サンフランシスコ旅行の人気&おすすめ観光スポット40選!絶対に行くべきサンフランシスコ旅行の観光名所を紹介!

サンフランシスコ1

アメリカ西海岸に位置する大都市・サンフランシスコ
都市開発と自然保護が見事に融合したこの街には、
日本国内には見られないユニークな名所がたくさん存在しており、
海外旅行者の間で絶大な人気を誇っています。

サンフランシスコに行ったら是非足を運ぶべきお勧めのスポットをご紹介しましょう!

1.ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコ2

ゴールデン海峡に架かる全長2737メートルの巨大な橋
1937年に工事が完成した歴史ある建築物であり、
サンフランシスコ観光の定番スポットとして名を馳せています。

1960年代にヴェラザノ・ナローズ橋が完成するまでのおよそ30年間に渡って、
スパン世界一を誇っていました。

水面からおよそ200メートルの高さから見渡す周辺の眺望は絶景!
夜景スポットとしても人気が高く、
ライトアップされた橋を見ているとノスタルジックな気分に浸ることが出来ます。

この橋を設計したジョゼフ・シュトラウスは、
この橋を設計するまでに400本ほどの跳ね橋を設計してきたベテラン橋梁設計師。
長さは2700メートルにも及ぶ大規模の橋なので、
ドライブも楽しい!デザインもキレイです。

『ゴールデンゲートブリッジ(和名:金門橋)』の住所、行き方・アクセス、通行料など

  • 住所: Lincoln Boulevard, near Doyle Drive and Fort Point, San Francisco, CA 94129
  • アクセス:サンフランシスコ空港から車で30分/MUNIのバス停から28番Fort Mason行きで約10分
  • 電話番号: 415-455-2000
  • 料金: 車両通行料・約7ドル
  • 公式サイトURL: ゴールデンゲートブリッジ

2.サウサリート

sfo_2

マリン半島西部に位置するサウサリートは、芸術家やミュージシャンの方々が多く生活している高級リゾート地です。
町全体が美しい海と緑に囲まれており、大自然と触れ合う中で創作意欲が湧くのでしょう。

観光旅行者の間でも非常に人気があり、
彼らの作品を鑑賞できるギャラリーや美味しい食事を取り扱っているレストランが大盛況。
夕陽に彩られた対岸のサンフランシスコ市街の風景も幻想的です。

ゴールデンゲート海峡を挟んでサンフランシスコと対岸の場所にあります。
緑が生い茂る山の斜面にたくさんの別荘が建っており、リゾート地としても利用されています。
昔は漁師町だったんだとか。
香川県の坂出市はこの場所の姉妹都市となっています。

『サウサリート』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Sausalito, California
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で約40分
  • 公式サイトURL:CITY of SAUSALITO

3.フィッシャーマンズワーフ

sfo_3

サンフランシスコのウォーターフロント北部に広がる観光地域
19世紀頃から隆盛を誇る巨大な漁港で、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を堪能できる魅力があります。

地元で評判の巨大カニ・ダンジネスクラブクラムチャウダーなど、絶品シーフード料理が満載。
レストランだけでなくゲームセンターなどの施設も充実しており、
家族連れの旅行者も多数見受けられます。
連日大賑わいなので、初心者の方でも気軽に足を運べるのも魅力的です。

地元のおいしいものやグルメが食べたいならこの場所がイチオシです。
漁港が近くにあるので、新鮮な魚や魚介類が毎日入荷されます。
地元のソウルフードを食べるにも最適。
一度行ってみたいですね!国際空港からは30分ほど。

『フィッシャーマンズワーフ』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Jefferson Street, Between Hyde and Powell Streets, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から電車で約30分
  • 電話番号: 415-673-3530
  • 公式サイトURL: Fisherman’s Wharf

4.ユニオンスクエア

sfo_4

サンフランシスコ市内中心部にある広場
ハート型のオブジェや巨大な塔など目を引く建造物が多数設置されていて、
地元の住人や旅行者が憩いのひと時を過ごしています。

周辺にはホテルやショッピングセンターなどの施設もあり、
近くのベンチで日向ぼっこしながらティータイムを満喫している方も少なくありません。
娯楽と平穏が見事にマッチした自由の国・アメリカを象徴する魅力的なエリアと言えます。

人々の交流の場所でもあり、待ち合わせの場所でもある大切な広場です。
何かの際に来ることがあるかもしれません。
街の喧騒を忘れてスローな時間を感じたい時に来てみましょう。

国際空港から電車に乗りPowell駅で降ります。

『ユニオンスクエア(Union Square)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Bordered by Powell, Stockton, Post and Geary Streets, San Francisco, CA 94123
  • アクセス: サンフランシスコ国際空港から電車でPowell St.駅まで約30分
  • 電話番号: 415-391-2000
  • 公式サイトURL: Union Square

