大間のマグロが食べられる旅館・ホテル10選

7

大間の本マグロは、一本釣りが主流。

一匹300キロ近くあるマグロ釣りは、
屈強な漁師たちにとっても命がけ。
そこまでの価値があるのがマグロの味。

本場の大間で、マグロの味を堪能できる旅館をピックアップしてみました。

1. 大間温泉海峡保養センター

oma_hotel_1.1

大間温泉海峡保養センターは、”保養センター”とあるように、
地元の人たちのための施設です。
本州最北端の温泉として知られ、
施設内には大浴場やサウナ、宿泊施設なども備えられております。
施設内の食堂では、地元の方々と本マグロの味を楽しめます。

大間温泉の泉質は、
無色透明のナトリウムカルシウム食塩泉、塩化物泉です。
温度は46℃と、割と熱めですね。
運動器障害や更年期障害、リウマチ性の疾患といった効能があるので、
じっくり体を休めましょう。
平成17年に浴場が改装し、複数あった浴槽は一つに統一されています。
サウナが取り付けられたのはこの時で、比較的新しい設備と言えます。

リーズナブル、しかしそれで十分

5

保養センターと名があるだけに、決して豪華な施設ではありません。
しかし、マグロさえ食べれればと言うあなたには、もう十分です。
美味しいマグロを肴に飲む酒は格別!
その後は、温泉でゆっくりと疲れを癒してください。

ちなみに、大間町には陸(おか)マグロと言われるものがあります。
初めての人は何のことだと思うでしょうが、
これは大間町で飼育されている、黒毛和牛の肉の事です。
大間牛のお肉は、本マグロと比較しても負けないくらいの
最高等級(A5)にランク付けされる食材の為、
陸のマグロだ!と言われているのですね。
ここでは、そんな海のマグロと陸マグロが食べ比べできます。

■ 基本情報

  • 名称:大間温泉海峡保養センター
  • 住所:大間町大字大間字内山48−1
  • アクセス:大間フェリーターミナルからクルマで5分
  • 営業時間:午前8時から午後9時
  • 定休日:なし
  • 電話番号:0175-37-4334
  • 料金:宿泊は1泊2食付7,290円~
  • 公式サイトURL:http://cld1.worldcom.ne.jp/~omaonsen/

2. サンホテル大間

6

大間の本マグロを味わいたいなら、ここでの宿泊がおすすめです。
ビジネスホテル内の食堂で味わうマグロは、大間でとれたもの。
冷凍にはない本当のマグロの味を、
このホテルの中のレストランハマナスで堪能できます。
小さいですが、宿泊に不便はありません。

客室はシングルなら1名様5000円から用意されているので、
本当にリーズナブルなビジネスホテル、といった雰囲気です。
ハマナスは朝食を予約した人のみで、7:00~8:30に食べられ、
さらに昼食が11:00~14:30、夕食が17:00~20:30までとなっています。
マグロ丼以外にも、大間丼、みそ貝焼き定食、エビフライカレーに
海鮮ラーメンと、地元食材を活かしたグルメが楽しめます。

■ 基本情報

  • 名称:サンホテル大間
  • 住所:青森県下北郡大間町奥戸下道2番地
  • アクセス:
    大間フェリー乗り場より車で約3分(徒歩15分)。
    下北駅からバスで約2時間、「上町」停留所で降りるとホテル前。
  • 電話番号:0175-37-2001
  • 料金:シングル一泊5,000円~
  • 公式サイトURL:http://www.geocities.jp/sunhotel_ooma/

3. あべ旅館

oma_hotel_3.1

大間町のあべ旅館。
家庭的な宿を目ざしている、アットホームな宿。
まるで家に帰ってきたような雰囲気の中で、
極上の本マグロを味わうことができます。
新鮮な海の幸をたらふくいただける、一泊二食付きのプランでもたった7000円。
ぜひお試しください!

観光でも、ビジネス用でも、長期滞在したい、
という人でも歓迎という、懐が深いお宿です。
マグロ尽くしメニューは5000円で、
マグロの中トロ&赤身の刺身に、マグロステーキ、マグロの山掛け、
マグロのお茶漬けなどなど、怒涛のようなマグロ盛りです。
少々値は張りますが、ここまでマグロばかりを食べるという体験も、
なかなか無いでしょう。

■ 基本情報

  • 名称:あべ旅館
  • 住所:下北郡大間町字冷水1-3
  • アクセス:むつ市から車で1時間
    バスをご利用の場合は、1時間40分ほどかかります
  • 電話番号:0175-37-3536
  • 料金:一泊付き7,000円~
  • 公式サイトURL:http://www.jomon.ne.jp/~ikukoa/ryokan/index2.html

