【死ぬまでに見たいヨーロッパの国別世界遺産10選】世界はこんなにも美しい♡

zekkei_eur1

現在、世界遺産の数は1000件以上。
その多くがヨーロッパにあるのをご存知でしょうか?
古くから文化や文明が発展してきたヨーロッパでは、
それぞれ国ごとに特徴を持った遺産がたくさん残されています。

今回は、死ぬまでに見ておきたいヨーロッパの世界遺産
国別にご紹介していきたいと思います。
(※なお、情報は記事掲載時点のものです。
詳細は、公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

① モン・サン・ミッシェル / フランス
② サグラダ・ファミリア / スペイン
③ ケルン大聖堂 / ドイツ
④ グラン=プラス / ベルギー
⑤ アムステルダムの運河 / オランダ
⑥ ヴェネツィア / イタリア
⑦ ザルツブルク歴史地区 / オーストリア
⑧ ストーンヘンジ / イギリス
⑨ ベルン旧市街 / スイス
⑩ アテネのアクロポリス / ギリシャ

多くの世界遺産が見られるヨーロッパ

zekkei_eur2

① モン・サン・ミッシェル / フランス

zekkei_eur3

最初に紹介するのは、
フランスにある「モン・サン・ミッシェル」。
フランスで最も有名な巡礼地として、
フランス人だけでなく世界中の人々から愛されています。
潮の満ち引きで姿が変わる様子は神秘的で美しく、
訪れた全ての人々の心を感動させます。

zekkei_eur4

1979年に世界遺産に登録された「モン・サン・ミッシェル」は、
ある時は修道院、ある時は監獄といろんな役割を担い、
歴史の中で様々なドラマを生み出してきました。

zekkei_eur5

ガイドの引率があれば、干潮時に
モン・サン・ミッシェルまで歩いて渡ることも可能。
また、夜になるとライトアップされ、
昼間とはまた違った美しい姿を目にすることができます。
フランスを訪れる際は、絶対に外せない観光スポットです。

② サグラダ・ファミリア / スペイン

zekkei_eur11

次に紹介するのは、
スペインにある「サグラダ・ファミリア」。
首都バルセロナの中央に建つ、巨大な教会です。
設計を手掛けたのは建築家アントニ・ガウディ
1882年から始まったこの建築計画は未だ続いており、
2026年ごろに完成予定なのだそうです。

zekkei_eur10

アール ヌーヴォーとゴシック様式を融合させた
スタイルが特徴の「サグラダ・ファミリア」は、
2005年に世界遺産に登録されました。
唯一、未完成の世界遺産です。

zekkei_eur9

お城のような教会の内部は、
天井にまで細やかな装飾がなされています。
時間によって、光の色が変化する
ステンドグラスも圧巻の美しさ!
完成したサグラダ・ファミリアが、今から待ち遠しいですね。

固定ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. kansai_hotel_15
  2. retro_eye

注目記事

  1. couple_eye

    2021-4-13

    1泊2日カップル旅で行きたい💖【日本国内のおすすめ観光スポット14選】

  2. luxury_eye

    2021-4-6

    【完全保存版】日本全国「大人贅沢な宿」47選!今こそ、極上体験を。

おすすめ記事

  1. world_groumet_eye
  2. yokohama_eye
ページ上部へ戻る