5.アラモ・スクエア

sfo_5

大人気コメディドラマ「フルハウス」の舞台として有名なエリア
エレガントなビクトリア建築の建物が軒を連ねており、
見ているだけでアメリカにいる実感を得ることが出来ます。

高台に設けられた芝生の公園は、まったりしたい時に最適な場所。
日当たり良好で周辺の眺めも素晴らしく、
週末になると多数の人々がピクニックを楽しみにやって来ます。
犬の散歩スポットとしても活用されているので、
動物好きな方は付近の住民と素敵な時間を共有できることでしょう。

このエリアの一般的な家屋は3階建て
1階は車庫になっており、2階はダイニングやキッチン、3階に寝室があって、必ず屋根裏があります。

そんな綺麗な家の町並みを見て一息したいならここがおすすめですね!
近くへ来たら寄ってみましょう。

『アラモ・スクエア(Alamo Square)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Fulton St. at Steiner St., Western Addition, San Francisco, CA
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 公式サイトURL: Alamo Square

6.カリフォルニア科学アカデミー

sfo_6

ゴールデンゲートパーク内にある大型自然史博物館
プラネタリウム水族館など様々な施設が結集しており、
サンフランシスコでトップクラスの来場者数を誇っています。

最新の映像技術を駆使したプラネタリウムは圧巻。
熱帯雨林ゾーンには、東南アジアや南米方面にしか生息していない珍しい鳥や蝶々、
爬虫類が存在しており、ワイルドな雰囲気を楽しめる魅力があります。
子供から大人まで楽しめること間違いなしです!

サンフランシスコの自然の素晴らしさを感じたいなら、
世界最大級の自然博物館「カリフォルニア科学アカデミー」がおすすめです。
また爬虫類好きの人にもオススメ。
熱帯雨林ゾーンは日本では見ることのできないものがたくさん見られますよ!

『カリフォルニア科学アカデミー』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 55 Music Concourse Dr., San Francisco, CA 94118
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 月曜日~土曜日AM9:30~PM5:00 日曜日AM11:00~PM5:00
  • 定休日: サンクスギビング・デー(毎年11月最終木曜日)、クリスマス
  • 電話番号: 415-379-8000
  • 料金: 大人35.95ドル 学生30.95ドル 4~11歳25.95ドル 3歳以下無料
  • 公式サイトURL: California Academy of Sciences

7.サンフランシスコ・オークランド・ベイ・ブリッジ

sfo_7

サンフランシスコとオークランドをつなぐ巨大な橋
現地の中心的な交通路であり、一日に20万台以上もの車が往来しているそうです。
ちなみに路肩には歩行者用の道も用意されています。

橋自体は1930年代からありましたが、2013年に架け替え工事が完了し新規開通。
美しい景観も話題を呼び、人気の観光スポットとなっています。

オークランド方面からサンフランシスコへ行く時に通行料がかかるのでご注意を。

国際ライセンスを使って、サンフランシスコの町並みをドライブするなら、
この場所はとてもおすすめです。

特に夜の景色は最高。サンフランシスコの先進的な高層ビルの夜景が綺麗です。
風を切ってドライブしてみるのはいかが?

『サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ』の住所、行き方・アクセス、料金など

  • 住所: San Francisco – Oakland Bay Bridge
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 電話番号: 510-286-7167
  • 料金:
    ※西行きの際に通行料が徴収されます
    ☆月~金曜日 午前5:00~午前10:00と午後3:00~午後7:00 $6.00
    ☆週末 $5.00
    ☆上記以外 $4.00
  • 公式サイトURL: San Francisco Oakland Bay Bridge

8.ピア39

sfo_8

フィッシャーマンズワーフにあるショッピングモール
レストランやお土産店などたくさんの施設が軒を連ねており、多くの観光客でにぎわっています。

ピア(桟橋)の先端から見える海やゴールデンゲートブリッジの眺望も最高。
端っこのKドック周辺には野生のアシカのたまり場があり、
かわいらしい動物たちの振る舞いに心が癒されます。
ボートに乗れるアトラクションもあり、非常に楽しい時間を過ごすことができます。

サンフランシスコ国際空港からも比較的アクセスが簡単なところにあるので、
サンフランシスコ観光の手始めに訪れてみるのも良いかもしれません。

ショッピングが終わったらアシカの見学で心を癒やしましょう。

『ピア39(PIER39)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日など

  • 住所: Beach Street & The Embarcadero, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 10:00~22:00 ※季節やお店により異なる
  • 定休日: 不定
  • 電話番号: 415-705-5500
  • 公式サイトURL: http://www.pier39.com/

