【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】67.ポルト(ポルトガル・ヨーロッパ)【動画あり】

Porto_eye

ポルト歴史地区(Historic Centre of Oporto) ~ポルトガル~

エンリケ航海王子生誕の地

ドウロ川北岸に広がる起伏のあるポート(ポルト)ワインの積出港として知られる『ポルト』(Porto)は、リスボンに次ぐポルトガル第二の都市で商工業の中心地。ポルトはローマ都市ポルトゥス・カレ(カレの港)を由来とする港街で、「ポルトガル」(Portugal)の国名の由来にもなりました。

ポルトは、15世紀にレコンキススタ(国土回復運動)のために艦隊を率いてムーア人の根拠地セウタを攻略し、大航海時代を築いたエンリケ航海王子の海外進出の拠点となり、さらなる発展を遂げます。

Porto_1

アズレージョがゴシック様式の回廊を飾る、要塞然とした「ポルト大聖堂」(Porto Cathedral)はポルト市内で最も古い建造物で、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク様式建築の一つです。

ボルサ宮」(Palácio da Bolsa)は、19世紀に建造されたネオ・クラシック様式の建物。アルハンブラ宮殿にならって作られた、壁から天井までアラベスクのタイルが覆い尽くす「アラブの間」が、その木彫の美しさと金箔の豪華さでボルサ宮随一の見どころとなっています。

Porto_2

そして、金泥を塗った内陣の彫刻群がまばゆい輝きを放つ「サン・フランシスコ教会」(Igreja de São Francisco)など、ポルトガル黄金期の建造物が建ち並びます。

これらの世界遺産に登録された歴史地区の建築群は、エンリケ航海王子が道を開き、大航海の成功がもたらした莫大な富のあかしです。
生涯妻をめとらず、ポルトガルの発展に尽力したエンリケ。今もボルサ宮前のエンリケ航海王子広場(Praca Infante Dom Henrique)で、アフリカを指さし、たたずんでいます。

Porto_3

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「ポルト(ポルトガル)」を訪れてみてください。

↓↓↓↓↓ポルトにはこんなホテルがあります!↓↓↓↓↓
旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ㊿ペスターナ パラシオ ド フレイショ (ポルトガル ポルト)【永久保存版】

知らなきゃソン!旅のヒント
通常は、ポルトガルの首都「リスボン」(Lisbon)とポルトの2都市をまわって7日間で旅行するパターンが多いのですが、あと3~4日あればポルト近郊の「アルトドーロワイン地域」(ドーロ川上流)や「ギマランイス」(Guimarães)、「アルコバッサ」(Alcobaça)、「バターリャ」(Batalha)、「トマール」(Tomar)の各修道院などの世界遺産にも、ぜひ寄ってみたいもの。

↓↓↓↓↓ポルトガルの世界遺産に関する記事はこちら!↓↓↓↓↓
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】51.屋根のない博物館 エヴォラ(ポルトガル・ヨーロッパ)【動画あり】
【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】90.リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(ポルトガル)

ポルト

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る