映画のロケ地を巡る旅 『ティファニーで朝食を』in ニューヨーク

ティファニーで朝食を

不朽の名作 映画『ティファニーで朝食を』

主演のオードリー・ヘップバーンが長いキセルを持ち、
黒いドレスに身を包んで微笑んでいる写真は有名ですね。
ティファニーで朝食を2誰もが憧れるオードリー・ヘップバーンの代表作のひとつである「ティファニーで朝食を」、
ストーリーやあらすじは、ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる思春期後期の女性主人公ホリーを描く、
お洒落で小粋なロマンティックコメディで、
その魅力は公開から50年以上たった今でも全く色あせていません。

当初ホリー役はマリリンモンローが演じる予定でしたが、
ホリーの役が高級コールガールだったことからイメージの定着を恐れたモンローがオファーを断り、
清楚な役を演じることが多かったオードリーが抜擢され、大きな話題を呼びました。

今回は『ティファニーで朝食を』のロケ地をまとめてみました。

オープニングシーンの五番街「ティファニー本店 Tiffany & Co.」
ティファニーで朝食を7まずは、オープニングで流れる五番街にあるティファニー本店の前で朝食をとるシーン。
朝のニューヨーク、「Tiffany & Co.」の前でパンを食べるシーンは印象的です。

『ティファニーで朝食を』というタイトルから、Tiffany(ティファニー)にレストランなどがあると
誤解をされる方が多いですが、実際にはTiffany(ティファニー)に朝食をとる場所はありません。

 

主人公ホリーの住むアパート「Holly Golightly Apartment(ホーリーゴライトリーアパートメント)」

ティファニーで朝食を6

次にご紹介するのは、物語の中でもよく登場する主人公ホリーのアパート
「Holly Golightly Apartment(ホリーゴライトリーアパートメント)」で、
アメリカやイギリスではよく見られるタイプの中二階のアパートになっています。

現在は、普通の家として使われており、おかしな日本人オーナーもいません。

 

湖とベンチのある公園・マンハッタンの憩いの場「セントラルパーク」

セントラルパーク2

ホリーの夫ポールが、ベンチに座り男性と話し合うシーンで使われたのが「セントラルパーク」です。
ここでお菓子に付いていたおまけの指輪も登場しました。

マンハッタンの中心にあるセントラルパークは、南北4kmに広がる巨大な公園で、
地元のニューヨーカーや観光客にも親しまれています。

 

ポールの本が所蔵されている図書館「ニューヨークパブリックライブラリー(ニューヨーク公共図書館)」

図書館

ポールの本が所蔵されている図書館「ニューヨークパブリックライブラリー」では、
少し二人の関係に変化が起き、二人が喧嘩するなんだか切なくもある、あの名シーンが撮影されました。

 

南米へ行くと、ポール決意を告げた噴水がある「パークアベニュー」

パークアヴェニュー

ホセの妻となり南米へと行く決心をしたシーンで使われた噴水広場「パークアベニュー」。
ニューヨークに別れを告げるホリーを辛そうな表情で見つめるポールが印象的です。

その後向かったレストランが入ったビルは、現在では建て替えられてしまっています。

ティファニーで朝食を3

二人の関係が少しずつ変化していく様を面白おかしく、時に激しく描いた作品
『ティファニーで朝食を』のロケ地を、ニューヨークに訪れた際は訪れてみてはいかがですか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る