9.アルカトラズ島

sfo_9

サンフランシスコ湾内に浮かぶ小島
過去に実際に使用されていた連邦刑務所施設が今でも残っており、
世界的にも有名な観光スポットとなっています。

周辺は潮の流れが激しい極寒の海なので、
アルカトラズ島は、別名「脱獄不可能の監獄島」と呼ばれていたそうです。
当時収容されていた凶悪犯たちの生活ぶりを伺うと、
私たち一般人の平穏な生活がどれだけ恵まれているか再認識できることでしょう

サンフランシスコには小さな島もあるんです。
ちょっと本当を離れて海を渡り、小島を散策してみましょう。
昔の囚人たちの生活していた場所をまじまじと見ることができます。

フェリーは9時から午後4時まで出ています。

『アルカトラズ島』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: Bay Street and Embarcadero, Pier 33 Alcatraz Landing, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:ピア33からフェリーで約15分
  • 営業時間: フェリー 9:00~16:00頃
  • 定休日: 1/1、感謝祭、クリスマス等
  • 電話番号: 415-981-7625
  • 料金: 大人26ドル~ 子供20ドル~ 高齢者20ドル~ ※ツアーにより異なる
  • 公式サイトURL: Alcatraz Island

10.ミッション・ドロレス

sfo_10

宗教的な建造物の多いサンフランシスコで最も長い歴史を誇る教会
1770年代にスペインからの入植者たちがこの地に辿り着き、
キリスト教の布教のために建てたといわれています。

白を基調とした厳かな雰囲気の外観が印象的。
施設内に入ると、きらびやかなステンドグラスや色とりどりの花々が来場者を出迎えてくれます。
ローマ法王が訪れたこともあるという逸話もあり、
キリスト教徒でなくても信心深い気持ちになれることでしょう。

相当の昔からある教会ですが、外観もそれなりにいい味がでています。
外から見るだけでもなかなか素晴らしい建築物。これは一目見てみても良いかもしれませんね!

ミッションドロレス教会は、地下鉄MUNIメトロに乗って訪問します。

『ミッションドロレス教会』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 3321 16th St. at Dolores St.
  • アクセス:地下鉄MUNIメトロ Jライン(Outband)に乗って16th St.と Church St.の角で下車。その後徒歩で東へ1ブロック。
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:サンクスギビング、クリスマス、元日
  • 電話番号:415-621-8203
  • 料金:大人5ドル 子供3ドル ※募金として
  • 公式サイトURL: Mission Dolores Basilica Parish

11.ワシントンスクエア

sfo_11

聖ペドロパウロ教会を擁する広場
非常に日当たりの良いスポットで、ピクニックや犬の散歩にうってつけ。
地元の住民や観光旅行者から憩いの場所として大変親しまれています。

周辺にはカフェやレストランがあり、腹ごしらえにこと欠きません。
また、定期的に映画の上映会などのスペシャルイベントが実施されており、
何度も足を運びたくなる魅力に溢れています。

日本の公園とは一味違う、癒しの時間を満喫できることでしょう。

『ワシントン広場(Washington Square)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Union Street and Columbus Avenue, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 電話番号: 415-831-2700
  • 公式サイトURL: Washington Square

12.チャイナタウン

sfo_12

サンフランシスコにあるチャイナタウンは、
アメリカ国内でもトップクラスのにぎやかさを誇る繁華街です。

ブティックから雑貨屋まで多彩な施設が軒を連ねており、
アメリカにいながら、アジアの空気を体感することができます。

特に、レストランの中華料理メニューは絶品ぞろい!
麺類や魚介類を贅沢に盛り込んだ中華料理は、日本人の味覚にピッタリ。
数ドルでオーダーできる安価なメニューも豊富に提供されているので、
初めて足を運ぶ方でも安心です。

『チャイナタウン』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Grant Avenue, San Francisco, CA 94108
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 電話番号: 888-212-3203
  • 公式サイトURL: San Francisco Chinatown

13.トレジャーアイランド

sfo_13

サンフランシスコ湾上、オークランドとサンフランシスコの中間付近に位置している小島
人工的な埋め立て地ですが、たくさんの高層ビルが湾岸に連なっています。

サンフランシスコ屈指の夜景スポットとして名高く、
日没後にはきらびやかなネオンの明かりがあたりを照らし出します。

商業的な看板が禁止されている分、
都会の夜景とは一線を画す、ロマンティックな雰囲気が広がっているのが特徴的。

まさに「宝島」の名にふさわしい、絶景を堪能できる魅力があります。

『トレジャーアイランド(Treasure Island)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: San Francisco, CA 94130
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 公式サイトURL: Treasure Island

