必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】16. トランク・ホテル ~Koffterhotel・ドイツ~

Kofferhotel_eye

今回ご紹介するのは、『トランク・ホテル』(Koffterhotel)。
ドイツ中部の小さな村「ルンツェナウ」の道端に、
ぽつんと置かれている巨大なトランクがホテルなんです。

道路からもよく見えるので、ときどき車を降りて
その正体を確かめる人もいるそうです。

バックパッカー向け”寝台列車”

この『トランク・ホテル』。
お世辞にも広いとは言えませんが、「トランク」は
しっかり必要を満たしています。

2団ベッドと、駅で使われていたロッカーの整理棚。
その脇に洗面台、トイレがあります。
ちなみに、壁には「最大積載量1600kg」の文字があります。

Kofferhotel_2

寝台に上がり寝そべってみると、思いのほか快適です。
ただ、星空模様の天井は低く、座ることはできません。
ということは、つまり”宿泊中”、「トランク」の中では
横になるしかないのです。
壁にはいろいろな落書きが・・・宿泊客の落書きかと思いきや、
よく見ると、あれこれ書きつけられた文字は、
『トランク・ホテル』オーナーの温かな気配りへの感謝の言葉です。

なかには、「ここはいいところだな」という簡潔にして、的を得たひとことも。
寝つけないお客さんがいると、オーナーが安らかな眠りにつける本を
届けてくれたりするそうです。

Kofferhotel_3

朝になると、オーナーが外の芝生の上に手摘みの花を飾った
ささやかな朝食テーブルを用意します。
食器には、鉄道専門の食事サービス会社「ミトロバ」のロゴ。
庭のすぐ先をムルデ川が流れ、木々から鳥のさえずりが聞こえます。

トランクの生みの親は鉄道マン

トランク・ホテル』の生みの親であるオーナーは、
ドイツ連邦鉄道に勤める人です。
彼は、ルンツェナウ村の発明家として知られ、
奇妙でユーモラスなモノをたくさん作ってきました。
そして、彼が考えた珍しく実用的なモノが『トランク・ホテル』でした。

ページ:

1

2

関連記事

  1. meal_2.1

    2018-4-23

    寿司・餃子・肉…ぜんぶ0円!?本当に「タダ飯」できちゃうお店まとめ

    ぜ〜んぶタダ! 無料で楽しめるスポット特集遊びに行きたいけれどお財布がピンチ! できればレジャーには…
  2. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  3. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る