【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】99.リラ修道院(ブルガリア・ヨーロッパ)【動画あり】

1833年の大火で建物の大半が焼けてしまいますが、
19世紀後半には、修復工事により再建されました。
中央に建つ聖母誕生教会は、タマネギ型のドームと
白黒で装飾されたアーチの列柱廊をもち、壁や柱、
梁、天井といたる場所を埋めつくす極彩色のフレスコ画は、
ブルガリア宗教画の至宝といっても過言ではありません。

monastery_3

聖母誕生教会のとなりに建つ、高さ約25メートルの「フレリョの塔」。
この塔は、1335年の再建時に建造され、当時の姿を残す唯一の建造物です。
この鐘塔では、今でも修道士が時を知らせていて、
鐘の音が山中に響き渡ります。

ブルガリアの人たちが信仰している宗教は、
キリスト教の一派である「ブルガリア正教会」が大部分を
占めますが、この『リラ修道院』は、そのブルガリア正教会の
中心的存在の一つとされていて、信者の人たちの信仰心を
支える大きな存在だったといわれています。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「リラ修道院(ブルガリア)」を訪れてみてください。

monastery_4

↓↓↓↓↓ リラ修道院について、こんな記事もあります!↓↓↓↓↓

▷ 【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【56】リラの僧院(ブルガリア・ヨーロッパ)

知らなきゃソン!旅のヒント
リラ修道院
には、宿泊施設(日本でいう宿坊でしょうか)があり、
一般の人でも宿泊することができます。

修道院の中央にある聖母誕生教会を囲むように建っている建物が、
宿泊施設なのですが、僧侶の人たちが暮らしている棟と
一般の人が宿泊できる棟に分かれています。

monastery_5

観光でブルガリアを訪れる場合、ほとんどの人が
ソフィアからの日帰り旅行でリラ修道院を訪れると思いますが、
せっかくブルガリアまで行ったのなら、
世界遺産のリラ修道院に宿泊してみるのも
いい経験ではないでしょうか。

朝夕のミサにも参加でき、日中、修道院を訪れていた観光客が
帰った後の静寂は、宿泊しなければ体感できません。

【英語の解説入り】

リラ修道院
ページ:
1

2

関連記事

  1. yamazaki_eye

    2017-12-12

    日本のウイスキーのふるさと!『サントリー山崎蒸留所』

    2014年に放送された、NHKの朝ドラ『マッサン』。 ドラマ自体は、ニッカウヰスキーの創設者・竹鶴政…
  2. Kyoto_eye

    2017-12-11

    京都駅から歩いて行ける!『京都水族館』

    2012年3月14日にオープンした『京都水族館』は、 JR京都駅から歩いて約15分!京都観光と一緒に…
  3. link_eye2

    2017-12-9

    梅田のど真ん中に氷のスケートリンク!その名も『つるんつるん』!

    どうしたらデート中、自然に手をつなげるだろう・・・ そんなことを考えている人、結構いますよね。ずばり…

ピックアップ記事

  1. yamazaki_eye
  2. tree_1
  3. Luminarie_eye2

注目記事

  1. Kyoto_eye

    2017-12-11

    京都駅から歩いて行ける!『京都水族館』

  2. link_eye2

    2017-12-9

    梅田のど真ん中に氷のスケートリンク!その名も『つるんつるん』!

  3. Arima_eye

    2017-12-5

    冬はやっぱり温泉でしょ!大阪から日帰りもできる『有馬温泉』

ページ上部へ戻る