【ソウル観光のおすすめスポット40選】定番から穴場まで要チェック!

31.昌徳宮(チャンドックン)

sel_31.1

ユネスコ世界文化遺産!ソウル内にある、朝鮮王朝を現在に伝える古宮。

4万3千平方メートルの敷地内には、
最古の正門「敦化門」や宮殿などの多数の芸術的な建物、
そして韓国一の庭園と云われる「秘苑」の美しい自然と建築がうまく調和されており、
まさに韓国の美しさを表現した観光名所のひとつとなっており、多くの観光客も訪れていますよ。

■ 基本情報

  • 名称:昌徳宮 
  • 住所:ソウル特別市 鍾路区 栗谷路99 (臥龍洞) 
  • アクセス:
    【電車】ソウルメトロ1・3、ソウル都市鉄道5号線「鍾路3街(チョンノサンガ)駅」6番出口から徒歩約10分。
    ソウルメトロ3号線「安国(アングッ)駅」3番出口から徒歩約5分。
    【バス】7025番、109番、151番、162番、171番、172番、272番、601番を利用して昌徳宮(チャンドックン)で下車。
  • 営業時間:
    【2~5月/9~10月】10:00~17:30
    【6~8月】10:00~18:00
    【11~1月】10:00~16:30 
    ※入場は閉宮の1時間前まで
  • 休業日:月曜日 (ただし公休日と重なった場合は除く)
  • 電話番号:+82-2-762-8261、9513(昌徳宮管理事務所・外国語案内サービス) 
  • 料金:一般観覧3大人3,000ウォン、小人(7~18歳)1,500ウォン。
    ※満6歳以下および障害者無料。後苑特別観覧は別料金。
  • 所要時間:一般観覧:60分、後苑特別観覧:90分
  • 備考:自由観覧制(宮殿全域/ただし後苑圏域は制限観覧)
  • 外国語案内サービス:一般観覧日本語10:00、後苑特別観覧日本語10:30~。
  • 公式サイトURL: http://cdg.go.kr/main/main.htm(韓・英)

32.ロッテワールド

sel_32.1

「ロッテワールド」とは大型複合施設のこと。
世界最大規模の室内型テーマパーク「ロッテワールドアドベンチャー」では
多数の人気アトラクション、パレード、レーザーショーなどの各種公演、
野外にある「マジックアイルランド」、1年中スケートが楽しめる「アイスリンク」などもあり、
1日じゃ遊びきれないほど。

他にも百貨店・免税店、映画館、民俗博物館、ホテル、
大型ディスカウントストア「ロッテマート」などの施設が集結しており、
あまり移動せずにいろいろ楽しめるところが魅力的ですよ。

■ 基本情報

  • 名称: ロッテワールド
  • 住所: ソウル特別市 松坡区オリンピック路 240
  • アクセス:地下鉄2号線「蚕室」駅 3、4番出口付近 地下通路から直結。 
  • 営業時間:月~木曜日9:30~22:00、金~日・祝日~23:00 
  • 定休日: なし
  • 電話番号:02-411-3502 
  • 料金: 大人48,000ウォン、学生(13~18歳)42,000ウォン、子供38,000 ウォン、幼児12,000 ウォン(一日券)
  • 日本語:一部スタッフ可 
  • 公式サイトURL: http://www.lotteworld.com/gate.asp(日本語あり)

33.文化駅ソウル284(旧ソウル駅舎)

sel_33.1

ドーム型の独特な形をした外観と赤いレンガが特徴。
日本統治時代の駅舎を復元した「総合文化スペース」です。
駅舎1階、吹き抜けの中央ホールは重厚な雰囲気で天井のテンドグラスが輝き、
階段などの細かい装飾がまた魅力的。
他にも大統領が地方出張する際に使われたVIPルーム「貴賓室」などがあります。

2階は、旧ソウル駅の歴史紹介や復元事業に関する資料展示されており、
主に多目的ホールとして使われており、まさに歴史とアート作品の融合を楽しめる場所!

■ 基本情報

  • 名称:文化駅ソウル284(旧ソウル駅舎) 
  • 住所:ソウル特別市 中区 蓬莱洞2街 122-28
    [道路名住所]ソウル特別市 中区 統一路 1
  • アクセス:【電車】地下鉄1号線ソウル(ソウル、Seoul Station)駅 1番出口より徒歩約1分。
  • 営業時間: 火~日曜日10:00~19:00 ※入館は閉館1時間前まで
  • 休業日:展示期間中は毎週月曜日、展示準備期間(年に数回)休む場合あり。
  • 電話番号:02-3407-3500 
  • 料金:無料 
  • 公式サイトURL: http://www.seoul284.org/ 日本語あり(pdf版)