14.サンフランシスコ近代美術館

sfo_14

サンフランシスコ市内にある近代美術を取り扱った大型美術館
建築家のマリオ・ボッタ氏が設計を担当しており、
美術館にふさわしい非常にユニークな外観が話題を呼んでいます。

ジャクソン・ポロックリチャード・ディーベンコーンなど、
20世紀を代表する偉大な芸術家たちの作品を多数展示。
絵画だけでなく迫力満点の彫刻作品もあります。

センス溢れるデザインのお土産品も販売されており、ショッピングを楽しみたい方にもおすすめです。

『サンフランシスコ近代美術館(San Francisco Museum of Modern Art)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 151 Third Street, San Francisco, California
  • アクセス:MUNIバスのMISSION&3RD STS.バス停から徒歩1分。
  • 営業時間:11時~17時45分
  • 定休日: 水曜、サンクスギビング、クリスマス、元日
  • 電話番号: 415-357-4000
  • 料金: 大人18ドル、シニア13ドル、子供無料
  • 公式サイトURL: San Francisco Museum of Modern Art

15.コイトタワー

sfo_15

テレグラフヒルの頂上に立つ高さ約60メートルの塔
慈善事業を営んでいたリリー・ヒッチコック・コイト氏の遺産により、
街の美観をより高めることを目的として1933年に建てられました。

円柱の形状は、狭いスペースでも建てられるモニュメントを目指した結果であり、
消火ホースを携えて火災に立ち向かう消防士のイメージでもあります。

最上階は展望台になっていて、市内を一望すると最高の開放感を満喫することができます。

『コイトタワー(Coit Tower)』の住所、行き方・アクセス、営業時間、料金など

  • 住所: 1 Telegraph Hill Blvd, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 10:00~18:00
  • 電話番号: 415-362-0808
  • 料金: 大人6ドル、子供(5~11歳)2ドル
  • 公式サイトURL: Coit Tower

16.クリッシーフィールド

サンフランシスコ3

サンフランシスコ湾近くのエリアにある広場
空軍の飛行場だった土地を再開発して作られた公園であり、
広々としたスペースは付近の住民や観光旅行者の憩いの場になっています。

サッカーで遊ぶ子どもたち、犬とフリスビーを楽しむ大人たち、
誰もが思い思いの時間を過ごせる開放感が魅力的です。

また、湾岸の景観も非常に素晴らしく、
遠方のゴールデンゲートブリッジや海上のサーファーを眺めているだけでも、清々しい気分になれます。

『クリッシーフィールド(Crissy Field)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: 1199 E Beach, San Francisco, CA 94129
  • アクセス: サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 電話番号: 415-561-4323
  • 公式サイトURL: Crissy Field

17.トランスアメリカピラミッド

sfo_17

トランスアメリカ・コーポレーションの本社として建てられたビル。
完成は1972年。46階建てで、高さは260メートル。

サンフランシスコ市内で最も高いビルであり、サンフランシスコ観光の定番スポットとなっています。

先端のとがった特異な形状は、まさにピラミッドの名にふさわしい強烈な威圧感を放っています。
市街を見渡せる展望台もありましたが、
残念ながら2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件以後、
安全のために閉鎖されてしまいました。

『トランスアメリカ ピラミッド』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: 600 Montgomery Street at Washington Street, Financial District, San Francisco, CA 94111
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 電話番号: 415-773-3538
  • 公式サイトURL: Transamerica Pyramid Center

18.サンフランシスコ ケーブルカー博物館

sfo_18

赤レンガ造りのレトロな雰囲気が印象的な博物館。完成は1974年。
サンフランシスコ交通の中心的な存在である、ケーブルカーの歴史的な資料が多数展示されています。

また、実際に市内を運行している、ケーブルカーの動力源としても機能しており、
大型のワイヤーがガタゴトと音を立てながら稼働し続けています。

ショップではケーブルカー関連のユニークなグッズが販売されていて、
ケーブルカーへの親しみがさらに増すこと間違いなしです。

『ケーブルカー博物館(Cable Car Museum)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 1201 Mason St, San Francisco, CA 94108
  • アクセス:Jackson St&Mason StもしくはWashingon St&Mason Stで下車後徒歩ですぐ
  • 営業時間: 4~9月・10時~18時、10~3月・10時~17時
  • 定休日: サンクスギビング、クリスマス、イースター、元日
  • 電話番号: 415-474-1887
  • 料金: 入館料無料
  • 公式サイトURL: Cable Car Museum

19.ジャパンタウン

サンフランシスコ5

スーパーマーケットや紀伊国屋書店など、日本人にとって馴染み深い店舗が立ち並ぶ日本街
アメリカ国内で数少ないジャパンタウンの一つがサンフランシスコにあり、
現地で暮らす日本人に親しまれています。

