【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】10.世界で最大規模の湿原パンタナル(ブラジル・中南米)【動画あり】

Pantanal_eye

パンタナル自然保護地域(Pantanal Conservation Area)~ブラジル~

ワニ好きにはたまらない!?

『パンタナル』(Pantanal)は、世界最大級の湿原。面積23万平方キロメートルもあり、日本の本州がスッポリ入ってしまう大きさです。「パンタナル」とはポルトガル語で「大きな沼地」のことを意味しているのですが、それも納得です。

傾斜がついている湿原には無数の川が流れ込んできているため、5~9月の乾季でも水は枯れず、草原と湿地帯になります。Pantanal2

観光するのにオススメは、7~10月。雨季には大洪水となって、湿原の約80%が巨大な湖と化してしまうのです。それもまた素晴らしい景色なのですけどね。
乾季には1000種以上の鳥類、数千万匹のワニなど無数のは虫類や哺乳類を見ることができます。

Pantanal

南側では、ボニート(Bonito)にある透明度抜群の「青い地底湖」を訪れることをオススメします。「地底湖」というだけあって、ヘルメットをつけて洞窟を約70メートル降りたところにあり、その神秘的な景色に誰もが心を奪われます。Bonito

また、ボニート周辺にはスクリ川(Rio Sucuri)という非常に透明度の高い川があります。石灰水が水を浄化するので、透明度がとても高く、まるで綺麗に掃除された人工的な水槽のようです。ここでは、シュノーケリングが楽しめるツアーがあり、シュノーケリングをしてみると、自分の目で見た水中の景色をカメラに納めたいという衝動にかられちゃいます

ぜひ、世界遺産の「パンタナル自然保護地域」を訪れてみてください。

もっとパンタナルについて知りたい人はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【17】南パンタナール(ブラジル・中南米)

知らなきゃソン!旅のヒント
ボニートの「青い地底湖」の水面が青く見える時間帯は12月から2月の時期の午前8時30分から9時頃までの、太陽光が地底湖に差し込む時間に限られています。
ここを目的にする場合は、時期や時間にご注意ください。Bonito2[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/watch?v=wdkwPvfhEXg” style=”co-red” margin=”0%” url=”https://travelzaurus.com/” title=”トラベルザウルスドットコム” desc=”旅行の面白情報が満載♪興味があれば今すぐチェック!” img=”https://travelzaurus.com/wp-content/uploads/2016/11/ピンクザウルス2-1.png” adtype=”3″ colorbg=”#d6d600″ colortext=”#af2828″ time=”5″]

 

ブラジル マト・グロッソ・ド・スル州 カンポ・グランデ

関連記事

ピックアップ記事

  1. nolimit_eye
  2. uniquehotel_eye

注目記事

  1. shima_eye

    2021-5-18

    新しい旅先の選択肢!リフレッシュで行きたい【全国の島巡り7選】

  2. kyoto_eye

    2021-5-6

    【大人の京都一人旅】おすすめスポット11選!京都が私を呼んでいる(=^・^=)

おすすめ記事

  1. osaka_sweets_eye
  2. japan_zekkei_eye
ページ上部へ戻る