34.徳寿宮(トクスグン)

sel_34.1

1590年に建てられた、李朝最後の最小規模の王宮。
敷地内には東洋の文化の正殿の「中和殿」、西洋文化の韓国最古の建築物「石造殿」、
正門の大漢門などの西洋と韓国伝統文化が融合した、独特な雰囲気が楽しめますよ。

特に、中和殿はいつも一般公開されているわけではありませんので、ご確認を。
徳寿宮の前では、王宮守門将交代式が行われるので多くの人が訪れます。

■ 基本情報

  • 名称:徳寿宮 
  • 住所:ソウル特別市 中区 世宗大路 99 (貞洞) 
  • アクセス:
    【電車】ソウルメトロ「市庁(シチョン)駅」(1号線・2番出口/2号線・12番出口)から徒歩約5分。
    【バス】「市庁」のバス停で下車、徒歩約5分。 
  • 営業時間: 9:00~21:00(20:00までに観覧券をご購入下さい)
  • 休業日:月曜日 
  • 電話番号:+82-2-771-9951(徳寿宮)+82-2-771-9955(徳寿宮文化財案内) 
  • 料金:1,000ウォン 
  • 外国語案内サービス:故宮文化財の日本語無料案内あり。
  • 公式サイトURL:http://www.deoksugung.go.kr/ (韓・英)

35.昌慶宮(チャンギョングン)

sel_35.1

ソウル特別市鍾路区にある、李氏朝鮮時代の5大王宮のひとつで史跡123号に指定されています。独特な荘重な雰囲気と四季折々の自然の姿が見事調和しており、特に紅葉が美しいことでも知られている古宮です。
観光客が多く訪れる人気スポットで、歴史散策を楽しめる場所ですよ。

■ 基本情報

  • 名称:昌慶宮 
  • 住所: ソウル特別市 鍾路区 昌慶宮路 185 (臥龍洞)
  • アクセス:【電車】ソウルメトロ4号線「恵化(へファ)駅」4番出口から徒歩約10分。
  • 営業時間:
    【2月~5月、9月、10月】9:00~18:00
    【6月~8月】9:00~18:30
    【11月~1月】9:00~17:30
    ※入場券の販売は閉場時間の1時間前まで。
  • 休業日: 月曜日
  • 電話番号:+82-2-762-4868~9(昌慶宮管理所) 
  • 料金:1,000ウォン
  • 備考:昌慶宮と昌徳宮は涵陽門でつながっていますので、別途に観覧券を購入すれば両方観覧できます。
  • 公式サイトURL:http://cgg.cha.go.kr/n_cgg/index.html

ページ:
1 2 3 4 5 6

7

8

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. roten_eye

    2020-10-16

    【関東の露天風呂付きお宿10選】寒くなったら温泉でしょ♨

    Go To トラベルキャンペーンが利用できる今、 どこに旅行に行こうか考えている人も 多いと思います…
  2. fukuoka_eye

    2020-10-13

    【福岡の旅行ガイド完全保存版】目的別楽しみ方&おすすめスポット総まとめ!

    福岡旅行を計画している人、必見の完全保存版 ラーメンや明太子といった福岡グルメ、 夜の中洲の屋台街、…
  3. tabehodai_eye

    2020-10-8

    【東京都内】全て1500円以下!『食べ放題』が楽しめるお店10選👛

    お腹いっぱい好きな料理が楽しめる 『食べ放題』は、みんな大好きですよね ついつい食べ過ぎてしまう食べ…
  4. gift_eye

    2020-10-6

    【「センスのいい」中国・四国地方の手土産12選】思わずオッと言わせよう!

    せっかく誰かにお土産を渡すなら、 他の人とは一味違う 気の利いたものを渡したいですよね今回は、「セン…
  5. luxuryhotel_eye

    2020-10-1

    大人カップルで泊まりたい❤【関東地方の極上宿10選】

    『大人カップル』 酸いも甘いも経験した、 そんな2人で泊まりたいのは ラグジュアリーな旅館やホテルで…

ピックアップ記事

  1. kanazawa_eye
  2. kyoosa_eye

注目記事

  1. okinawa_eye

    2020-10-19

    【おすすめの沖縄土産40選】迷ったらこれで決まり!

  2. joshitabi_eye

    2020-10-15

    【女子旅で行きたい国内旅行先&フォトジェスポット10選】絶対楽しいって!😄

おすすめ記事

  1. roten_eye
    Go To トラベルキャンペーンが利用できる今、 どこに旅行に行こうか考えている人も 多いと思います…
  2. fukuoka_eye
    福岡旅行を計画している人、必見の完全保存版 ラーメンや明太子といった福岡グルメ、 夜の中洲の屋台街、…
ページ上部へ戻る