チャイナタウンに比べると活気は乏しいですが、
生活に役立つ商品が多数取り揃えられており、非常に重宝します。
五重塔などの名所も必見。

英語を話すのが苦手な日本人観光旅行者にとって、大変落ち着くエリアと言えるでしょう。

『ジャパンタウン(Japantown)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Post and Buchanan Streets, San Francisco, CA
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 電話番号: 415-922-6776

20.バークレー

sfo_20

サンフランシスコ市街の対岸に位置するベイエリア。人口は10万人ほど。

カリフォルニア大学バークレー大学など全米屈指の高偏差値学校が立ち並ぶ学生街で、
全体的に知的な雰囲気が漂っています。

観光旅行者だけでなく、ホームステイの留学生なども多く見受けられます。
レストランや映画館などの施設も充実。交通の便も良く、非常に生活しやすい地域です。

ただし、貧富の差の激しいエリアでもあるので、
治安の悪い南部方面には一人で出歩かない方が良いでしょう。

『バークレー(Berkeley)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Berkeley, California
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 公式サイトURL:City of Berkeley

21.グレース大聖堂

sfo_21

ノブヒルにある巨大な教会
1849年のゴールドラッシュ時に建てられ、以後数度の改築を経て現在の大聖堂に至った歴史ある建築物です。

イタリアにあるサン・ジョヴァンニ洗礼堂の「天国への門」をイメージした「ギベルティの門」。
壮麗な色彩に目を奪われるステンドグラス
教会ならではの様々な見所があり、キリスト教徒でなくても足を運ぶ価値は十分にあります。

『グレース大聖堂』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 1100 California St., San Francisco, CA 94108
  • アクセス:ケーブルカーでパウエル~メイソン線のCalifornia St.とPowell St.との交差点下車。西へ徒歩約2ブロック。
  • 営業時間: 7:00~18:00、日8:00~19:00、教会の祭日8:00~16:00
  • 定休日: 不定
  • 電話番号: 415-749-6300
  • 料金: 10ドル~ ※募金として
  • 公式サイトURL: Grace Cathedral

22.サンフランシスコ鉄道博物館

sfo_22

サンフランシスコで使われてきた鉄道の歴史を学べる博物館
多彩な鉄道の模型が展示されており、ケーブルカー博物館とあわせて交通ファンの人気スポットとなっています。

戦前に運行していた路面電車や車内広告など、当時の世相を彷彿とさせる貴重な資料が満載。
ギフトショップに行けば鉄道関連のユニークなグッズが販売されており、お土産に重宝します。
入場は無料なので気軽に足を運んでみてください。

『サンフランシスコ鉄道博物館(San Francisco Railway Museum)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 77 Steuart Street San Francisco, CA 94105
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 10:00~17:00
  • 定休日: 月曜日
  • 電話番号: 415-974-1948
  • 料金: 入場無料
  • 公式サイトURL: San Francisco Railway Museum

23.ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館

sfo_23

ディズニーキャラクターの生みの親であるウォルト・ディズニー氏の半生をまとめた博物館
ディズニー氏の生い立ちや、ミッキーたちが制作された経緯を学ぶことが出来ます。

ディズニーのアニメーションを楽しむ場所というよりは、
その裏側にスポットを当てた大人向けの施設と言えます。
子供のころからディズニー作品に触れてきた方にとっては、非常に感慨深い資料が満載!

ゴールデンゲートブリッジの傍にある立地も魅力的です。

『ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館(The Walt Disney Family Museum)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 104 Montgomery St, The Presidio, San Francisco, CA 94129
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 営業時間: 10:00~18:00
  • 定休日: 火曜日、1月1日、感謝祭、クリスマス
  • 電話番号: 415-345-6800
  • 料金: 大人30ドル シニア(65歳~)・学生25ドル 6~17歳20ドル 6歳未満無料
  • 公式サイトURL: The Walt Disney Family Museum

24.レッド&ホワイト・フリート

sfo_24

フィッシャーマンズワーフ周辺を運行しているフェリー
ゴールデンゲートブリッジやアルカトラズ島など、
サンフランシスコ湾の名所を海上ルートで巡ることが出来ます。

頬を撫でる潮風が最高に心地良く、
陸上にいる時とは一線を画す開放感を満喫できる魅力があります。
特に、夕暮れ時のサンフランシスコ湾の眺望は必見!
西日に照らされるゴールデンゲートブリッジの下をくぐり抜ければ一生の思い出になることでしょう。

『レッド&ホワイト・フリート(RED AND WHITE FLEET)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: Pier 43 1/2 Fisherman’s Wharf, San Francisco, CA
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 営業時間: 10:00~17:00(季節によって異なる)
  • 定休日: クリスマス
  • 電話番号: 415-673-2900
  • 料金: Golden Gate Bay Cruise1時間 大人32ドル 子供22ドル
  • 公式サイトURL:Red and White FleetT

