

マリメッコのすべての生地が製造されている工場に併設され、新商品は、もちろんB級品や廃番品を扱うアウトレット品を購入することができます。

また、同じ建物内には、一般の人も利用可能なマリメッコ社の社員食堂があります。
食器、テーブルクロス、インテリアまですべてがマリメッコ!
少しアクセスが不便なのが難点ですが、マリメッコ好きであれば、足をのばす価値ありです。

マリメッコ・アウトレット(Marimekko Tehtaanmyymälä)への行き方・アクセス

住所:Kirvesmiehenkatu 7, 00880 Helsinki
地下鉄でフィンランド中央駅から12分、ハカニエミ(Hakaniemen)から10分で、
マリメッコ・アウトレットの最寄り駅「Herttoniemen駅」へ。
「Herttoniemen駅」からは徒歩約7分

 

第3位 ファッツェル(Fazer)のお菓子
フィンランド6

お土産に最適なチョコレートやお菓子。

フィンランドのスーパーでは、可愛らしいパッケージのチョコレートやお菓子を見ることができますが、お土産なら老舗のファッツェルを選べば、ほぼ間違いはありません。

もともとファッツェルはチョコレートメーカーですが、現在ではグミやキャンディーなどのお菓子全般を取り扱い、フィンランドNo1のお菓子メーカーに成長しました。

ムーミンパッケージのお菓子も多く販売されていお産にぴったりです。

 

第4位 イッタラの食器
フィンランド2

アラビアの親会社でもある『イッタラ』はガラスデザインの老舗ブランドです。

ティーマ(Teema)やカルティオ(Kartio)、カステヘルミ(Kastehelmi)など多くのシリーズを展開し、シンプルながらも飽きのこない日常使いできるテーブルウェアは、日本でも大人気のブランドです。

様々なデザインがある中でも、アルヴァ・アアルトがデザインした湖を連想させるデザインの花瓶「アアルトボウル」は、不動の人気です。

品揃えが豊富で、もちろん日本で買うよりも安く手に入ります。

 

イッタラ(iittala) 公式ホームページ(英語)

 

 

第5位.サルミアッキの「世界一まずい飴」
フィンランド8

世界一まずい飴」として、有名な『サルミアッキ(Salmiakki)』。
塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)からできた真っ黒な飴です。

真っ黒なビジュアルに、鼻を刺すようなツーンとくる刺激臭、そしてリコリスの風味と塩化アンモニウムのしょっぱさ…。
日本人には受け入れがたいものがあり、多くの人は完食できないかもしれません。

でも、この飴、フィンランド人は大好きなんだそうです。

お土産としては、ばら撒き用あるいは冗談が通じる相手への話のタネとして、買って帰ってみてはいかかでしょうか?

 

第6位. アラビアのマグカップ
フィンランド1

アラビア社は北欧最大の陶器メーカーで、色々なデザインのマグカップがありますが、やっぱりムーミンのマグカップが可愛くておすすめです。

置いておくだけでも楽しくなってくる明るいデザインで、現地で買う方が安く手に入れることができますし、マグカップは、男女関係なく子どもから大人まで喜ばれるお土産ですよね。

アラビア(arabia) 公式ホームページ(英語)

 

第7位.アーリッカのアクセサリー
フィンランド

美しい色彩、可愛らしいフォルム、温もりのあるフィンランドの白樺の木を使って出来たアクセサリーaarikka(アーリッカ)」

カイヤ・アーリッカが学校の卒業制作で、自分の気に入る木製のボタンを作ったのが始まりで、夫エルッキ・ルオコネンと1954年に創設されました。

丸い形と木を組み合わせたアクセサリーは、洗練されたデザインで、北欧らしいカラフルさと温かみがあり、日本でも人気です。

アーリッカ(aarikka) 公式ホームページ(英語)

 

第8位.カレワラ ジュエリー
フィンランド5

フィンランドで人気のジュエリーと言えば『カレワラ ジュエリー』。

「カレワラ」とはフィンランドの民族叙事詩のこと。

1954年にアーリッカを創立したカイヤ・アーリッカは、「世界はまあるい方がいい」と、丸い形にこだわって、木のビーズを使ったアクセサリーを製作してきました。

女性だけでなく、男性にもオススメのお土産です。

大昔の飾りがモチーフとなっており、ピアス、ネックレスからブレスレット、ネクタイピンまで実に様々なアクセサリーがあります。

 

カレワラ ジュエリー(Kalevala Jewelry) 公式ホームページ(英語)

 

第9位.ククサの木製カップ
フィンランド3

フィンランドの木製カップであるククサ(KUKSA)。

「贈られた人が幸せになる」という言い伝えがあります。

元々は、北部のラップランド地方に住んでいた遊牧民サーメ人が使用していた伝統的なカップだったそうです。
今でも白樺のコブをくり抜いて手作りされています。
大切に使ってあげれば、一生物のカップとして使うことができます。

フィンランド人は、自分で買って使うよりも贈り物として購入する人が多いようです。

第10位.マルッティーニのナイフ
フィンランド4

自然と共に生きるフィンランド人は、アウトドア用ナイフを持っているのが普通です。

その中でも、老舗のマルッティーニ社のナイフは、一本一本職人さんによって、手作りで丁寧に作られています。

用途に合わせて様々な形がありますので、自分に合った一本を探してみてはいかがですか?

ナイフは機内持ち込み出来ませんので、ご注意ください。

マルティーニ(Marttiini) 公式ホームページ(英語)

 

関連記事

  1. sakura_eye

    2017-9-20

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】11. 仁王立ちの桜(宇陀市・奈良県)

    日本一絵になる桜!「槍の又兵衛」の異名を持ち、大阪夏の陣で討死にした戦国時代の武将「後藤又兵衛」。 …
  2. gajumaru_eye

    2017-9-19

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】10. ガジュマルの妖精(沖永良部島・鹿児島県)

    100年以上も子どもたちを見守ってきた樹!日本一大きい『ガジュマル』は、沖永良部島の国頭小学校の校庭…
  3. festival_eye

    2017-9-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】9. 光あふれる春節の夕べ(長崎市・長崎県)

    街中を彩る極彩色のランタン!『長崎ランタンフェスティバル』は、夜景で有名な長崎の街の冬空をいっそう輝…

ピックアップ記事

  1. sakura_eye
  2. gajumaru_eye
  3. festival_eye

注目記事

  1. castle_eye

    2017-9-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】2. 鳥取城(鳥取市・鳥取県)

  2. Fujien_eye

    2017-9-5

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】1. 河内藤園(北九州市・福岡県)

  3. pastilla_eye

    2017-8-26

    【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【70】フェズのパスティラ(モロッコ・アフリカ)

ページ上部へ戻る