4. 海峡荘

oma_hotel_4.1

マグロは、生がやっぱり美味しい!
「生」に徹底したこだわりを見せる、民宿兼食堂の海峡荘。
4から8月には、近海産の生マグロが食べられます。
一本買いしてそれをお店で提供してるので、良心的な価格で提供してくれます。
なので、その日のネタが終われば、食べられません。
どうぞご注意ください。

まぐろ丼も気軽に食べられるお値段で、細かいサシが入っています。
時期によっては、まだまだマグロの脂の乗りが足りないらしいですが、
それでも美味しいです。
何より驚くのは、そのボリューム。
一つのどんぶりで、ここまでマグロがのるものなのか、
という驚きがあります。
マグロビビンバといった、珍しいメニューもあります。
また、刺身盛り合わせも1500円で食べられます。

■ 基本情報

  • 名称:海峡荘
  • 住所:青森県下北郡大間町大間平17-734
  • アクセス:JR下北駅→下北バス佐井行きで1時間43分、バス停:大間崎下車、徒歩1分
  • 定休日:不定休(11月1週目~4月中旬まで冬期休業)
  • 電話番号:0175-37-3691
  • 料金:一泊二食付 7,500~
  • 関連サイトURL:海峡荘(トリップアドバイザー)

5. マリンハウスくどう

oma_hotel_5.1

手ごろな価格で、マグロが食べられる宿です★
惜しげもなく、マグロのトロと赤みを使ったマグロ丼は思わず、
「こんなにいいの?」と言ってしまうボリュームです。
柔らかく、脂も乗っていて、最高のマグロ丼を堪能してください!

マグロ丼にだけでなく、
様々な海産物(マグロ、ウニ、イクラ、イカなど)が盛られた海鮮丼もいいですね。
どの食材も新鮮で、美味しいです。味わいも濃厚です。
お店に入ると、観光客で混み合っています。
民宿と食堂を兼任している場所なので、
宿泊している人以外は入れない時もあるので、気を付けてください。
マグロ以外の海産物が食べたい時にも、便利なお店です。

■ 基本情報

  • 名称:マリンハウスくどう
  • 住所:青森県下北郡大間町大間大間平17−736
  • アクセス:下北交通大畑駅より下北交通バス大間行又は佐井行1時間、大間崎より徒歩すぐ
  • 電話番号:0175‐37-2479
  • 料金:一泊二食付き7,500円~
  • 公式サイトURL:http://www.geocities.jp/marine2479/

ページ:

1

2

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. miyazaki_eye

    2020-4-4

    旅行で必ず撮っておきたい!【宮崎県おすすめ写真スポット10選】

    『宮崎県』は、九州の南にあり、 太陽が照らす明るいイメージがありますよね そんな宮崎県には、魅力的な…
  2. Yamanashi_eye

    2020-4-2

    【山梨女子旅】おすすめの最旬スポット10選!ぶらりと大自然を満喫♪

    関東圏からだと車や電車、高速バスなどを利用して、 数時間ほどで行くことができる『山梨県』。 実は山梨…
  3. yamagata_eye

    2020-3-30

    山形を食べ尽くせ!地元で人気な山形のご当地グルメランキングTOP18

    今回は、山形県で人気のご当地グルメを ランキング形式でどどーんとご紹介します お取り寄せやお土産にお…
  4. weekend_eye

    2020-3-21

    【日本全国のおすすめ&話題の絶景スポット22選】週末にサクッと出かけよう!

    日本は、全国に美しい絶景が溢れています。 でも、わざわざ計画を立てて旅行に行くのは面倒。。。 そんな…
  5. Yakushima_eye

    2020-3-19

    【屋久島のおすすめ観光スポット17選】日本最大のパワースポットで癒されよう♪

    『屋久島』は世界遺産にも登録されている、 知る人ぞ知る日本最大のパワースポット 屋久島へのア…

ピックアップ記事

  1. miyajima_eye
  2. okinawa_eye
  3. drive_eye

注目記事

  1. Iwate_eye

    2020-4-3

    【2020年最新版】岩手県の人気おすすめお土産ランキングTOP15!

  2. tokushima_eye

    2020-4-1

    【徳島の人気おすすめお土産ランキングTOP15】迷ったらこれを買おう!

  3. fukushima_eye

    2020-3-31

    雨の日でも楽しめる!【福島県のおすすめデートスポット20選♡】

ページ上部へ戻る