必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】3. 古代穴ぐらホテル ~Yunak Evleri~

Yunak Evleri_eye

今回、ご紹介する『ユナック エヴレリ』(Yunak Evleri)は、
石器時代、古代ギリシャ人が住んでいた「洞窟住居跡」を改装した
穴ぐらホテル。 
トルコにある世界遺産「カッパドキア」(Cappadocia)の
観光拠点「ユルギュップ」(Ürgüp)にあります。

世界遺産の街 妖精の煙突

トルコ最大の都市「イスタンブール」(Istanbul)から
飛行機で1時間ちょっと。
世界遺産に登録されている都市「カッパドキア」の観光拠点・
ユルギュップに降り立つと、目の前に奇跡のような岩石の芸術が広がります。

溶岩、水、風がつくりあげた自然の驚異

世界に二つとない、幻想的な景観です。

Cappadocia

妖精の煙突」と呼ばれる柱状の岩壁の多くに、
洞窟のような穴が空いています。
どうやって空けたの?と思うくらい高いところにも
穴が空いているのですが、これらの穴は人の住居。

手と簡単な道具だけを使い、その昔、カッパドキアの人々は
柔らかな火山岩を掘りつづけ、迷路のようなトンネルを
造りあげたのです。

石器時代の豪華ホテル

そんなカッパドキアの奇岩に掘られた、昔の住居を
客室として利用しているのが『洞窟ホテル』です。
カッパドキアには数多くの『洞窟ホテル』があるのですが、
ここでは、石器時代(5~6世紀)ごろに造られた洞窟部屋を
ホテルに改装した『ユナック エヴレリ』(Yunak Evleri)を
紹介します。

Yunak Evleri_1

ユナック エヴレリ』には、40の客室があり、そのうち
スイートルームは、19世紀に造られたギリシャ式の建物です。

丸石を敷き詰めた道をたどって入ると、客室は地中に隠すように
配されていて、上階の部屋には外付けの狭い階段か、
曲がりくねった洞窟をたどっていきます。
狭い迷路のような石階段は、オスマントルコ時代のスタイルです。

カッパドキアの素晴らしい景色が楽しめるよう、
すべての客室にテラスがついています。

ページ:

1

2

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る