25.サンフランシスコ市庁舎

sfo_25

真っ白な外壁とドーム状の外観が印象的なサンフランシスコシティホール
カトリック系の雰囲気を反映しているのは、
キリスト教が全土に普及しているアメリカならではの特徴と言えるでしょう。

サンフランシスコの政治をつかさどるだけでなく、内部は結婚式場としても活用されています。
過去には、かの大女優マリリン・モンローとニューヨークヤンキースのジョー・ディマジオ
結婚式を挙げた際に利用された逸話があります。

ライトアップされた市庁舎は大変幻想的ですが、
周辺の治安があまり良くないので夜間には遠方まで出歩かない方が無難です。

『サンフランシスコ市庁舎』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 1 Dr Carlton B Goodlett Place, San Francisco, CA 94102
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 営業時間:8:00~20:00
  • 定休日: 土日
  • 電話番号: 415-701-2311
  • 料金: 見学無料
  • 公式サイトURL: City Hall

26.ノースビーチ

sfo_26

サンフランシスコ北部に位置するノースビーチは、周辺にコイトタワー等の名所を擁する観光エリアです。
沿岸部から見渡すサンフランシスコ湾の美しさが見る者の心を奪います。

ノースビーチではイタリア系の移民の方々が非常に多く生活しているため、
チャイナタウンと比較してリトルイタリーと呼ばれています。

真昼間からワインを飲んだり緑地で寝っころがったりしている自由奔放な人々を見ていると、
日常生活の中で抱えている自分の悩みがいかにちっぽけなものであるか再認識させられることでしょう。

『ノースビーチ(North Beach)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: North Beach, CA 94133
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 公式サイトURL: North Beach Neighbors (NBN)

27.ロンバードストリート

sfo_27

傾斜の激しいサンフランシスコ市内には、世界一曲がりくねった坂道があります。
400メートルほどの通りに計8か所のカーブが設けられており、
自動車がパチンコ玉のように上方からくねくねと下りてきます。

そのユニークな光景が話題を呼び、サンフランシスコ屈指の人気観光スポットになりました。

周辺の花壇には色とりどりの紫陽花が植えられていて、見ているだけでも心が和みます。
自動車の運転技術に自信のある方は、
ロンバードストリートの急カーブに挑戦してみてはいかがでしょうか。

『ロンバード・ストリート(Lombard Street)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Lombard St, San Francisco, CA 94133
  • アクセス:フィッシャーマンズワーフから徒歩約15分
  • 電話番号: 415-391-2000
  • 公式サイトURL: Lombard Street

28.オーパスワン(ワイナリー)

sfo_28

カリフォルニアのオークビルにあるワイン工場
地面から盛り上がるような形状の建物が広々としたブドウ畑と見事にマッチしており、
観光スポットとしても人気を博しています。

有料の見学ツアーが組まれており、
開放感抜群のテラスに座ってゆったりと上質なワインを試飲することができます。
ワインの芳醇な風味と都会の喧騒を忘れられるのどかな雰囲気が融合し、
最高の癒しのひとときを満喫できる魅力に溢れています。

『オーパス・ワン ワイナリー(Opus One Winery)』の住所、行き方・アクセス、営業時間、料金など

  • 住所: 7900 Saint Helena Hwy, Oakville, CA 94562
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で1時間30分
  • 営業時間: 10:00~16:00
  • 電話番号: 707-944-9442
  • 料金: 見学ツアー 75ドル~
  • 公式サイトURL: Opus One Winery

29.サンフランシスコ海事国立史跡公園

sfo_29

フィッシャーマンズワーフの近くにある公園
目の前に壮大な海が広がる立地が印象的。
天気の良い日には海で泳いでいる人たちも見受けられます。

波止場に帆船や蒸気船など歴史ある船舶が停泊しており、桟橋から鑑賞することができます。
ちなみに船内の見学も可能であり、
中に一歩足を踏み入れれば19世紀のアメリカの世界観が満載です。

歴史好きな方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

『サンフランシスコ海事国立史跡公園(San Francisco Maritime National Historical Park)』の住所、行き方・アクセスなど

30.ボウディンミュージアム

sfo_30

ゴールドラッシュ時にアメリカにやってきたフランス系移民・ボウディン一家が始めたベーカリーショップ
現在はその歴史を展示した博物館と飲食店が一体となった複合施設になっています。

実際に使われていた調理器具だけでなく、ガラス越しにパンの製造過程を見学できるのが魅力的。
ちょっぴり酸味の効いたサワードゥブレッドを取り扱っている
試食コーナーも用意されているので、子供から大人まで幅広い年代の客層でにぎわっています。

