【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】94.ヴィースの巡礼教会(ドイツ・ヨーロッパ)【動画あり】

wies church_eye

ヴィースの巡礼教会(Pilgrimage Church of Wies) ~ドイツ~

草原にぽつんと佇む白亜の教会

ヴィースの巡礼教会』は、かつて目から涙が流れ落ちたという
噂の奇跡の木像「鞭に打たれるキリスト」を見に、
巡礼者が殺到しました。
そのため、バイエルン・ロココ様式の僧院教会が建てられ、
像を安置することになりました。

ずんぐりとしたクリーム色の建物で、ツィンマーマンの傑作、
天井フレスコ画」がすばらしい教会です。

wies church_3

ドイツ南部ののどかな村、「シュタインガーデン」(Steingaden)。
その村のアルプス山麓にあるヴィース地区、ロマンティック街道沿いの
草原に巡礼教会はぽつんと佇んでいます。

アルプスを背に建ち、緑の牧草地に映える白亜の教会は、
建築家「ドミニクス・ツィンマーマン」の手によるものです。
外観はとても素朴な感じなのですが、教会内に足を踏み入れると、
その外観からはとても想像できない、華麗で繊細な装飾に目を奪われます。
ドイツ・ロココ様式の最高傑作と称えられるほどで、
華やかに装飾されたパイプオルガンもよく知られています。
このパイプオルガンは1757年に製造されたもので、
天井画とパイプオルガンの装飾の美しさは欧州随一といわれています。

現在の建物は1985~1991年にかけて修復されたものですが、
18世紀の建築当時そのままの姿が忠実に再現されています。

wies church_1

鞭打たれるキリスト」の木像は、そのあまりにも痛々しい姿から、
長い間しまい込まれていたのですが、マリアという農婦がもらい受け、
祈りを捧げたところ、1738年、キリストの像が涙を流したといわれています。

この噂を聞きつけた人がマリアの家に押し寄せたため、
小さな礼拝堂を建てたのですが、巡礼者はどんどん増えていき、
1746年に新しく教会が建てられることになりました。
これが『ヴィースの巡礼教会』です。
この教会の正式名称は、
鞭打たれるキリストの巡礼聖堂」です。

ページ:

1

2

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る