【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】15.イスファハンのマスジェデ・ジャーメ(イラン)

masjide

『マスジェデ・ジャーメ』とは「金曜モスク」の意味で、771年に創建されたイスラム世界最古のモスクです。このモスクは、『イマーム広場』北端からうなぎの寝床のように延びるバザールを通り抜けると、バザールと一体化したように現れます。
セルジューク朝時代に高さ20メートル、直径10メートルという当時のイスラム世界では最大の南ドームが完成。その後もティムール朝、サファーヴィ朝と代々の王朝に引き継がれて、北のドームや中庭に4つのエイヴァーン(玄関)などが造られました。
そこから、さらに拡張が繰り返されたため、イランの様々な建築様式が混在しています。

Esfahan

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る