『ボウディンミュージアム(Boudin Museum)』の住所、行き方・アクセス、営業時間、料金など

  • 住所: 160 Jefferson Street,San Francisco, CA 94133-1202
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 12:00~19:00
  • 電話番号: 415-928-1849
  • 料金: 大人3ドル 子供無料
  • 公式サイトURL: Bakery Museum Tour

31.AT&Tパーク

sfo_31

MLB所属の野球チーム「サンフランシスコ・ジャイアンツ」のホーム球場
パシフィック・ベル・パーク→SBCパークと改名を経て、現在の名前に至りました。

本球場の最大の見所は、外野席の後方がサンフランシスコ湾と直結している点です。
場外ホームランがそのまま海に飛び込むため、
打球が華麗な水しぶきを上げる「スプラッシュヒット」を鑑賞することが出来ます。

本場アメリカのダイナミックな野球を見たい方は、ぜひ足を運んでみてください!

『AT&Tパーク』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: 24 Willie Mays Plaza San Francisco, CA 94107
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 電話番号: 415-972-2000
  • 公式サイトURL: AT&T Park

32.サンフランシスコ ジャイアンツ

sfo_32

サンフランシスコのAT&Tパークを本拠地にしているMLBナショナルリーグ西地区所属の野球チーム
メジャーリーグを代表する名門球団であり、NPBの読売ジャイアンツの名称もこのチームにちなんでいます。
スーパースラッガーのバリー・ボンズがかつて所属し、元ヤクルトスワローズの青木宣親選手も在籍していました。

球場は連日大入りで、日本のプロ野球とは一線を画すパワフルな雰囲気を存分に満喫することが出来ます。
ビールを飲みながらの野球観戦は最高!本場メジャーの野球に魅了されること間違いなしです。

『サンフランシスコ・ジャイアンツ』の住所、行き方・アクセス、料金など

  • 住所: 24 Willie Mays Plaza San Francisco, CA 94107(AT&Tパーク)
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 料金: 年間指定席1400ドル~
  • 公式サイトURL: San Franvisco Giants

33.デ・ヤング美術館

sfo_33

ゴールデンゲートパーク内にある美術館
1895年に開館した歴史ある施設であり、
100年以上前の絵画や工芸品など古今東西の多彩な芸術品が展示されています。

古代遺跡のような特異な形状の外観が印象的。
地震の影響で一時閉館していましたが、2005年にリニューアルオープン。
現在では200万人以上もの来場者を集めるほどの人気スポットになっています。

ネイティブアメリカンの類稀な芸術センスは必見です!

『デ・ヤング美術館』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 50 Hagiwara Tea Garden Dr, San Francisco, CA 94118
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 営業時間: 9時30分~17時15分(4月17日~11月27日の金曜は20時45分まで)
  • 定休日: 月曜、サンクスギビング、クリスマス、元日
  • 電話番号: 415-750-3600
  • 料金: 入館料 大人10ドル シニア7ドル 子供6ドル 12歳以下無料
  • 公式サイトURL: de Young Fine Arts Museum

34.サンフランシスコ植物園

sfo_34

ゴールデンゲートパーク内にある巨大な植物園
世界中から集められた8000種類以上ものユニークな植物が展示されています。

アメリカ国内に自生しているセコイアはもちろんのこと、
日本の杉の木石灯籠まで飾られていて日本人観光客でも非常に親しみが湧くのが特徴的。

なにより、一日中歩いてもすべてを鑑賞するのは難しいほど施設が広いので、
周辺を見て回るだけでもいい運動になります。

豊富な緑の中でのウォーキングはリラックス効果抜群です!

『サンフランシスコ植物園(San Francisco Botanical Garden)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 1199 9th Ave, San Francisco, CA 94122
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 営業時間: 7:30~閉園時間は季節によって異なる
  • 定休日: 年中無休
  • 電話番号: 415-661-1316
  • 料金: サンフランシスコ居住者は入場無料 観光客は7ドル
  • 公式サイトURL: San Francisco Botanical Garden

35.ヨシズ サンフランシスコ

sfo_35

70年代に日本人学生が営業を始めたレストラン
鮮度抜群の野菜や魚介類を豊富に盛り込んだ日本料理が提供されており、
地元の方から観光客まで多くの利用者から大好評を博しています。

