【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】3.フマユーン廟(インド・アジア)【動画あり】

HumayunTomb_eye

フマユーン廟(Humayun’s Tomb) ~インド ~

妃が最愛の帝のために建てた、タージマハルの原型!

中央アジアからインドにやって来て、のちに大帝国となるムガール朝を創始したのは、心優しい文人皇帝バーブルで、その息子が第2代皇帝フマユーンです。
反乱を起こされたフマユーンはいったんペルシャに落ちのびるのですが、15年後にペルシャの大軍の援助のもとに帰還し、ムガール朝を再建しました。しかしながら、この皇帝は再建の翌年、宮廷の図書館の階段から落ち、あっけなく死んでしまったのです。

フマユーン帝の王妃ハージ・ベグムが帝の死を嘆き悲しみ、彼女は亡き皇帝の思い出のために、帝国で最も壮麗な廟をヤムナー河の近くに、9年もの年月をかけて建設させました。それが、第2代フマユーンの霊廟です。HumayunTomb_evening

王妃の出身地であるペルシャ様式とインドの伝統建築を融合した最初のムガール様式建築で、白、黒、黄の3色の大理石がはめ込まれています。

また、赤砂岩で縁取りした建物の上には、高さ38メートルの白大理石造りのドームがそびえます。

この愛が込められたフマユーン廟は、「タージ・マハル」の原型となった美しい廟なのです。

ぜひ、世界遺産の「フマユーン廟(インド)」を訪れてみてください。

タージマハル

タージマハル

知らなきゃソン!旅のヒント
デリー(Delhi)、ジャイプール(Jaipur)、アグラ(Agra)は、ムガール帝国の夢の跡をたどることができる「ゴールデントライアングル」です。6日~8日あれば、各都市にあるムガール帝国時代の世界遺産を巡ることができます。
また、あと2日ほど時間があれば、カジュラホ(Khajuraho)、サーンチー(Sanchi)の世界遺産巡りもできます。

 

Humayun's Tomb

関連記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  2. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…
  3. fushimiinari_eye

    2018-1-18

    圧巻の千本鳥居!『伏見稲荷大社』(京都府)

    京都は、日本人だけでなく、外国人からも 絶大な人気を誇る観光都市ですよね。では、そんな京都で、外国人…

ピックアップ記事

  1. fushimiinari_eye
  2. Gorah_eye
  3. Casa Caracol_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る