レストランの最大の魅力は、定期的に開催されるジャズクラブ
一流のミュージシャンが店内のステージ上で、
ブルースやラテンミュージックなどの音楽を演奏してくれます。

まるでコンサート会場のようなにぎやかな雰囲気を楽しめる魅力が満載!
アメリカならではのスケールの大きさを体感できることでしょう。

『ヨシズ サンフランシスコ(Yoshi’s San Francisco)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 1330 Fillmore St, San Francisco, CA 94115
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で40分
  • 営業時間: レストラン 月曜~水曜17:30~21:00 木曜~土曜17:30~22:00 日曜17:00~21:00   ラウンジ 月曜~木曜16:30~22:00 金曜~土曜16:30~23:00 日曜16:30~21:30
  • 定休日: 要カレンダー確認(http://www.yoshis.com/calendar/
  • 電話番号: 415-655-5600
  • 料金: ロゴTシャツ20ドル
  • 公式サイトURL: http://www.yoshis.com/

36.ツインピークス

sfo_36

サンフランシスコ市内の中心部に位置している景勝地。
標高約276メートルの二つの山が連なっているため、「ツインピークス」と呼ばれるようになりました。

山の頂上付近まで登ると、市内を一望できる最高のロケーションを満喫することができます。
特に夜景スポットとしての人気が高く、休暇シーズンになると多くのカップルがやって来るとか。
街の喧騒を離れて自然と触れ合いたくなったら是非足を運んでみてください。

『ツイン・ピークス』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: 501 Twin Peaks Blvd San Francisco, CA 94114
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 電話番号: 415-831-6331
  • 公式サイトURL: Twin Peaks

37.ギラデリ・スクエア

sfo_37

100軒近くのショップやレストランが軒を連ねている大型ショッピングセンター
時計塔や噴水などオシャレなオブジェクトがあり、幻想的な雰囲気に包まれています。

取り扱われている商品も魅力的なものばかり。
チョコレート工場が隣接しているので、
出来立てほやほやのホットチョコレートやパフェを堪能することが出来ます。

他の小売店よりも安く売られているチョコレートはお土産に最適!
スイーツ好きな方なら最高の甘い時間を過ごせることでしょう。

『ギラデリスクエア(Ghirardelli Square)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 900 North Point St, San Francisco, CA 94109
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で30分
  • 営業時間: 9:00~23:00
  • 定休日: 店舗によって異なる
  • 電話番号: 415-775-5500
  • 料金: 店舗によって異なる
  • 公式サイトURL: Ghirardelli Sqaure

38.イエルバ・ブレナ・ガーデン

sfo_38

サンフランシスコのダウンタウンにある公園
子供用の遊具や青々とした芝生広場が広がっており、
付近の住民たちからは憩いの場として活用されています。

周辺には博物館や美術館などの近代施設が立ち並んでいて、観光スポットとしても非常に重宝します。
また、レストランやショッピングセンターもあるので、お腹が空いた時にふらりと立ち寄れるのも魅力的。
定期的に開催されるフェスティバルも見所です。

『イエルバ・ブレナ・ガーデン(Yerba Buena Gardens)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

  • 住所: 750 Howard Street San Francisco, CA 94103
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 営業時間: 6:00~22:00
  • 定休日: 年中無休
  • 電話番号: 415-820-3550
  • 料金: 入場無料
  • 公式サイトURL: Yerba Buena Gardens

39.ポイントレイズ国立海岸

sfo_39

サンフランシスコ市内から北へおよそ50kmほど行ったところにある半島部の海岸
真っ白な水しぶきを上げてたくさんの波が打ち寄せる美麗な海岸線が見所。
色とりどりの植物が咲き誇る道や、周辺を一望できる灯台もあります。

アメリカを象徴するような壮大な景観を鑑賞できますが、吹き付ける風が非常に強くて乾燥していることに注意!
しっかり防寒具を用意しておかないと風邪をひくかもしれません。

『ポイントレイズ国立海岸(Point Reyes National Seashore)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Point Reyes Station, CA 94956
  • アクセス: サンフランシスコ国際空港から車で1時間30分
  • 公式サイトURL: Point Reyes National Seashore

40.ゴールデン・ゲート・パーク

sfo_40

敷地面積412ヘクタール、東西に5kmも広がる超巨大公園
世界トップクラスの規模を誇っており、年間1000万人以上もの観光客が足を運ぶ人気スポットです。

園内には「カリフォルニア科学アカデミー」や「花の温室」などの見所が満載。
鯉が生息する池や松・モミジの木を擁する日本庭園まであり、
何時間いても飽きない魅力にあふれています。

どこを見て回ったらいいか分からない時は、
週末に運行している無料シャトルバスを利用すると良いでしょう。

『ゴールデン・ゲート・パーク(Golden Gate Park)』の住所、行き方・アクセスなど

  • 住所: Park Headquarters, 501 Stanyan Street San Francisco, California 94117
  • アクセス:サンフランシスコ国際空港から車で20分
  • 電話番号: 415-831-5500
  • 公式サイトURL: Golden Gate Park

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る